阪大弓道部リレーブログ

大阪大学体育会弓道部の部員の日々の生活などをリレー形式でお伝えします。

二〇〇八年師走

 
 クリスマスプレゼントとして、うしさんパジャマもらいました☆薄めの長そでなので、でびゅーは春かな~


 オフコース鳥山からまわってきました奥田です。ラストです。

 2008年が終わろうとしています。

1月 いい成人式だったなぁ・・・
2月 現2回生メンバーでスノボー(H野君がかっこよかった☆)
3月 大変寒い春合宿で初記録!髪をばっさり切ってみた(けど、だいぶ伸びた)
4月 一回生が入ってきた!(K住君が素敵だった)
5月 試合シーズン突入で大変だったなぁ・・・
6月 まさかの初選手入り!しかもメンチェン大前で引いた!緊張しすぎた!
7月 いつの間にか21歳になりました。すごい早かった20歳・・・
8月 あんまりだった近国・・・
9月 リーグ直前夏合宿も二年目・・・ご飯がおいしかったぁ★
10月 ガムシャラに戦い抜いたリーグ戦・・・毎週どきどきだった。
11月 女子はリーグ4部残留。とにかく「勝ち」が嬉しかった。
12月 納射会のブービー賞(ロールケーキ)がとってもおいしかった!

 
 ラストなのに、もっとみんなに伝えたいことはあったのに、年内に間に合いませんでした。誤差です。事故です!

 すぐに次のランナーに回します!許してください!!

 
 PS.H谷川へ
  伊賀行ったよ~手裏剣とクナイ買ったよー♪伊賀上野城の日本で一番高い石垣といわれるとこから堀眺めたりしたけど、超超超寒かったよ!!!けどあの石垣には興奮したよ!あとは伊賀鉄道がかなりかわいくて★JR草津線は雪降る中、雰囲気出ててよかった~ちなみに甲賀に着いたころには雪積もってて、そんな中で石垣伝いとか手裏剣投げとか出来そうにないから、また次回にしました~いやぁ~伊賀で自宅に送った伊賀牛最高でした★三重県ステキ!


あっ!ハッピーなnewイヤーを!

今年最後の指名を受けました。でも最後じゃないよね?

コレが今年最後なら次の人は期限守れなかったことになります。








さて、今年もクリスマス特番、「クリスマスの約束」が放送されました。



知らん!?「クリ約」を知らん!?

小田和正のクリスマスだけの音楽特番や!ちゃんと見ろ!

と言いたいとこですが、今年のは正直がっかりでした。

先に断っときます。
この先しばらく専門的なことばっかりで、知らない人にはおーきたの文章以上につまらないものだと思います。
なので読まなくても結構です。

一つ目、代表曲ばっかりの選曲。
だったら小田さんだけでやる必要ないんじゃないの?まぁこの辺はテレビ局の都合もあるんだろうけど。

二つ目、オフコース曲のメドレーが気に入らない。
そもそも小田さんのセルフカバー自体嫌いなんだけど。アレンジ変えすぎ、仕舞いには歌詞まで変えるわと、もう別の曲です。
熱狂的なファンには「別の曲と考えれば素敵」なんて言ってる方もいらっしゃるみたいですが、そんな解釈無理だろー!
「言葉にできない」なんかも、ピアノ弾き語りもいいけど、オフコースのハーモニカがあるアレンジの方がオススメです。
で、今回の「夏の終り」と「やさしさにさようなら」は、ソロでやって欲しくない曲。
どっちもオフコースでのハモリがあってこその曲です。「やさしさにさようなら」は歌詞も違う!
今年のツアーでは「思いのままに」までやったみたいだけど、多分82年のライブ以来です。
イントロのアカペラ部分をどうやったのか気になるけど聞いたらがっかりするんだろうな~。

三つ目、ゲスト。
もう松たかこさんしか来てくれる人いないんでしょうか?もう何回も来てるんだから別に来なくてもいいような…。


と、まぁあまり面白くない内容でした。
ご当地紀行(ツアーで行ったとこで市街地・観光地を回るホームビデオみたいなの)だけは相変わらず面白かったです。
この調子だと来年は無かったりして…来年もあったらみんな見ましょう。







昨日は市内に住んでる入院中の祖父が一時帰宅するので、そのお手伝いに行ってきました。
もう100近いんですが、やっぱり老衰には勝てず、春ぐらいから入院してます。
夏ぐらいは弱気になってて、それに引きずられるように身体もどんどん弱っていって本当に心配だったんですが、一安心です。

毎月お見舞いに行ってて、病は気からって言うのは本当だなぁと改めて感じました。
で、それって弓道と全く同じなことに気づきました。ダメと思ったら中る矢も中らん。

言ってることは何を今更って感じだけど、肝心なのはそれが意識的にできてるかどうかで、
何百本も何千本も引いて自然とつく自信もあると思うけど、それって自信じゃなくて慣れだと思います。

