「家紋高校生開設!」

本日、本ブログの進化系、あるいは姉妹ブログの「家紋高校生」を開設いたしました!
このブログでの教訓を元に、より自分らしいブログにしていければと思っています。
リンクはこちら!
http://pixiv.cc/kamonkoukousei/

「家紋中学生」は永久に不滅!

とうとう、最後の更新と相成りました。
このブログを始めて、なんと542日!1年と177日か、もっとやっていた気がしたんだけどな~;^^

それにしても、この3年、本当にいろんなことがありました。
何度もこのブログでは僕の過去を振り返っていたけど、これからは僕の過去を知る人のいない場で学んでいく、その期待と楽しみは日々膨らむばかりです。
今後、僕の過去を語る上でこのブログは絶対に外せないと思う。このブログがなかったら、今の僕もいないことになりますからね。
どこかで、「いつかは本にしたい」なんて言っていたけど、実際に執筆は始めています。このブログを元に、中学生の語録集みたいなもんだと思っていただければ幸いです。出版なんて大それたことは考えていないけど、一応書き終わったら出版社に届けてみようかな、なんて考えています(笑)
一つの挑戦として、やってみようと思います。

あと、実はこのブログの名前は最初「筆ペン中学生」だったんです。その頃の僕はとにかく絵を描くことが生き甲斐で、そのときに使っていた画材が100円ショップの筆ペンでした。初期の絵は太い線が中心になった、今見返すと恥ずかしい作品だけど、今の絵は自分でも緻密すぎるものだと思う。この緻密さは、多分「誰も描いたことがない絵を描きたい」という意志の表れなんだと思う。

家紋が好きになって、ブログの名前も思い切って「家紋中学生」に変えた。思えば、そこから僕の人生は変わってきたかもしれない。
家紋の専門家の方々のブログを見ているうちに、ほんの出来心からコメントをして、いつしか相互リンクにまで発展するとは全く想像してなかった。パソコンでメールのやり取りもしたり、時には家紋についてをご教授いただいたり、なんだか人生が良い方向へ進んでいった。
もちろん、嫌なこともあった。同級生から嫌味を言われ、ちょっとだけ心にキズを負った時期もあった。
でも、そのときに担任の先生や特別教室の先生が励ましてくれた。それが今では、とてつもなく自分に力をくれたと知った気がする。
中学3年生になると進路のことが出てきたけど、なにより大きかったのは、やっぱり初恋の人の存在かな。まさか会えるとは全然思っていなかった。卒業した今では遅いけど、告白したかった(*´ `*)

ここで、一応ブログなので今日のことを書こうと思います。
今日は行きつけの古本屋に行きました。そこの店長さんは憲法九条を守る会の副会長で、なんだかスゴイ人。その店長さんに会の機関紙に載せる「私と憲法九条」というコーナーの執筆をしてほしいと依頼され、今日はその書き上げた原稿を渡しに行きました。
話がとても通じる人で、僕が好みそうな本をいつも勧めてくれる。普通の本屋では決してないやり取りです。
店長さんと話すたびに、「やっぱり大人の人と会話するほうが楽しい」といつも思う。僕の中では、同年代はもはや50代ですね(笑)

近況報告をここで一つ。
僕の父が今、被災地仙台にいます。護衛官に転勤し、被災地救済のために必死に活動しています。いや、父以外にも命をかけて頑張っている自衛官は沢山います。
父が被災地にいるというのは、少し心配です。いくら護衛艦が安全設計とはいえ、もしも、という時があります。
無事の帰還を待っています。

明日からは新しいブログ「家紋高校生」を始めます。
主に、家紋と江戸に関することを発信したいなと思っていますが、通信高校とはどんなものなのかという、今後通信制に行こうと思っている人たちへ参考になるようなブログにしたいと思っています。
リンクはすべてこのブログのをそのまま移し、リンクフリーにはいつでもしています。
また、このブログに関してですが、閉鎖はせずに残します。今後、懐かしさを求めて見返すかもしれないですからね^^

また、世の中には僕以外にも、家紋に興味を持ち、大好きな中学生が絶対にいると思う。ただ、僕のように周りに語れる友がおらず、いつしかお蔵入りになってしまう。
だからこそ、「こんな中学生がいたんだぞ!」と自慢ではないけど、とにかく自分のような人もいるんだ、ということを知らせたい。ただただ、流行やら芸能やらゲームやら、そういうものにしか興味のない中学生ばかりじゃない。僕のように、家紋が大好きで、とにかく趣味が渋くて、私服が年中和服の中学生だっている。
もし、僕と似たような人がいたなら、ぜひ一人じゃないと思ってほしい。僕は最初そうだった。自分と似たような人がいない、話が通じない、趣味が合わない、そしてだんだん暗くなって、最後は心を閉じてしまう。
家紋が好きな中学生たちに言いたい。決して、自分の好きなものを捨てないでほしい。家紋が好きなら、絶対に安易に捨てないでほしい。そして、心から共通の話題で話せ、打ち解ける仲間ができるまで頑張ってほしい。周りから疎外されようと、必ず同じ想いの人がいる。それに耐えて、耐え抜いたときに、耐えた分の幸せはやってくる。僕がその成功例です。

僕はこれから、多くの困難に遭う、想定外の出来事にも多数みまわれるはず、時には悲しい出来事もあるかもしれない。
でも、それが人生だと、この3年で学んだ気がする。それらに耐えた後には、必ず幸せがやってくる。それを分かった今は、逆にそれらの困難が来るのが楽しい気さえする。

明日から家紋高校生、2日には16歳、そして6日には入学式。
4月は学校の関係で大変な月になりそうですが、見事耐え抜いてみせます!

