阪大弓道部リレーブログ

大阪大学体育会弓道部の部員の日々の生活などをリレー形式でお伝えします。

二〇一四年弥生

明日から合宿です!というわけで皆様こんにちは、OKmuraです。皆様合宿といわれると何を思い浮かべますでしょうか?お泊り?ワクワク?僕にとっては、「合宿=地獄」です!


え、なぜそんなにネガティブなのかって?仕方ない、私の合宿の思い出(サッカー部時代)を披露しちゃいましょう!


思い出その1!ともかく飯を喰わされる!
ええ、合宿の目的の半分は飯を喰うことといっても過言ではありません。ともかく食べます。ひたすら食べます。晩御飯にハンバーグ、鮭のムニエル、豚の生姜焼きと一度に並べられて、トレーナーがニッコリ笑顔で「これだけおかずがあればご飯5杯はいけるね!」と言います。目がマジで言います。当然必ず誰か吐きます。皆コンビニで胃薬買います。お腹いつも重いです。「どこかで一食分抜きたい」と皆言います。私がよくお昼ご飯を食べずに過ごすのはここら辺が影響しているのかもしれませんね!


思い出その2!ともかく走らされる!
朝練なるものが存在して朝っぱらから鬼のように走ります。狂ったように走ります。服汗だくです。一日の練習が終わった気分で宿舎に戻りますが、終わったどころかまだ始まってすらいない事実にすぐに気付き、愕然とします。皆前の日の夜は雨乞いの儀式を行います。(雨が降っていると朝練は中止になるからです。)


…、まだまだありますが、ブログを書いていると何だか私のハートがチクチク痛むので(もしかして、これが恋!)ここら辺にします。今回の合宿先は異常な寒さと異常な花粉らしいので、これまた私にとっては試練となりそうです。(私は異常な寒がりかつ異常な花粉アレルギーなのです。)


…、神よ、なぜ私ばかりにこのような仕打ちをなさるのか!この私の信仰心を試しているというのか!ならば打ち勝ってみせよう!我に祝福あれ!


というわけで合宿に行ってきまーす‼

ブログは嫌いであるとした記事を当ブログに投稿した張本人に対し、無駄に長ったらしい何の役にも立たない文章をうだうだ書くばかりでなくその最後のちまっとした部分に引き継ぎのお題を提示した後その点に関して何の注意も促さないままぽいっとばかりにリレーのバトンを渡してきたことについて、少々ばかりでもない憤りを感じつつも、その冗長とした記事を最後まで読破し且つその中にこの記事で述べるべきお題をも発見せしめたこの自分自身に対して特別な賞賛の念を抱かざるを得ないわけであり、いやそれは置いておくとしても、其の辺りの日本文化の暗黙の了解的な部分についてのケアを、B型の権化たる前担当者に要請することについての考察に至り、私が振り下ろしかけた鉾を渋々鞘に納める様な気分、すなわち、他の形容を許すならば、ほんの気まぐれにガリガリ君をコンビニで買い、店を出たすぐのあたりで平らげた後ふと棒を見てみると当たってるやないかーい、と直ぐ店員に見せつけに行こうとするも自身が大学生であることを自覚しやむなくターンをするような気分、に落ち着いたことは言うまでも無い。


読者の皆様、ご無沙汰しておりました。Fshimaです。
誹謗中傷から入ってしまったこと、誠に申し訳ありません。
いつもお世話になっております。


では、前担当者が提示してくださったお題、ブログに書く素敵なお題は?の考察に参りましょう。
実はこのお題、本ブログをいずれはアフィリエイトブログにランクアップ(?)させようと模索している筆者にとって、願ってもないものであったことはここだけの話。PVの割にUUが極めて少ない本ブログにとっても有益なこと間違いないかもです。

とはいっても前担当者はやはり詰めが甘く、抽象的で且つ主観にとらわれやすい「素敵」などという単語を持ち出しているため、処理が幾分難しくなっていますが、ここでは「素敵」=「アクセス数アップ」と、捉え方を改めます。

情報が混沌とする今の情報時代を勝ち抜くためにはどうすればよいのか、そのためのキーワードとして、「独自性」があげられるでしょう。このブログをパズドラやぷよぷよの攻略ブログにすることは容易いことでしょうが、他のライバルサイトに勝てるわけもなく、モチベーションが下がり、いずれは閉鎖の二文字が躍っていることは明らかであります。したがって、真に価値ある情報を届ける、そのための我々が実現可能な手段として、各々のオリジナリティーを前面に打ち出していく。つまり、今のこの現状が、最善であって、この部の限界なのではありませんか?

