2013年1月12日バンコク上陸!

ついにきた!カオサンなんてゴミ屋敷に部屋は借りず、ASOK駅付近に滞在。タイは歴史観光じゃなく風俗で文化をふれあうべきである。というわけで、夜21時頃からGOGOバーへ斥候。場所はASOK駅にあるソイカウボーイのバカラとシャークの2店舗。ここは超有名店で日本人もファランもたっくさんいた。特に日本人、おっさんおおすぎだろw
で、GOGOバーについてはこのサイトでシステムを理解してください。
 
http://dualis.sakura.ne.jp/bkk/go_gogo.html
http://bkk-yoasobi.com/3/7/000012.php
http://bkknight.info/archives/5794660.html

このサイトの写真の子はレベルが低いです。たぶん結構前の記事だと思う、今はかなり日本人意識した顔立ちや化粧をしているのとスタイルも抜群なのですごい。たまにシリコン入れてる子がいるけどその子は外しで。あとブタもたまになぜかいます、なんでだろう。

んでこの日はシステム理解していたにもかかわらず飲み代含め15000円くらい使ってしまった。気づいたら使ってた感じ。でももう後にひけないっていうかw

IMG_1341



まずはSHARKへGO、踊りを踊ってる子を物色、目をしつように合わせてサインをおくるとダンス終了後に女の子が寄ってくるっぽい。最初よくわかってなかったけど、いい子にだけ視線を送って、後の子は体だけ見ておけばいい。

女の子を選んだらウェイトレスに番号をいって女の子を呼んできてもらってもいいし、目線だけ合わせればくる子もいる。んで女の子が席にきたらドリンクを1杯ごちそうしてあげる、大体300円〜500円くらい。

女の子とフィーリングがあったり会話がはずめば

「ペイバー(pay bar)してほしい」

といってきます。僕はこの日ははしごしたかったので即答せず。あちらもそれがわかるとすぐに席を外します。タイミングが悪いと他のお客がペイバーしちゃうので注意、でもショート(タイム)だとまた帰ってくるのですぐまたペイバーできたりするっぽい。

売れっ子は1日2回とか往復したりして稼ぎまくるらしい(聞いた中で最大は1日5回、ナナプラザのれレインボー4の子でした)、タイの大卒初任給が60000円くらいなのに彼女たちは18万くらい稼いだりするという、そりゃ風俗やるよな。にしてもGOGOバーのシステムはよくできてる。門は開かれているが生き残るためにはかなりの努力と先天的なビジュアルが必要になっている。

IMG_1342


次のバカラというお店はすんごい混んでた。ここがバンコクで1番ぽい。
嬢の顔もスタイルも一番だ。何より人が多い。圧倒的だ。しかしここの子は皆さばさばしててカネカネっていう色が強い子ばかりだ。かわいいが故になおさら目立ってしまう。

んで僕は警戒心かなり強くしてたので嬢と目をあわせず気に入った子を見つける作業に入る。目があってしまい目と目で会話しちゃうあれなのでね。。

ダンス必死に踊ってる子は野心の多い子、売れっ子、ってかんじ。ダンスに一生懸命じゃない子はダンスが嫌いかペイバーのみ期待、みたいな感じな子で死ぬ気で稼ぐ気はそんなになさそう。フロアもうろちょろして客に声かけてる子は必死だ。カワイイ子もいたし。

僕は割とすれてない地味目な子に最初はしたかったので、ケバくなくてちょい田舎っぽい感じのカワイイ子をチョイス。ペイという名前で22歳。3ヶ月目だという。英語はほぼだめ、タイ語オンリー。でもマイペンライ(問題なし)、目を合わせて話してればあっちも気づいて微笑んでくる。

IMG_1343

IMG_1344


ダンスが終わった後にあっちから寄ってきて声をかけてくる「コーラいいですか?」

俺「どうぞ」

で席についてもらって体とかおっぱいとかおしりさわりながら会話したりして目を合わせると
「ペイバーしてほしい」
っていってきた。
今日はデビュー戦なのでショートでヤリ部屋へすぐにGO。ヤリ部屋は2時間1000円とお得。ゴムも買えるがもってったほうがいい。
部屋にはいってすぐに押し倒してイチャイチャ。ディープキスも舐めもこっちの攻めはなんでもありだ。

「あたし恥ずかしがりなの」
なんて言われたら攻め心に火がついちゃうよな。

貧乳だー、割とマグロだー、パイパンだー、そんでシャワーあびないでやったー、まぁ別にいい性格がよかったから。

声はあまり出さないタイプでシーツをぎゅっとつかんでこらえるタイプの女子。かなりたまってたのでこの日はガスガスかなりやってしまった。でも正常位のみ酔わないとエッチになれないようなことを言ってたが。。うーん、まぁ今日はいいか、って感じで15分後くらいにフィニッシュ。さくっと終えてシャワーを浴びて部屋をでる。
すると彼女は腹が減ったからご飯食べてお店に帰る、というので飯屋へ一緒にいっておごってあげる。このとき深夜3時すぎ、ソイカウボーイは3時半でどの店も閉店だ。2人で800円しないくらいだしね。

タイの子は外にでると写真とってもOKみたい。彼女からツーショットとってきたし。

次はロングを試してみたい。