阪大弓道部リレーブログ

大阪大学体育会弓道部の部員の日々の生活などをリレー形式でお伝えします。

二〇一〇年葉月

はじめまして、T内です。

今日実家から戻ってきました。
ということで帰省中のことを書かせていただこうと思います。

今回、約3カ月ぶりに実家へ帰ったのですが、私のいない間に弟たちのおかげで我が家には漫画や小説が増えていました。
最近はなかなか小説を読む機会がなかったので夢中になって読んでしまいました。

実家にいる間はほとんど家にいたのですが、高校の部活の食事会がありました。
顧問の先生も来てくださってとても楽しかったです。
ほかの大学の話や先生の大学時代のお話もお聞きできて今後の参考になりました。
友人の中にはもう免許を取得して車を運転している子もいたので免許がほしいと改めて思いました。
コンバインなら運転できるんですけど・・・。

お土産を選んでいて羽二重巻というのを発見しました。
父の一押しの品のようでおいしいと私の家族の間では評判です。
今度帰ったときに買おうと思います。
今回は羽二重餅を買いました。
夏休みはお土産コーナーが充実していていいですね。
羽二重餅は今度知静に持っていこうと思うのでよろしかったらどうぞ。

ではこの辺りで終わります。
少し短いかもしれませんがご勘弁ください。

タイトルにある曲は,最近よくラジオのCMで流れてます。
11月頃に岡山でライブがあるので,その宣伝みたいです。
あぁ,行きたいなぁ。
…こういうとき,たまに阪大に来たことを後悔したりします。(笑)
この初恋という曲もそうですが,奥華子さんの曲は良いものばかりです。
恋歌が多いので,男の人は敬遠しがちですが,皆さんにも,ぜひ一度は聴いていただきたいと思います。
『時をかける少女』で使われた『ガーネット』や『変わらないもの』などは知っている人も多いと思います。
個人的には,『迷路』や『恋』,『楔-くさび-』などが好きです。

なんか,のっけから宣伝?をしてしまいました,F市です。
夏ということで,甲子園の季節になりましたね。
去年の中京大中京対日本文理のような白熱した試合もいいですが,個人的には投手戦のほうが緊張感があって好きです。
なので,できれば今年は東海大相模の一二三投手と,興南の島袋投手の投げ合いがみたいです。

プロ野球もなかなか混戦状態で面白くなってきた気がします。
ちなみに,西武ライオンズとヤクルトスワローズのファンです。
まぁ,かなりマイナーなので,滅多に話の合う人は見つかりませんが。

話は変わって,地元,岡山の話ですが,岡山には星がとてもよく見える町があります。
美しい星の町と書いて,美星町(ビセイチョウ)というところです。
すごく素敵な名前だと思いませんか?
自分は岡山出身なのに一度も行ったことがないので,いつか星を見に行きたいと思います。

またまた話は変わりますが,岡山には日本三名園の一つである後楽園があります。
そこでは毎年夏に幻想庭園というイベント?があります。
後楽園の中がライトアップされていて,本当に幻想的な感じがします。
去年に続いて今年も行ったのですが,恐らく何度見ても飽きないと思います。
…まぁ正直言うと,本当の目的はそこで行われるライブが目当てです。(苦笑)
今年は,今年の国民文化祭の開催地域が岡山県ということで,国文祭のイメージソングを手がけた,岡山出身の『まきちゃんぐ』というアーティストのライブがありました。
自分のお気に入りの曲が歌われなかったのは少し残念でしたが,大満足な時間を過ごせました。
皆さんもぜひ一度(幻想庭園の方を)見に来ていただけたらと思います。

こんな感じでいいんですかね?
まぁ,眠くなってきたのでこの辺で終わろうと思います。
それでは。

初めて書きますK戸です、こんばんは

いきなりですがとりあえず謝罪から。
前回のM浦から指名されて一週間以上経ってますが、完全に忘れていました。
いやー、人間面倒なことを後回しにしがちですが、僕の場合はひどいですね。後回しにして忘れてしまうんですから。
これでよく人に迷惑かけてるので直したいのですが、ね。


