阪大弓道部リレーブログ

大阪大学体育会弓道部の部員の日々の生活などをリレー形式でお伝えします。

二〇一三年弥生

からの「核を使います!」
ロラン君マジ鬼畜です。もう何考えてるんでしょうこの子は。
趣味が女装なだけあります。

環境問題の話を引き継ぐつもりはありません。ふと思い出しただけです。

では改めて・・・書くこと、ないですね。相変わらず空虚に毎日を送っている弊害でしょうか。
三十分くらい時計の針が回るのを眺めていることなんてざらです。
慣れました。やることがないんですよね。
まあそもそも何かあってもやる気自体がまったくないでしょうが。

ふとテレビを見るとユニバの後ろ向きコースターの待ち時間450分とかになってたとか言ってますね。
待つ人ってすごいですよね。はっきり言ってヴァk・・ゲフンゲフン
ま、やることないよりマシか。家の外に出ているということだけで拍手して差し上げる。

こんな感じで屑ってる僕にも気になっていることがあります。
優しいゲシュタルト崩壊って何でしょう?二進法で舞う僕ってどんな僕でしょう?
まおゆうのopの歌詞の一部です。
アニメのopは意味のわからない歌詞ばかりなのはまあ当然ですが。
痛々しい歌詞の曲もそれなりに聞きましたが。これはひさしぶりに笑えました。
そもそも歌手自体がお世辞にも上手と言えないのが更に悲しいところです。
物凄い簡単な曲なんですぐ覚えてしまいましたが、ipodに入れた次の日に削除してしまいました。
軽くピアノで鳴らしてみると曲は良かったので、おそらく歌さえなければ大丈夫なはずなのです。
本当に残念なことです。
・・・本題(というほどでもないですが)からそれましたね。
ですが書いてて飽きてきたのでこの話は終わりです。意味についてはまたぐだぐだと考えることにします。

次です。誰かに対処法を教えていただきたいことがあります。
家のPCが蟻の巣になっているみたいなんですが。
キーボードに息を吹き込むと蟻がぞろぞろappearです。
暖かいからすごしやすかったのか!?そうなのか!?
なぜかなんてどうでもいいんだが・・・いいんだけどね・・・?
超キモいんですけどぉぉぉぉ(つ`ロ`)つ
これで動作不良起こしやがったらただじゃおかねえぞアリ公どもめ。

字数が足りない気もしますが、そろそろ晩飯を作らなければならないので失礼します。
合宿に行っていた皆さんも帰ってきていますが(お疲れ様でした)、流れのままI井にまわします。
ではよろしく。

 できる限り引っ張ってから書いてくれと言われて、規定日数をオーバーしてしまいました。スミマセン

今、弓道部は合宿中ですね。調子はどうなのでしょうか。

私は18中でました

参考
記録です

テンション上がります・・・・・・・・・・・・・・何故先に帰ったK本

一人でめっちゃ集中して引いてたらすごい疲れました。なんか18出てほっとしたら会に持って行けなくなるほど疲れました。全力全開はすごいです。

まぁ一人さみしく引いた弓の話はこれくらいで。

皆さん環境問題です。
我々は宇宙船地球号の乗組員なのです。

最近やったRewr○teでも言ってました。

・・・・・・・はい、結局わたしがBlogを書くと結局そっちに話が行ってしまいます。

最近エネルギー問題や、環境問題をテーマにしたゲームやアニメがいっぱいあります。

そこでよく出てくる極論が、人間がいるから環境が破壊される。なら、人がいなくなればいいじゃないっていう終末思想ですね。怖いっす。

よく、人がいないと雑木林は荒れ果ててしまうと言いますけど、人もちゃんと地球の生態系の一部なんでいなくなったらなったでなんか問題が起こるんでしょうね。

合宿中のみんなもゴミの分別くらいはちゃんとやりましょうね。

次に出てくるのがエネルギー問題です。
その解決策として出てくるのが
  ・軌道エレベーター
  ・永久機関
  ・核融合炉
ってのが定番ですね。
全部SFってわけでもなくて、ちゃんとした理論があるみたいですね。

