女性集会









14時から応援団女性部「花さく会」の意見交換会が開催されました。大目にセットした200席の予定が足らずに追加。またまた、嬉しい悲鳴です。
地区ごと、課題ごとの意見交換のあと、私からのメッセージで「副市長を女性にお願いしたい。」旨、発表しました。
私の公約は、国民健康保険や子育て、教育などに関するものが多い内容です。”ワクワクする100のタネ”の中にも女性の視点からの政策提言や政策判断が不可欠な課題がたくさんあります。
今の日本、そして佐久市の行政府には女性の意見をしっかりと聞き、その経験や知識を施政に活かそうという意識が欠如しています。
子育てや介護が女性の仕事だからそれを女性に任せるという意味では決してありません。男女がそれぞれの特質や経験を持ちより、より効果的な行政サービスを提供する、という世界的にはごく普通のアプローチを佐久市にも導入しようということなのです。男女間の分業とか責任の押し付け合いとかではなく、協働(共に働く)の職場として、市役所を位置づけたいと思います。

3月9日は「佐久の日」なのですが、実は3月8日は世界女性デイ。来年からは「咲く(佐久)女性デイ」にしましょうか?