さて、今はお盆ということで今日お墓参りに行ってきました。
なんかお墓とかお寺とか行くと神妙な気持ちになれますよね。
そういう場所に行くといつも立ちくらみみたいな感じでフラ~ってしてしまうんですが、僕だけでしょうか。
人に話したことが無いんで他の人がどうなのかは知りませんが、僕はあれを霊感みたいなものだと信じて疑いません。


霊感と言えば去年の夏にちょっと怖い体験をしました。

寝るときはクーラーをつけない派な僕はドアを開けて、暑いので窓もカーテンを開けた状態で網戸にしていました。
すると眠りに落ちかけているころに、なんだか枕元で「と、と、と、」と音がするんですよね。
でもそれが遠ざかって行ったような気がしたので気にせず寝ようとすると、同じような音が今度は近づいてきたような気がするんです。
そして、ちょうど枕のすぐ近くで止まったんです。

視線を感じる、見下ろされている、と何故か直感しました。
だから不安を払うためにも目を開けてそっちを見てみようと思ったのですが、目が開かない。
それどころか体が動かない。
金縛りというよりは、正座でしびれているような感じで力を入れても思うように動かないのです。
そうやって焦っている間も、枕元に立つ気配はなにもせずずっとそこにいました。少なくともそう感じました。

しばらくもがいていると突然ビクッと体が動いてようやく目が開いたのですが、部屋を見渡しても当然何もありませんでした。
熱帯夜だったこともあって全身にびっしょり汗をかいていましたが、その日はなんだか怖かったのでドアを閉めて寝ると、もうその音はしませんでした。

夢だったと切り捨ててもいいのですが、あまりに生々しい音と気配だったので考えてみると、僕の部屋はドアを開けると窓の真正面に洗面台の鏡があるんですよ。
よく水場や鏡があると霊が集まりやすいと言いますが、そこが通り道になっていて実はしょっちゅう現れていたんじゃないかなと思っています。感じたのは初めてでしたが。

今は姉が仕事で東京に行ったのに合わせてその部屋に移っています。
広くて快適なのもありますが、ドアを開けても鏡が正面にないので。


以上、実際に体験した怖い話でした。夏はやっぱり怪談ですね。
拙い文章で長くなってしまいましたが、これ本当に怖かったんですよ。
もう一つまったく同じ状況で今度は首にしわがれた手を当てられているような感じがしたのもありますが、今回はこのあたりにしておきます。
それでは、失礼します。

こんばんは。
恐れ多くも一回生一番手の指名をいただきました、M浦です。

何を書いたものかと考えつつネットを漂っておりましたが、全く展望が見えてきませんでしたので、筆を取らせていただくことにいたしました。

まずは、うそつきな検索ツールの話をいたします。

私がネットでお気に入りのサイトを巡回するときには、大体インターネットエクスプローラーの右上に埋め込まれているYahooの検索ツールからGoogleを呼び出して検索をかけます。
このとき、Yahooツールからは、Googleの検索結果とともに「そんなことしなくても私が見つけられますよ」というような表示が出されます。

同じ検索サイト同士、矜持があるのはわかります。

しかしながら、これが大ウソなのです。

例えば、「大阪大学弓道部」で、自信たっぷりのツールさんに検索をお願いするといたします。
すると、このツールさんは、

We did not find results for: 大阪大学弓道部.