中二病的に一番惹かれるのは永久機関ですね。

前世紀の物理学者たちの夢です。

しかし、第一種永久機関は熱力学の第一法則に反するとして18世紀に否定され、第二種永久機関は第二法則、いわゆるエントロピーの問題で実現不可能とされたらしいです。熱効率100%とか無理ゲーポイです。

この第一法則・第二法則の問題をクリアーするには神珍鉄、つまり如意棒をを使えばいいそうです。
伸縮自在でエネルギーいらず。又は未知の粒子ですかね。

理系の皆さん期待しています。

話はうって変わって今日久しぶりに読みたくなってシャーロックホームズの本を買いに行きました。
やはり素晴らしいです。

ということで今回もノンフィクションだらけの話でした。

次は先に帰っちゃった彼にお願いします

タイトルは最近買ったガンプラの機体が登場する作品の名前です。
MGデビューです。(何言ってるか分かんない人は別に知らなくてもいいです。)
これを機に、ペンチややすりを買ったらガンプラよりも高くなりました。
恐ろしい。

あと、弟ですが、合格しました。
重要なことなのでフォントサイズ最大で書きました。

まぁ、某難関国立大学の試験問題を
「簡単だった」っていったり、
「数学の一問目は受験生をなめてる」って言ったりするやつが落ちるとは思えませんでしたが・・・。

最近はざっとこんな感じです。
あと、「ProjectDIVA F」は買いました。(これも分かる人だけわかればいいです)

以上、適当な話でした。

そういえば忘れてました。
こんばんは。Y中です。
毎度毎度、基地外じみた内容しか書いてない野郎です。

しかし、今回は少し変えていこうと思います。
なにせ、主将となったものですから、あまりふざけ続けるわけにもいかないですよね。
次回、回ってくれば、適当に書くと思います。

えーと、真面目な話というと急にできなくなるのが私なので、まずは自分の基本的な考え方について説明でもしておこうと思います。

自分の弓道に対する考え方ですかね。見て分かる通り、結構適当にやってます。


「適当」
いいですよね。この言葉。皆さんはネガティブにとらえるかもしれませんが、私は大好きです。

まず、意味が二つありますよね。
ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。「工場の建設に―な土地」「この仕事に―する人材」

程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。「調味料を―に加える」「一日の―な仕事量」

やり方などが、いいかげんであること。また、そのさま。悪い意味で用いられる。「客を―にあしらう」「―な返事でごまかす」

あっ、3つありました。
でも、この言葉、1,2と3とで意味がほぼ真逆なんですよね。
こういうところに魅力を感じるわけです。

この言葉を使って、今自分が考えていることをまとめると、

「適当に引いた射から適当なものを見つけてそれを適当に用いる」
って感じですかね。

意味が分からないですね。先ほどの意味の番号を付けます。

「適当(3)に引いた射から適当(1)なものを見つけてそれを適当(2)に用いる」

はじめに適当に引くのはどうかと思われるかもしれませんが、これは、自分が感覚で弓を引いているのに起因しています。まずは「こんな感じかな」という引き方をして、そこからできている部分を抜き出すっていうやり方です。抜き出すといってもあまり理論的なものではなく、漠然とした感覚であることが多いです。それでも続けるうちに、その漠然とした感覚が自分なりの理論に変わっていきます。

最後の適当ですが、あまりやりすぎないっていうのも自分にとっては重要です。一つのことに集中しすぎると他の部分が崩れたりしてしまうからです。せっかく一つのことが出来るようになっても、二つも三つも以前できていたことが出来なくなっては全く意味がありませんよね。

射について考えているのはこんな感じです。基本的に何一つとして技術的なことは考えてないです。
1つぐらい見つけたいんですが、正直定まっていないっていうのが現状です。自分、飽き性ですし。


あと、弓道部のみんなを見て思うのは、もっと自分の射に誇りを持ってほしいなと。
さすがに完璧な人はいないでしょうけど、「自分にはこれがある」っていうのを持つべきだと思うわけです。
自分の射を常に否定して、ここが出来てない、あれが出来てないって言っていたら、射は不安定になってしまうと思うんですよね。

