DSC_0853




早霧せいな さん

事務所の壁のカレンダー。
華のない政治事務所に飾りなさい、と友人が持ってきてくれました。
宝塚歌劇団のカレンダーは超人気なんだそうです。



































元旦に、いろんな皆さんから、いろいろな助言をいただきました。いよいよ、本格的に選挙モード突入です。
気になったのは、「花里さんは批判が多いけれど、花里さんが市長になったらどれだけ市民のためになるのか、市民の生活が変わるのか、何が変わるのか、をもっとわかりやすく説明してほしい。」というご意見。

私も、私の選挙対策を担ってくれている友人たちも思いは同じです。
この4年間、時間をかけ戦略を練り、流れを見極めながら、政治活動を続けてきました。
第1段階:佐久の現状の把握と専門家による分析
第2段階:予備知識を基に佐久を歩き市民の皆さんの声を聴くとともに、現状の再確認
第3段階:現市政の問題点の洗い出しや現状の正確な把握、最新の財政状況や議決の周知
第4段階:10万市民の皆さんが本当に求める市民のための政策提言

12月議会が終わり、国保税の値上げや、市長や議員の皆さんのボーナス値上げが議決され、現時点の市の中枢の考えが明確になりました。これら最新の情報を持って第3段階の活動を徹底します。そのための支援者向けの会合が1月15日の応援集会です。

まず、事実を確認し、知ってもらうこと。これがないと、「何が変わる?」ということ自体の比較ができないからです。今の行政や議会がなにを市民に提供し、どういう働き方をしてきているのか。それを知っていただいた上で、何を、どうやって、何時から変えるか、をわかりやすく提案したいと思います。そしてその結果、佐久の何がどう変わるのか、市民の皆さんはどんなメリットを受けるのか、一緒に考えたいと思っています。

元旦、2日からいただいた多くの電話。事務所に来てくださっての励ましの言葉。今更ながら市民の皆さんの期待の大きさを感じます。ありがとうございます。
これからの3か月半、この4年間の活動の集大成として、そしてその後の4年間の踏切台として、精いっぱいの活動を続けますので、よろしくお願いいたします。