阪大弓道部リレーブログ

大阪大学体育会弓道部の部員の日々の生活などをリレー形式でお伝えします。

二〇〇九年弥生

プロ野球開幕です。

久々のセパ同時開幕です。

オープン戦はあまり見れなくて残念です。

今シーズンを占ってみましょう。

・・・

やめましょう。

語りだしたら止まらないしプロ野球に興味のある人がほぼ皆無なので非難の嵐になりそうなので・・・

聞きたいひとは直接聞いてあげてください。

喜々として語ると思いますよ。

おわかりですよね?

O野(3)です。

遠的が好きです。でも、野球の方がもっと好きです。

2月15日の大阪府学生弓道遠的大会では、2年連続で敢闘賞でした。

三大戦の茶話会で大阪府何位だとかおっしゃていた方がいらっしゃいました。

その人たちより中てました。

10中以上は確か3人でした。

あとの二人は1、2位しっかりとっています。

僕は敢闘賞です。

実力的には大阪府3位のはずです。

8中程度と一緒にされるのは悔しいです。

・・・どーせ競射弱いですよ・・。

ずいぶんと前の話をしてしまいました。



昨日は新人戦第一戦でした。

負けました。

信じれません。

試合後はただイライラして、疲れきっていました。

イライラを抑えるために体育館裏で思いっきり投げ込みました。

イライラを抑えた後は疲れだけが残りました。

道場から出たら力尽きました。

アーチェリー場の裏の芝生に倒れこみ動けなくなりました。

1時間くらいしたらY口が横を通って行き一言。

「なんか倒れてる。」

結局2時間くらい動けませんでした。




何故抜く矢があるのか。

自分も含めて全員が考える必要があると感じました。

個人的にはいつも試合より、試合の立ち練が緊張してしまいます。


次はY口に。
何か倒れててすいません。





PS

これから入ってくる一回生へ。

弓道部は弓道だけやってたらいいわけではありません。

最初は仕事の厳しさに戸惑うかもしれません。

でも、そこで踏ん張って逃げ出さずに頑張って下さい。

弓道は個人競技に思われるかも知れませんが、弓道部は団体競技です。

一回生同士で助け合う。

仕事が出来るようになり弓道部員として認められてからは、弓道部員同士、さらにはOBの先輩の力も御借りして、助け合います。

全員で努力し何かを成し遂げる楽しみ、弓の楽しみを味わいましょう。

知静堂に体育会員証を持ってきて、皆さんと共に戦っていける日を楽しみにしています。

男って奴ぁ愚かな生きもんだ。

自分が相手にそぐわないと考えると、
相手と距離を置き、拒絶する。
認められ、愛される資格なんてねぇと勝手に決めつける。
相手が自分に何を求めてるかなんてお構い無しだ。
そのくせもっと厄介なのは、
拒絶してるくせして、ほんとは求めちまってるってことだ。
待ってんのさ、あいつらは。
相手がそんな自分を追いかけてくれることを。
そんな自分でいいんだって認めてくれるのを待ってんのさ。

男ってのはそんなどうしようもねぇ生きものなんだ。









どうも、O北です。
明日があるので早めに終わらせようと思います。
最近は小説を読むのにはまってます。
冒頭は三浦しをんって人の「月魚」って小説を読んで感じたことです。
陣内にしかり男ってのはどうしようもない生きものだと思う今日この頃です。

そういえば今日、久々に記録が出ました。18中です。
過去の採点簿を調べてみたら、一昨年の7月6日以来の記録だそうで。
遠い昔のことのような気がします。
やっぱ自信もって引くんが大事やなと。
明日も頑張ります。

そういえば、T君が今日髪を切ってました。
そこの美容師さんに「君の髪は100%禿げないよ。」的なことを言われたってことをテンション高く語ってました。
だから自分は2位じゃないと語ってました。
除草剤を買ってこようと思いました。
シャンプーする時はくれぐれも注意してねっ

二月に買った鞄が壊れそうなことに今日気付きました。
もう秒読み段階に入ってます。
2000円で買った鞄は2年ぐらい持ってんのに、5000円で買った鞄が一ヶ月もたんってのはなんともせつない。
四月は鞄を買うための資金繰りに必死になろうと思います。

最近のマイブームは夜寝る前と朝食を食べる時に東西のDVDを見ることです。
テンションかなり上がって練習に向かえるのがよいです。
今もとなりの窓で女性が引いてます。
ここで引いてる人達の射はほんと様々で、いろいろ興味は尽きないけど、一つ言えることは
どの人の射を見ても自信が漲ってる。
自分の射はこれだ、これで絶対中たるという自信がひしひしと伝わってくる。
自分の射を、自分の選んだ道を信頼して疑わない。
そういうことを学ばせてもらってます。
自信ってのは後からついてくるもんだというけど、思い込むんも大事でしょう。


