佐久医療センター1
















■佐久医療センター整備事業費補助事業
平成24年度~25年度:25億4,850万円
■中込原都市基盤整備事業(北中込土地区画整理事業)
平成24年度~28年度:14億4,654万円

佐久医療センター利用者及び地区住民等の利便性向上のための土地区画整理及び北中込駅前広場等の整備費用です。

この他、佐久医療センターの新設に際し、病院側は行政(国等を含む)に対し80億円の負担を求めていました。
うち40億円は上田広域を含む佐久広域に支援を求め、佐久広域は上田広域負担分7億円を含む40億円を負担することを約束しました。
ところが、上田広域が負担する見込みだった7億円は利用者数の想定に合わせ減額され、実際にはその半分以下しか負担していないはずです。
他にも佐久広域内の自治体で減額したところがあったと記憶しています。これにより佐久広域の長である佐久市の負担は当初予定よりもだいぶ増えたはずです。
この辺りから負担金に関しては報道されなくなり、最終的にどの程度佐久市が負担したかは定かではありません。

東信地域の高度医療センターとしての佐久医療センターの存在は地域住民にとって非常に頼りになる存在です。もはや市民の安心安全のために不可欠な存在になっていると言って良いでしょう。

しかし、行政がリードし、地域の病院や医療従事者、市民が総参加の上での、高度医療機関(特に3次医療)としての地域医療システムの確立や利用者としての市民への周知徹底が為されないままに運用が開始されてしまったための、患者の集中。それによる医療費の高騰。さらにその結果としての佐久市における国民健康保険の極端な値上げ。と、行政の準備不足、想定の甘さが、市民に跳ね返ってしまっているのが悲しい現状です。


※各年度の予算案、補正予算より算出しています(金額は1万円以下は切り捨て)。

※尚、計画後に実際の費用が変更になっている場合もございます。
 お気付きの点・変更・間違え等がありましたら、お知らせください。