久し振りに公会場でのお話会。99回目になりました。
根々井塚原の区長さんは生まれた順番にやることになっているそうです。同級生でも生まれ月の早い順に。

・一つの情報だけだと、それを信じるしかないけど、今度のパンフレット2号の数字はインパクト大きいですね。現職の発言や資料と比較してみて良く解りました。そこには悪いことは一つも書いてないから。私たちがもっと政治や行政に目を向けないと大変な事になってしまうね。
・行政は民間とは違う。儲からない事こそ行政がしなければならないと思う。市民生活に不可欠な文化や芸術、教育などにもっとお金を使って欲しい。無駄なハコモノは全く不要だけれど。
・CCRCで都会の人を呼んで人口増させるより、地元の若者たちが安心して子供を産んで育てられる環境づくりを優先して欲しい。介護職の人たちも足りなくなっている今、都会の人たちの介護のために我々地元の介護職の人をとられたらかなわないね。
・箱モノって言っても、作ったものはきちんと使わないともったいない。うまく活用方法を考えて欲しい。
・「アメリカファースト」、「都民ファースト」が流行っているけれど、それぞれ意味合いが違う。本当の意味での市民ファーストを実践して欲しい。表現は変えたほうが良いかもしれないけど。公平で公正な政治をお願いしたい。
・大きな武道館はいらないけれど、体育館に冷暖房を入れて欲しいなあ。夏は暑く冬は寒くて子供たちが可哀想。