えーっと、確かに言いました。会場がすごく盛り上がってつい軽口をたたいてしまった大失敗。

「大学生の子供が2人いますからねえ。公約を全部達成したら、お給料戻してもらえると妻が喜びます。良いですか?(会場爆笑、大拍手)。でも、こんなに難しい公約があるので3年間で達成出来たらすごいですよね。」が私の発言でした。ケーブルTVが全部録画していたので確認していただければ、これが嘘でないのはすぐに判ります。


でも、その後すぐにふれ回られたのは「花里は嘘つき。給料半減は2年間だけ。」 
ふーんそうか。私の公約の5番目は「行財政改革!」ムダな箱ものを見直し、無駄な事業からは撤退、です。これが4年間で達成できると思っている人は佐久にはいないと思います。365日毎日必死に働いて4年間頑張っても達成は難しい、その目標に向かって毎日努力するうちに4年間は終わります。給料は4年間、半額なんです。
冗談のわからない人にもう一度、再公約「市長給与は4年間半額にします!」


その時にあった関連質問で「もし議会が反対して条例で半額にできなかったらどうするんですか?」という質問には「半分減額分を銀行口座に貯金します。何故なら公職選挙法で政治家の選挙区内での寄付が禁止されているからです。4年間貯めたお給料の半分は4年たって市長をやめる時に市に寄付します。市民のために使ってもらいます。その銀行口座明細は公開します。」


これが事実です。そろそろ政策論、モストウェルカムです!