例えば、時には他の部員に対して、

「今の俺(私)の弓手には神が宿ってる」

とかいえるぐらいっていうと言いすぎですが、せめて、「さっきのはいつも通りうまくいった」とか言えるぐらいのものはそれぞれ持っていると思うから、それをなくさないように、さらに伸ばすぐらいの気持ちで、やっていけばいいんじゃないかなと思います。

まぁ、かくいう自分もそんなもの持ってないんですが・・・。
っていうことで、見つかってない人は一緒に探していきましょう。

あと、自分は主将としてまだまだ至らないところが多いと思います。
やはり、まだ弱いと思うわけです。
私があまり怒らない理由を知ってるでしょうか。
答えは簡単。怒らないわけではなく、怒れないってだけです。
そこら辺が弱い。とにかく弱い。
だから、これからはとにかく強くなるために、ぎりぎりの戦いでも負けないために、しっかりとした主将になれるように一生懸命取り組んでいこうと思います。
皆も一緒に頑張っていきましょう。


メールを送られたのが期限当日でなければもうちょっとまとまった文章が書けたのになー。
ねぇ、K村K太。

次の人を考える暇がないので、予告はできません。申し訳ない。
それもこれもKのせいだ。私に怒られる部員の記念すべき第一号は彼になるのかもしれませんね。

こんにちは。やっとこさ19中を出したK村Kです。
今回の記録は、自分で言うのもなんですが大きな意味を持つと思います。
というのも、19中を出しているほかの4人(I坂、K親、喜T、Y中)は全員休陣なのです。つまり、この4人は1回生のときからしっかりした射をしていたということです。
それにひきかえ私は、高1の時からの早気との付き合いのおかげで、この2年間はひどい射で過ごしてきました。
でも、早気が治り、会が安定し、記録が出るに至りました。

今回は、どういうプロセスでこのような変化が起きたかをご紹介したいと思います。
現在進行形で射に悩んでいる人の助けになると嬉しいです。


きっかけは2月17日の日曜日でした。前日の定練までに馬肩を詰める練習をしていたつもりでしたが、どうもしっくりこなかったので、動画を撮って自分の射を観察してみました。

Point1 我々のレベルでは、弓を引いている感覚だけで自分の射を管理するのは難しいです。
     積極的に動画に収めて冷静に分析します。

完全に馬肩が抜けていました。その日の練習の目的は馬肩を固定することだったので、無理やり肩をねじ込んで会に入ることにしました。ちょっと肩が痛い気もしましたが、馬手は今までにないくらい安定しました。

Point2 自分のやりたいことが出来ていなかったら、無理にでも形をとってみる。
     「できるorできない」ではなく、「やるorやらない」の問題。
     そのうち力の抜き方がわかってきて正しい形に近づいていく。

この射でしばらく引こうと思って毎日練習しました。その間に、対京工繊戦の立練で12射10中が出たり、あまり四ツ矢で半矢を切らなくなったりと、的中の面でも良い結果が出るようになってきました。

Point3 これでいくと決めたら、とにかく矢数をかけてその射に慣れる。
     その際、ほかの人に見てもらったりして形が崩れないよう注意する。

その射で20射18中までは出たのですが、 それ以上の的中は出る気がしませんでした。そして肩が痛い。
整骨院に行って診てもらったところ、右肩の外旋筋を痛めていました。正しく引けば使わない筋肉です。そこでもう1度自分の射を考え直して、痛くない引きかた(より正しい引きかた)を強く意識して練習するよう心がけることにしました。
一度馬肩を入れる習慣がついているので、そこから力を抜いて背中を使う意識を持つようにすると、痛みを感じずに会に入れるようになりました。

Point4 常に自分の射を改善する意識を持つ。そのためには、現状に満足せず目標を高く設定
     する。

その日(整骨院に行ってみた日)に記録が出ました。すぐに良い結果につながったのは単にラッキーだったと思いますが、自己記録が出てもおかしくはないと思えるような自信がありました。

