「桜を見る会」前日に安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会に関し、会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京(旧全日空ホテル)が 
発行したとする領収書を参加者が実際に受け取っていたことが21日、分かった。宛名は「上様」と記され、首相の国会答弁と一致している。 

 産経新聞は、参加者が保管していた領収書を確認した。ANAホテルが会場となったのは平成25、26、28年の夕食会。確認したのは26(2014)年の領収書で、 
桜を見る会前日の「’14・4・11」との日付が記されている。宛名欄には「上様」、金額は「5000円」で、「夕食懇談会として」となっている。 

 係名や「通し番号」が書かれ、支払い済みを示す赤色のスタンプも押されている。参加者は取材に「会場で会費を支払い、首相の事務所職員からホテルの領収書として渡された」と話している。 


おーい決め付け番長 辻元ーーーー見てるかー!
またお前らは負けたんだよ。
何度目だ?レッテル貼りはやめろ。


中国と韓国のスパイめ。

デモをやってる活動家なら、国会議員の給料なんか必要ないだろ。
 
 
ニュース全般バナー ←コーヒー飲みたいと思った方はクリックお願いします