などと言うのです。
問題なく弓道部の公式サイトを導き出してくれるGoogleさんに大きく差をつけられています。
あるいは、大阪大学、と、弓道部、をくっつけたのがいけなかったのかもしれません。
大阪大学体育会弓道部、が弓道部の正式名ですから、「大阪大学弓道部」はイレギュラーだったのかもしれません。
しかしながら、「大阪大学 弓道部」でも結果は同じなのです。
こうなると、流石に「見つかりません」とはいきませんが、公式サイトは見つけてくれません。
検索結果も、たったの6つです。約 33,500 件と、見つけすぎるくらい見つけてくれるGoogleさんとの差はまさに月とすっぽんです。
ツールさんの設定がどうやら英語圏向けのものになっていることも原因の一つなのかもしれませんが、日本国内のページが表示されないということはありませんので、大きな問題は何か別のところにありそうです。
特別不便ではありませんので、今のところこのツールをどうこうしようというつもりはありません。
この先も、自らの無力を思い知ってもらおうと思います。

次は、最近寝る前にやっている、プレイステーション2のゲームの話をいたします。

「アーマード・コア フォーミュラフロント」というゲームです。
ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、「アーマード・コア」という、ロボットを組み立てて操縦して戦うゲームシリーズの一つです。
この作品以外のアーマード・コアシリーズ作品とは、「自分では操縦しない」という点で大きく異なっています。
ロボット同士の試合がスポーツ化されているような世界観で、ロボットを組み立て、搭載するAIを調整して、ライバルチームと戦っていく、という内容です。
戦闘が始まったら、自分の機体構成とAI調整を信じて見守っているしかないという状況に、自分で操作するのとはまた違う緊張感を味わえます。
これ以外の、自分で操作するシリーズもプレイしているのですが、そちらのシリーズの感覚からすると、とても自分にはできないような動きをしてくれるAI同士の戦闘がまた面白いです。
このゲームにはプレイステーション・ポータブルで出ているバージョンもあるのですが、私はそちらをプレイしたことがある状態でプレイステーション2のバージョンを始めたので、いわゆる「クリアしたあと強いまま二週目」状態になっています。
それでも、油断しているとあっさり負けてしまったりするので、相手チームごとに戦略を練って機体を組み替える必要があり、やはり面白いです。


なんとか、筆を置ける程度の文量になったと思いますので、この辺りで筆を置かせていただこうと思います。
失礼いたします。

こんばんは。

・たいとる、のはなし
別に読書しなさいとかではないです。
夏休みということで時間が取れます。
そこで弓道の本で射についての知識を確認するといいですよ、という意味合いです。
理論派の人には弓道読本がおすすめです。理論的です。
筋肉がどうこうとか書いてあります。
理論派は全部読むといいでしょう。
私は理論のところは軽く飛ばして「○○を△△する」の部分だけ読みました。
それでも結構ためになる本だと思いますよ。
高校時代の友人が絶賛してただけのことはあるなあ、と実感しました。
個人でよくわからない理論に走っている人もいそうなので読んでみるといいです。


・はなび、のはなし
前記事を読んでPL花火について調べてみました。
13~17時に開催地の最寄駅について入場しないと無理らしいです。
終わった後1時間は動けないそうです。
・・・考えるだけでもおぞましい光景です。
現地には行きたくないです。ちょっとくらい遠くの方がいい気がします。
花火といえば今週末は淀川の花火大会ですね。
去年は同回の男女で行った記憶があります。
今年は・・・去年の主催者が言い出しもしないのでなさそうです。
恋の前には男の友情は儚いものですね。ふう。


・てんしんかれー、のはなし
久々に館下に行ったら天津カレーなるものがメニューにありました。
私の前の人が頼んでいましたが、案の定天津飯にカレーをかけてました。
怖かったので素直に天津麻婆丼を注文しました。
きっとミールカード組なら知ってると思うので聞いてみようと思います。
あれ、おいしいんでしょうか。


・すばらしいはなれ、のはなし
今日知静堂で一回生のKが二的で引いていたのを庶務机の後ろくらいから見ていたのですが
彼の離れと同時にペンが庶務机からポロリと落ちました。
彼の離れの際に妻手が冴えていて衝撃波がペンまで伝わって落ちたに違いありません。
彼はきっと大物に違いありません。期待の星ですね。


・つぎのひと、のはなし
そろそろ一回生に回しましょう。
とはいえ一回生のアドレスで私が持っているのは一人しかないのでその人に回します。
楽しみにしましょう。

このページのトップヘ