そろそろ夜も更けてきたので寝ます。
次の人にまわします。
まずは第一戦に勝って、うまい酒でも呑もうと思います。
焼酎っておいしいね。

こんにちわ、T倉です。

N嶋くんから渡されたバトンは2輪つながりですよね。
最近志在館に自転車で行くことを復活したT倉です。
理由はいろいろですが、とにかく運動不足だからが一番です。
このままでは夏が怖かったり~?
去年の夏に買った体重計はときに僕の心にダメージを与えてくる、油断ならない存在です。
一月は、三週間で+Ⅴキロという記録に笑えました。
どんな顔をして感情を表現すればよいかわからなくなることがよくあります。
これによって、夜にお菓子を食べてしまっていた悪習を改めました。
あの体重計に足を置くだけで、体脂肪率・筋肉量・骨量などが数字でズバッとでてくるなんて、
仕組みがわからないし、信じられません。
ただ、1週間前に測った時に、今までずっと-1だった筋肉スコアが-2になりました。
あの体重計のことなんて信じてないのに、信じてないのに。
なにかが胸に突き刺さった気がしました。
この悔しさだか虚しさだかが僕を再び自転車に乗らせた原動力だと思います。

N嶋くんから渡されたバトンはニートつながりだとも疑いました。
去年の末に入る前に、某まわるスシチェーン店を辞めたニートT倉です。
年末年始とか忙しい時期、三月などの人がいっぱい辞めてしまう時期には
非常に辞めにくいので、たしか12月はじめぐらいに辞めました。
2周前の自分のブログで、「辞めどきがわかんない」とか書いてたのを振り返って、
なんか時が流れるのはやいなぁって感じました。
そのスシ店の社員の人から、メールで
「BBQ企画したら参加する?」や「ボーリング大会来れる?」
などのお誘いをいまだに送ってもらえるのが、すっごい嬉しかったりします。
BBQ行ったら、もれなく川に落とされる特典付きだとか。
また、辞めるときに店長が「また、いつでも待ってるから」と言ってくれた言葉を思い出すと、
戻ることはないと思っていても、社交辞令だとしても、嬉しい気持ちになります。
N嶋くんと違うのは、僕はバイトを探していないことです。
さぁ、ニートで行きますよ。

N嶋くんから渡されたバトンは本つながりだとも実は思いました。
春合宿零日目に脱落者第一号となってしまった、C班班長のT倉です。
(春合宿はやりたいと思ってたことが全くできず、また、春合宿を生き抜いた他の幹部をはじめ、
部員、そして大平山荘さんに多大な迷惑をかけてしまったことを、申し訳なく思い、悔しく思ってます。
春合宿という貴重なイベントに参加できず、得られなかったことは決して少ないと思いません。
この分を帳消しにするように、また練習に取り組んでいきたいです。後悔先に立たずで。)
春休み中に、まさかの帰省になりました。
熱はすぐに下がったのですが、もちろん完全に治すために安静に寝ていました。
横になっていても、全然寝付けないときは苦痛です。
僕は、帰省して数日後、「本を読む」を選択しました。
本を読むときと読まないときの差が激しいですが、今はマイブームとなってます。
弓道の本の他に、手を出した本について、H田図書館・館長から、
「ぜったい、やめとけって。活字読んでるから、漫画より良いものを読んでるって誤解してるだけで
それは漫画と変わらんって。それで、おれは中・高時代をダメにしたんだって」
と、経験した者らしい、とても重たいお言葉をいただきました。たしか笑顔で。
また、推薦図書でも貸してもらおうかな、と思っている今日この頃です。
もちろん、N嶋くんやKK山さんにも聞いてみたいと思います。

N嶋くんから渡されたバトンには門真試験場経験者つながりの線も見出しました。
去年の夏に門真試験場で普通免許を取った無事故記録更新中のT倉です。
自動二輪は知らないですが、普通を取ったときの待ち時間はハンパねぇものがありました。
僕もモノレールで行ったのですが、門真市駅を降りたときに声をかけてくれた男の子と、
一緒に試験場に行き、待ち時間に話したりして暇を持て余すことがあまりなかったです。
社交的なあの子に感謝でした。料理学校生だとか。
ただ、それでもやることがなくなったので、試験場の隣にあった献血する建物で、
文字通り血を献上してきました。献血者募集するのにいい立地だなぁ、と感動。
献血したり、血液検査で採血すると、看護婦さんに「すごく元気いいね」と言われたりします。
僕が血の気が多いとはだれも思わないでしょうが、血の量が多いor心臓のポンプが強いのでしょう。
なのに、強心臓ではないのががっかりです。
そろそろ、N岡さんも門真試験場で免許を取るということで、暇対策に献血をお勧めしましょう。

N嶋くんから渡されたバトンに新たにつながりをつけるとしてハゲを思い浮かべました。
春合宿では「将来ハゲそうな人」というまさに輝かしい部門で、堂々二位を勝ち取ったらしいT倉です。
「子供にしたい」第一位は意外すぎでした。どういう意味なんでしょうか。
ブログで、ハゲのお話をして良かったです。このおかげで二位になっただけです。
僕の頭の現状を見て、僕の名前を書いた人はいないはずです。
僕の父親のせいだとは思いますが。
でも、H野の下で、O北の上はなかなか取れない場所だな、と思いました。
思いのほかショックでした。
上位三人で「毛根強化サミット」でも開こうかな。