Point5 射が良くなると自信がつきます。周りの人に誉められたときは本当に嬉しいものです。


以上のような過程で19中にたどり着くことができました。
私のような落ちこぼれでも、なんとか20射皆中が窺えるようになりました。 

今の弓道部では、特にPoint2とPoint4が少し足りない人をよく見かけるように思います。つまり、「これはできない」と言って、正しいと思うことをやろうとしない人や、明確な目標がなく現状に満足している人です。
私もずっとそんな人でした。
でも、何かきっかけがあれば、一気にステップアップできます。なので、誰かのきっかけを作ることができたらと思ってこの文章を書きました。




以下随想。

うちの部はリーグ昇格が目標なわけです。
目標を達成するにはどうするか。弓道は個人競技なので、チームプレイというものはありません。よって個々人が自分の的中を伸ばすだけです。
しかし、部員全員に高いモチベーションを要求するのは無理があります。どれだけのことをやりたいか、どれだけの暇があるか、などは人それぞれだからです。
でも、ひとつだけ言いたいのは、せっかく弓道をするなら思いっきり楽しんでやろうということです。がんばって練習して上手くなっていくとほんとに楽しいです。練習や試合が楽しみで仕方なくなります。
部活は拘束時間が長いです。それならその時間を目一杯楽しく過ごすというのは、良いアイディアのように思います。部活を楽しみにできる人が増えれば、自然に部は強くなる気がします。

私は個人的な目標もありますが、やっぱりみんなでリーグ昇格を勝ち取りたいです。とくに今年はうちの学年が幹部学年なので、2回生(人数的に女子は1回生)に選手をとらせないくらいの勢いをもちたいですね!






次は、弟さんの話題になると目を輝かせるキャプテンにお願いしようかな。 

二回目の割り込みがあった日に正規のバトンが回ってきました。
メールをよく見ていなかったためIDが変わっていることに気づかずなかなかログインできませんでした。
間違え続けるとデータが消えるとかそういう仕様でなくてほんとによかったです。

こんばんは、T本です。今回も射会の直前に回ってきました。

さて、3月2日にあった追い出し射会ですが、4回生の先輩方6人+3回生の先輩方4人とたくさんの方に参加していただき、たいへん賑やかな射会となりました。
団体では優勝することができました。一回生の火力が初っ端からとんでもなかったです。
何とか横皆中を通すことができて良かったです。

個人優勝はK親で6射5中。去年の優勝者と同様に最後が抜けでした。

また、余興的では4回生の先輩方が大活躍されていました。
開始早々に大前の金的を射抜いたTM置先輩。
風で倒れた扇的を掃きあたりで中てたK村先輩。
矢取り待ちで最後に引いた一本で最後の金的を射ぬいたY田先輩。
全体を通して見ごたえのある射会でした。


今日は成績発表がありました。約24時間前に見たところFは確認されなかったので一安心です。
なんでこれがこの成績?といったものがちょこちょこあったりして、あんまり納得はしてません。
何回「元気玉」を聞けば復活できるかな…
skmt教授と長老のコラボ作品なんですが、センスが良すぎて最近はこればっか聞いています。
個人的にはロマサガ2~ゼルダの伝説あたりが好きです。
リンクの扱い(○○魔とか、にわとり○○者とか)が基本的にひどいのは気にしたら負け。


最後に、ちょっと個人的なことを。この土日にサイエンスインカレに参加していた学部の友達が「独立行政法人科学技術振興機構理事長賞」なる賞をもらったそうです。気になって調べてみたところ「文部科学大臣表彰」に並ぶ、とんでもなくすごい賞でした。おめでとう!N森ring!!
私もまけちゃいられないです。10-camphor sulfonic acid 達と早く仲良くなりたいです。


ネタが尽きたというよりどんどん脱線していきそうなので今回はこの辺で。次は本日(?)自己記録を達成したK村K太にお願いします。
ああ、そういえば巻頭言が…

このページのトップヘ