ブログネタ
日中関係のニュース に参加中!
2010年に起きた尖閣沖の中国漁船衝突事故をきっかけに、中国が発動したとされるのが、
レアアースの事実上の禁輸措置。ハイテク電気製品のモーターに欠かせない材料がストップして、
日本の製造業に衝撃が走った。

だが、日本はこの危機を外交努力によってすべて解決した。

アメリカ、カザフスタン、インド、ベトナム、そしてたくさん供給してくれたオーストラリアだ。
これにより、中国によるレアアース禁輸措置の嫌がらせをすべてクリアした。
さらにその結果、 

ピーク時に世界のレアアース需要の97%を供給していたが、
国際価格の下落が続いており、中国の輸出額は前年の半分にも満たない。

 
レアアースを人質にした中国の外交は完全に崩れたと言えよう。 下落傾向が続けば、中国は資源はたくさん持っているが売る先を完全に失った。 更に言えば、資源を持つ他国が日本などへの供給を開始し、他国の懐を潤わせる結果となっている。 まあ、自業自得ですわ。バイバイw中国。

ニュース全般バナー←シナはこれで崩壊しますね。と思う方クリックお願いします。