ながながと失礼しました。
次はこの人に渡します。

最近急に暖かくなってきましたね。
半袖でも余裕で弓が引けるようになってきました。

こんばんは、N嶋です。

あのとき立ち読みしていたのは2009年のバイクのカタログか、週刊オートスポーツだったと思います。
箕面周辺の本屋で立ち読みしていることが多いです。
時たま千里中央にも出没します。
見かけても放っておいてあげてください。


明日は神戸大との試合ですね。
さっさと書いてさっさと寝ようと思います。

そう言えば、受験生時代に後期日程で出願していたのが神戸大だった気がします。
結局前期で通ったので受験することはありませんでしたが。




さて、先日自動二輪の卒検に受かったので門真まで免許を取りに行ってきました。
もちろんモノレールで。

確かに二輪は好きですが、流石に中環を原付(50cc)で走る勇気はありません。
誰かのように白馬の王子様に捕まってサインを求められるのがオチです。

豊川駅からモノレールに乗り、万博記念公園で乗り換え門真市方面へ。
摂津辺りで新幹線の操車場が見えて少し感動しました。
普段見られないものが見れて良かったです。


門真市駅から試験場までは徒歩20分ほど。
バスもあったようですが、調べるのが面倒だったので。

既に免許を持っていたので手続きはあっさり終わりました。
強いて言えば証紙を買う額を忘れて係の人に確認した程度です。

手続きをしてから免許交付まで二時間ちょっと。
思っていたよりは早かったです。
普通免許取ったときはもう少し待たされた気がします。
学科試験が無かったというもあるのでしょうが

帰りも来たときと同様にモノレール。
今度はあまり景色に目をやることなく本を読んで過ごしました。



これで春休みにしておきたかったことの大部分は終わりました。


あとはバイトを見つけるだけですが、これがなかなか・・・





さて、そろそろ次の人に回そうと思います。

今回の春合宿を一言でいえば、タイトルみたいになります。
主将のおかげで毎日、朝のテンションあげることができました。

こんばんは、○か○かです。

大阪に戻ってきてから暖かな陽気が続いていて、うれしくなります。
春生まれな僕は春が大好きです。
冬から暖かくなっていく様は感動です。
つくしやさくらを見るとウキウキです。



鳥山が大倉さんに行っているころ、僕は猪飼さんに行ってました。
ぁ、はい。もちろん自転車です。
矢を買いに行きました。
これ以上矢はいらないかなぁって思ってたけど、合宿で必要性を感じたので買っちゃいました。


自転車は一か月ちょっと前に買いました。前ブログを書いた次の日です。
実に快適です。
生活圏が広がります。


猪飼さんへの道は大雑把に調べて行きました。
線路沿いに行けば何とかなるでしょうってことで。
猪飼さんへは大倉さんに行くのに比べたらかわいいもんです。たぶん。
財布とケータイと家のカギと矢筒を持って出発しました。

行きは千里中央まで行って新御堂筋(?)、北大阪急行南北線(?)沿いに行きました。
なかなか都会的でした。
新大阪付近を通った時はちょうどランチタイムで、弁当に群がるスーツの人たちの様子は新鮮でした。
社会人は春休みなく働いてるんですね。
大学生4年間の半分がもう終わっちゃいます。
早いものです。
大阪に引っ越して来たときや、入学式、入部した頃のことがつい最近のことのようです。
僕は何か成長したんですかね。疑問なところです。


さて、矢を買いに猪飼さんに行ったわけですが、素敵な矢は見つかりませんでした。
今までの矢に似た矢が猪飼さんに置いてあるとは期待してなかったんですが、せめてシャフトの色と羽ぐらいはそろえようかなって思ってました。
糸の色は、派手じゃなかったらどうでもよかったです。

結局、シャフトくらいしか希望通りになりませんでした。
まぁいいです。
特注して一か月待つほど矢にこだわってないし。
今日、その色いいねって言ってくれた人いたし。


帰りは阪急千里線沿いを帰りました。
帰りの方が楽しかったです。
知ってる駅名をたどっていったので、なんか楽しかったです。

南千里あたりで軽く迷子になりました。
あの辺は一部線路が地下(?)を通ってるんですね。
でもまぁ、何とかなるものです。
何とかなりました。
そんな人生送ってます。


あんまりスピード出さなかったので、疲れませんでした。
家に帰ってから買った矢の筈を変えたことの方が、むしろ疲れました。
自転車に乗って大阪を感じれたのでよかったです。


次は「○○○゛○」君に。
合宿から帰ってきた日に本屋で立ち読みしてる○○○゛○君を見つけました。
僕は見つからないように急いで逃げました。
彼も二輪がお好きなようで。

このページのトップヘ