2015年7月29日から提供が始まった「Windows 10」は、パソコン、スマートフォン、タブレットなどのIoT端末(※1)で動作できるOSである。ここでは、まだWindows 10の利用をためらっている人向けに、Windows 10の新機能を紹介しよう。ここでは、実際にWindows 10を使ってみて「これはいい!使える!!」と思った機能をユーザー・インターフェイスの機能と、アプリケーションの機能を5機能ずつ紹介する。Windows 7/8.1のユーザーであれば、無料でアップグレードできるので、この記事を読み終わったら、ぜひアップグレードしてみて欲しい。

※1 あらゆるインターネットに繋がる機器のことをIoT[Internet of Things]という。

◎今回紹介するのは、以下の10機能

[ユーザー・インターフェイス]
1.新しくなった「スタートメニュー」
2.チャームと統合した「アクションセンター」
3.コントロールパネルとは別の「設定画面」
4.ウィンドウの切り替えが楽に「仮想デスクトップとタスクビュー」
5.ウィンドウコントロール周りの新しいショートカット

[アプリケーション]
6.新ブラウザ「Microsoft Edge」
7.Googleアカウントも使える「メール/カレンダーアプリ」
8.スマートフォンと連携する「モバイルコンパニオン」
9.PDF変換できる「仮想プリンター」
10.ディスクを何に使っているかひと目でわかる「ストレージ分析機能」

■ユーザー・インターフェイスに関連する新機能

1.新しくなった「スタートメニュー」

「Windows 7」では画面左下の「ウィンドウズ」ボタンをクリックすると、ニョキっと表示されていたスタートメニュー。Windows 8では削除されたものの、Windows 10になり、再び復活した。Windows 7のスタートメニューとWindows 8のタイルがくっついたようなインターフェイスとなった。

 Windows 10のスタートメニューは、Windows 7のスタートメニューとWidows 8(8.1)のタイルがくっついて表示される。ちなみに、スタートメニューの大きさを変えることも可能になった。スタートメニューから、アプリケーションのアンインストールも可能に。アンインストールしたいアプリを右クリックする。

2.チャームと統合した「アクションセンター」

 Windows 8には、「チャーム」という検索やOSの設定画面を呼び出す機能があった。Windows 10ではチャームがなくなったかわりに、ActionCenterという通知を表示する箇所に、設定画面を開くボタンが統合された。Windows 10のアクションセンター。タスクバーにあるアクションセンター表示画面から開く。画面上部にはアプリケーションの通知が表示され、画面下部には設定画面を開くためのボタンが配置された。

3.コントロールパネルとは別の「設定画面」

 OSに関連する設定といえば「コントロールパネル」である。一方で、Windows 10には、「設定画面」というのが追加された。スタートメニューの「設定」から起動できる。項目はコントロールパネルとほとんど変わらないが、コントロールメニューのあちこちをクリックする必要がなく、設定したい項目のボタンをクリックしていくだけのシンプルな操作ができるようになった。

 Windows 10の設定画面は、項目はコントロールパネルと似ているが設定したい項目がシンプルに並んでいるので操作しやすい。ウィンドウサイズを変えると、それに応じて、設定画面の項目の並びも変わる。

 Microsoftは米国時間2014年10月27日、「Office 365」全登録ユーザーに対して「OneDrive」ストレージの容量を「無制限」に提供すると大々的に発表した。

 しかし、同社は2015年11月3日、その措置を廃止する計画を簡潔な文面で発表した。実際にはMicrosoftは、無料で提供するストレージ容量を全般的に縮小する。

 3日の主な発表内容は以下のとおりだ。

Office 365 Home」「Office 365 Personal」「Office 365 University」の登録ユーザーに対する無制限のストレージ提供を廃止する。これらのサブスクリプションに含まれるOneDriveストレージ容量は3日から、1Tバイトとなる。

100Gバイトおよび200Gバイトの有料プランは今後、新規ユーザーには提供されず、2016年初頭にはこれに代わって月額1.99ドルの50Gバイトのプランが提供される予定である。

OneDriveの無料ストレージ容量を、現行ユーザーと新規ユーザーを含むすべてのユーザーに対して、15Gバイトから5Gバイトに縮小する。カメラロール用の15Gバイトのボーナスストレージの提供も廃止する予定だ。これらの変更は、2016年初頭に適用開始する。