慣れじゃ病は治りません。

去年(19年度)、自分は慣れで引いてました。悪い例です。
今年は慣れの自信すらどっかに行ってました。


来年こそは、確かな自信と、それに見合った技術を持った弓引きになりたいと思います。

まぁ、言うのは簡単なんで、それに見合った努力も忘れずに。





そろそろこの辺で、これから帰省してきます。みなさんよいお年を~。

アンパンマン・・・次の射会のネタにしようかな。

こんばんは、聖なる夜はひたすら年賀状の宛名を書いていたN尾です。

むなしいのでせめてタイトルにはそれっぽいことを書いてみました。街で流れていたある歌からの引用です。

あと数時間のうちに書かないと期限を過ぎてしまいます。

授業も終わり、部活もOFF期間に入ったというのに最近は以前にまして忙しくなりました。

というのも調子に乗って阪急のバイトを入れすぎてしまったせいです。

毎日9時間労働です。

当然年末年始もがっちり稼ぎます。 

ちなみに12月31日から1月3日までのバイトの予定は
12月31日の朝9時から16時までラガールカード販売、17時から23時まで時刻表張替え、0時から翌5時まで深夜案内、8時から16時までラガールカード販売、以下略
という感じです。

なんだか、人間の限界に挑戦!って感じです。

労働基準法なんてまったく無視です。

でも仕方ないんです。

ここで稼がないと春合宿に参加できなくなってしまいます。

弓道のためなら我慢できます。

ただ困ったことがひとつ。

それは溜まりに溜まったこれまでの授業の復習やレポート課題をやる時間がないということです。

どうしようか迷った結果、仕方ないのでバイト時間中にやることにしました。

勉強にあまり集中できないという点に目をつぶればなかなかいいアイデアです。

そうすれば毎日の労働9時間は確実に勉強のための時間として確保できることになりますし、バイトが終わった後家に帰って勉強する必要がないのでそのまま弓を引きに行けます。

17時頃には知静につくので20時まで3時間は練習できます。

3時間ではあまり満足できませんが春合宿にがっつり引くことを考えて、この際我慢することにします。ゴム弓買わないと。

以上N尾の年末年始の予定でした。

それでは時間もないですし、銀弓の仕事も残っていることですので、そろそろ次の人に回してみようと思います。

次はおそらく今年最後になるのでしょうか。それでは最後にふさわしい人に回すことに致しましょう。

皆様よいお年を。

        

こんにちは、管理人です。


このリレーブログも何周目に入ったんでしょうか・・・誰が書いて、誰が書いてないとかも把握しづらくなってきました。

ってことで1回リセットします。1月に最初に書いた人を新1周目の1人目とします。あっ、1人目になりたいからって期限やぶらないように。その辺は調整してください。

これは決定事項です。異義は受け付けません。

それと、誰が書いて、書いてないかを把握するため、1月からは以下のようなメールをもってバトンタッチしてください。

例:「1周目
O北→奥○→K住→
次のブログ宜しく」

つまり、書いた人の名前を順に書いていきます。この例の場合、1周目がO北から始まり、現在K住から誰かにバトンタッチした状態です。とゆーことで、書き終えた人は必ず次の人にメールを送って下さい。
これはあくまで例です。新年早々O北なんかに回さないように。

また分からんかったら聞いてください。



次に管理人からの連絡を・・・

①O北からもあった通り、新ブログ始めました。9月くらいから構想はありました。市大戦に間に合わせたかったんですがね。
主将にブログの事を事前相談したら「O北ならやってくれんでー。あいつブログ好きやし。」みたいなことを言われたので、O北には黙ってました。ドンマイ!

②ホームページのサーバーが不調です。しばらく更新できないかもしれません。掲示板に繋がりにくいのはサーバーのせいだと思います。しばらく放置です。




では、これからも大阪大学体育会弓道部、大阪大学体育会弓道部HP、阪大弓道部リレーブログ(、と新ブログ)を宜しくお願い申し上げます。

小学生の頃、1~3の数のどれかを交互に足していって、「21」になったら負けというゲームが流行りました。

いまそのゲームをしているような気持ちです。

そろそろゲームも佳境に突入したようです。

さっきの人は「21」です。

今回は「21」では負けになりません。

でも規定の数字は目と鼻の先です。

僕は迷わず「1」を足そうと思います。

「22」になりますね。

本当の勝負はここからですね。

次のあなたは1~3のどれを足しますか?