最後に、このブログを見てくださいました数多くの皆様に、深くお礼を申し上げます。現時点で、総観覧数は11016!1万を超えたー!!
今日までこのブログがあるのは、見てくださった皆様の応援のおかげです。時には応援の言葉、時にはお叱りの言葉、時には助言の言葉、本当に助かりました。ありがとうございました!

明日からはとうとう中学生身分ではなくなりますが、このブログは永久に不滅です!
今度は、もしかしたら同名の書籍で出会える?かもしれません(笑)
いつの話になるやら分からないけど、このブログを本にしたいというのは本心です。出版社に出してダメだったら、自費出版も考えています。とにかく、ここで載せられなかった話や、自分の伝えたいことを、一冊の翻意したい、それが今後の目標の一つです。

今度は「家紋高校生」で会いましょうね。
それでは!


『家紋中学生の家紋集』
丸に渡辺星 jpg丸に剣カタバミ43ef292e.jpg下がり藤丸に抱き稲






丸に剣銀杏09120花久留子丸に笠丸に陣笠






丸に平井筒剣梅鉢鳩の丸e9025add.jpg海軍碇














左上より「丸に渡辺星」以下副紋「丸に剣片喰」「丸に覗き犬」「下がり藤」「丸に抱き稲」「丸に剣三つ銀杏」「真向き月に山桜」「唐久来子」「丸に笠」「丸に陣笠」「丸に井筒」「剣梅鉢」「鳩の丸」「抱き鷹の羽に実茄子桐」「海軍錨
全十五紋、定紋以外永代我一代之紋也。

心を癒してくれるのは、やっぱり「家紋」だった。

震災からもう18日が経ち、今なお被災地では苦しい状況が続いています。補給物資も届いている場所が集中してしまったり、いまでも安否不明者は1万人以上、さらに福島では原発の事故で被爆者も出た。
本当に今、日本は危機状態です。政府も慎重なのはいいけど、なにかいい策を早く出してほしい。諸外国では進んで協力する姿勢なのに、菅さんはそれに答えているのかな。会見は枝野さんばっかりだし、信頼感が薄いと感じるのは僕だけだろうか。
そんなことを言っている間にも、被災地ではまさに命がけで救助や支援活動が行われています。僕の父も被災地に着き、救援物資の荷降ろし作業をしています。
被災で亡くなられた方々へ、ご冥福をお祈りいたします。


日々、悲しい雰囲気のニュースばかりが流れる中、今日は久々に墓地に行ってきました。基本的に墓地は「死者の眠る場所」あるいは「先祖の眠る場所」と認識されていますが、僕から見ると「家紋と気軽に触れ合えるテーマパーク」に近い。我が家と同じ家紋を見つけると嬉しいし、好きな家紋を見つけても嬉しいし、珍しい家紋を見つけたらまた嬉しい、とにかく楽しい場所です。
もう卒業した中学校の裏にある墓地、いつも学校から見えていたけど調査は初めて。
実は墓地にも、地震の被害がありました。灯篭や花入れが沢山倒れている光景は、地震の大きさを思い出す。花入れはまだしも、石製の重い灯篭が無残に倒れている光景は、災害地の墓地を見ているかのようでした。
幸い、墓石自体はすべて倒れず、家紋の調査にも問題はありませんでした。

この墓地で調べた墓数はざっと150ほど。中には家紋がないお墓もあったのが残念でした。
でも、その分発見もいろいろあった。たとえば、僕が墓石調査で密かに探していた苗字「海老名」さんのお墓があったこと。家紋は丸に抱き茗荷だった。これは正直言って感動ものだった。墓石調査を始めるキッカケの一つが「海老名市内で海老名家の墓を見つけること」だったから、夢が一つ叶った^^
あと、珍しい家紋、あるいはお初の家紋にも出会えたこと。たとえば「鶴見家」のお墓にあったこの家紋、
4a47763e.jpg












丸に凸凹?あるいは西の字?いずれにしても初めて見る家紋。文字紋っぽいけど、なんなんだろう。
余談だけど、僕は墓地でこの家紋を見るとラッキー、と思う紋がある。それは引両紋、理由は自分にも分からないけど、とにかく目を引くし、シンプルな中に愛嬌みたいなものがある。だから大好き。
ちなみに今日の墓地調査で見つけた引両紋は二つ、
c67dd0f7.jpg5b0f3fa2.jpg










白土家の「丸の内に竪二つ引き」と小松家の「丸に三つ引き」。やっぱりいいな~。

暗い話題が多い毎日だけど、楽しいひと時を作ってくれたのは、やっぱり家紋だった。
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