 Microsoftは今回の変更の理由を、ストレージを必要以上に利用する一部ユーザーのせいだとした。「少数のユーザーが、多数のPCをバックアップし、所有するすべての映画コレクションとDVR録画内容を保存している。ユーザーあたり75Tバイトを超えているケースもあり、これは、平均ユーザーの1万4000倍に相当する」と同社は記した。

 新しい上限を既に超過しているユーザーに対する措置は次のとおりだ。

1Tバイトを超えるファイルを保存しているユーザーは、超過容量を少なくとも12カ月間使用し続けることができる。Microsoftは明言していないが、容量を超過しているそのクラウドアカウントには、新しい上限未満まで総容量を減らさない限り、新しいファイルをさらに保存することはできないと考えるのが妥当である。

今回の変更に不満なユーザーは、「Office 365」サブスクリプションの残存期間に対し、按分額の払い戻しを受けることができる。

無料OneDriveアカウントを所有し、5Gバイト以上のストレージ容量を利用するユーザーは、2016年初頭に今回の変更が適用されてから少なくとも12カ月の間、それらのファイルにアクセスすることができる。また、1Tバイト分のOneDriveストレージを含むOffice 365 Personalの1年間無料サブスクリプションを利用することもできる(クレジットカードが必要)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

 Microsoftはクラウドおよびエンタープライズ部門の組織改編を進めている。Windows Server、SQL Server、System Center、Dynamics CRM、ERPの各部門がクラウド関連部門と緊密に統合されることになる。

 情報筋によると、Microsoftのクラウドおよびエンタープライズ担当エグゼクティブバイスプレジデントであるScott Guthrie氏は米国時間10月22日、社内メールで組織改編に関する告知を行ったという。改編後の新組織には「Cloud Infrastructure」「Data and Analytics」「Business Apps」「Enterprise Mobility」「Developer Tools」の各部門が含まれることになるようだ。

 「Cloud Infrastructure」では、Jason Zander氏がAzure部門の責任者に留任する。同氏の配下でBill Laing氏がCloud Server Infrastructure部門を率い、Microsoftのクラウドサービスを稼働するために使用するサーバハードウェアの開発を担当する。

 Enterprise Cloud Group部門の責任者はMike Neil氏で、「Azure Backup」「Azure Disaster Recovery」「System Center Data Protection」などを開発するHybrid StorageおよびData Protectionチームを統合する。このチームは、「Windows Server」「System Center」「Operations Management Suite」「Azure Stack」 「StorSimple」 などを有する。

 「Data and Analytics」では、「Information Management and Machine Learning」と「Data Platform」といった部門を統合した新しいData Group部門をJoseph Sirosh氏が統括する。Data Groupは、「SQL Server」「SQL DB」「Cortana Analyics Suite」などを担当する。また、テクノロジおよびリサーチ担当エグゼクティブバイスプレジデントであるHarry Shum氏の配下にRanga Rengarajan氏が異動し、研究分野で新しい役職を担う。Ranga氏はMicrosoft Global Development Centersを監督する予定だ。

 「Business Apps」には「Dynamics CRM」やERP事業が含まれる。CRM部門の責任者にBob Stutz氏が留任する一方、新しいBusiness Applications, Platform and Intelligence部門の責任者にはJames Phillips氏が就任する。

 「Enterprise Mobility」では、David Treadwell氏がIdentity Team部門を統括する。Enterprise Client and Mobile部門の責任者にはBrad Anderson氏が留任し、Security Team部門はBharat Shah氏が率いる。

 「Developer Tools」では、先日退社が発表されたSoma Somasegar氏に代わり、Julia Liuson氏がVisual Studio Tools and .NET部門を統括し、Visual Studio Online部門はBrian Harry氏が率いる。

 なお、10月22日にはMicrosoftの2016年度第1四半期の決算発表も行われたが、「Intelligent Cloud」事業区分は増収となった。この事業区分には、オンプレミスソフトウェア、クラウドサービス、コンサルティングサービスなどが含まれている。しかしIntelligent Cloudは「商用クラウド」とは同義ではない。Microsoftの担当者によると、同社ではAzure、Office 365、Dynamics CRM Online、Power BIなどの業務用クラウドサービスを含む商用クラウドの年間収益が、2018年までに200億ドルに達すると見込んでいるという。10月22日の時点で年間収益はすでに82億ドルに達しているため、200億ドルは十分に達成可能な数字であると、同社の担当者は自信を見せている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

↑このページのトップヘ