こんばんわ。

おーきたです。

このブログに名前を明かしたのは久々です。

あんまり期待はしないでください。

毎回名作を書いてたらそれは名作じゃなくなってしまうので。

ちなみに聖夜は今年一年の反省にささげようと思ってます。 



なんかこの前、阪大弓道部のHPを開いたらものすごく更新されてました。

K住は仕事熱心なやつです。

更新履歴に「ブログはじめました。」的なことが書いてありました。

ブログに飛んでみると、なにやら今年の幹部が部活のこととか

ブログに書いてみんなに知ってもらおう的なブログができていました。

幹部が書くそうです。

僕は幹部です。

HP見てはじめてそんな話を知りました。

事前相談ゼロです。

K住は可愛いやつです。

僕はまじめにブログを書くと非常に重くなってしまう性質を持っています。

某コミュニティサイトの僕のブログにはコメントがつきづらいです。

だから他の幹部が率先して書いてくれることを期待してます。

とりあえず主将が書いてくれると思うので、

そちらのブログの方も乞うご期待



最近よく

「たまにお前が何考えてるのかよく分からなくなる。」

って言われます。

心外です。

何考えるのかいつでも分かるような風にふるまってたつもりだったのに・・・

と、いうわけで僕が考えていることを一部ではありますが、

示そうと思います。

ちょっと長くてくだらないので、読みたくない人は読まなくていいです。







僕はアンパンマンによく思いを馳せます。

だから今日はアンパンマンの話をします。








その壱、アンパンマンの仕組み。


まず僕はいつもアンパンマンの脳がどこにあるのかを考えます。

アンパン説とボディ説の二説が考えられます。

アンパン説ではジャム叔父さんが脳みそまで作ってることになります。

パン職人はパンだけ作ってりゃいいんだよ。

なのでアンパン説は棄却されます。

ボディ説が僕の中では有力です。

しかしアンパンマンは目が動きます。口が動きます。声が出ます。感覚もあります。

ではアンパンにも神経が通っているのでは?

ボディとアンパンが合体する瞬間、二つの神経がつながり、アンパンマンの五感が
機能するのです。

ということは、アンパンマンがバタ子さんの投パンによって、アンパンを交換するとき、

アンパンがボディから外れる瞬間に超痛いんじゃね?

声出せないからいいけど、出せたらその断末魔の叫びでバタ子さんはトラウマを抱えることになると思います。

そういえば、アンパンマンはお腹をすかした子供に自分をちぎって与えます。

あれが痛かったらアンパンマンはやってられないっしょ。

つまり餡とパンの部分には神経が通っていない。

ならばアンパンマンの神経は目・鼻・口など顔の中心部に集中していると考えられます。

つまりあのアンパンはパン生地層・餡層・神経層の三層構造になっていると推察されます。

となるとひとつ問題が生じます。



その弐、パン工場の人々。


そうです、皆さんお気づきのように、ジャム叔父さんは神経を生成していることになります。

たかがパン職人のくせに。

いや、もうすでに彼自身の意識では自分はパン職人ではないのかもしれない。

やつはきっと我こそは生命をも紡ぎだす創造主だと思っているかもしれない。

その証拠にやつはアンパンマンだけでなくカレーパンマンやメロンパンナちゃんなどの顔も作っている。

そして巨大メカだって作っちゃう。アンパンマン号もその一つ。

アンパンマン号は火炎放射器など多種多様な武器が装備されているらしい。

もうパン職人ですらないですね。

そんな創造主の遺伝子を引く孫のバタ子さんにしたってすごいもんです。

数少ない人型の女性であって、アイドル的な存在なのかもしれない彼女。

彼女の能力はそのしなやかな筋肉から繰り出される投パンである。

あのサイズのパンを寸分の狂いなくアンパンマンのアンパンめがけて投げるそのコントロール。

そして古いパンを弾き飛ばしてしまうだけのスピード。

もう鉄球とかそのままバイキンマンにぶつけた方が強いじゃん。

そういや弾き飛ばされたアンパンは放置なのかな・・・

森とか洞窟とかにあの顔が無造作に置かれてる風景を想像するだけでなんか哀しくなります。

きっと蟻たかってます。

あと、パン工場の立地場所にも疑問が残ります。

なぜ町からあれだけ離れた森の中なのだろうか。

アンパンマンのパトロールも町を優先させた方が絶対効率いいはずなのに。

やっぱ、創造主のパン作りは見られちゃいけんもんなのかな。

バタ子さんはその筋力を保つために涙ぐましい筋トレをしてるのかな。

アンパンマンには愛と勇気以外友達がいないのかな。

・・・



なんてことをいろいろ考えてしまうわけです。

ほんとはまだまだ話したいことはたくさんあります。

パン三姉妹の話やショクパンマンとカレーパンマンの衛生面についての話など、

話は尽きないんです。

でも話しだすときりがないのでもうやめときます。

明日も早いのでもう寝ます。

2008年もあと少ししかないけど、いいことあるといいですね。

ではまた。







このページのトップヘ