以上、マジレスの嵐でした。

SR田という表記を気に入っていたはずの彼が実名を晒すという暴挙に出て戸惑っています。

自分の名前だけならまだしも、先輩の名前まで。

そして、前回同様、いやそれ以上に配慮のないバトンパス。

彼の鼻水が止まらないからでしょうか。

かくいう私もこの時期に鼻詰まりで苦しんでいる部類の人間をかれこれ十数年やらせてもらっています。

どうも、A木です。

鼻は赤くなります。親にだって揶揄されました。

 

「やーい、赤鼻の○○!」

 

なんてことを言う人間を親に持っているわけではありません。

 

「赤鼻の○○!」

 

なんてことを言う人間の息子をかれこれ19年やらせてもらってます。死ぬまでやらせてもらうつもりです。

 

 

 

流れが来てるので、お題の「花粉が舞うこの時期、私がやっている花粉症対策」について書こうかと思います。

 

僕はマスクで何とか乗り切ろうとしてる部類の人間です。

 

高校時代は「小青竜湯」なる漢方薬を飲み続けていましたが、体質の改善には至りませんでした。

シーズン中だけでも飲んでいればいいのかもしれません。あまり参考になりませんね。

 

キノコをよく撮ったりしてました。

変なカメラマンみたいな設定になってしまいました。

キノコをよく摂ったりしてました。親曰く粘膜にいいということだったので。

真偽は知りません。知りたい部類の人はググってください。 

 

あとは、甦命茶(ファンメイチャ)なるものを飲んでました。親曰く花粉症に効くということだったので。

長崎発のお茶なんだそうです。地味に地元の宣伝してます。

でも、個人的にはあまりおいしくなかったです。甦命茶。効いた感じもなかったです。参考になりませんね。

 

合宿前のこのブログにおける花粉症対策の話の重要性はよく理解しているつもりなのですが、参考になるほどの対策をしていませんでした。

僕は合宿には鼻炎薬とクリスタルヴェール持っていこうかなと考えてます。

 

鼻の話ばかりしてますね。目にだって花粉の影響は出ます。

今すごく目がかゆいです。目も赤くなります。目の方の対策は洗眼と目薬くらいしかないです。

昨日の試合にはO村が花粉対策グラスを着用していましたね。

 

やっぱり一番の対策は「花粉をよけること」だと思います。

 

bbd11db42193d8a1cea13784e4aa2e12_400

 

 

この身のこなしをできればきっと「花粉症なんて過去の話」と言える自分に出会えるでしょう。

 

僕は、まじめなアドバイスができない部類の人間です。すみません。花粉症何とかしたい人はググってください。

 

いい感じですね。 この調子でほかのお題にも触れていこうと思います。

 

 

次のお題、「好きな女優を聞かれて宮崎あおいと答えるのは何となくずるい気がするけど、そこんところ私はこの女優が好き」 について。

好きな女優はいません。あまり興味がないですし、知らないです。

 

はい。次のお題、「関口がperfumeについて長々と語っていたけど、私は好きなアーティストの魅力をそのアーティストの名前のあいうえお作文で表せるよ」について。

物は試し。やってみましょう。

 

つぐんの感性による歌詞とトーク力でファンを魅了する注目のスリーピースバンド

ていってもそこは群馬県民

さつ温泉にだっていっているはず

んと3/19,26にシングルとアルバム、7/4,5にオリックス劇場でライブやります!

で始まる文章なんて書けるわけないだろ

ばー

 

んー、魅力伝わってなさすぎてback numberに謝罪が必要なレベルです。

でも、謝ったりしません。宣伝します。

彼らはMステのトリで「fish」を歌ったことがあるのですが、番組終了の30分後になってもOfficialWebsiteにアクセスできないくらい人々の心を突き動かしました。実際にアクセスを試みたのですが、サーバーがダウンしていました。

かつては男性目線の歌詞で7分40秒くらいの曲だったそうです。

それを女性目線にすることで歌えた言葉があって、一番言いたかった言葉が見つかったそうです。

因みに依与吏さん曰く、「さよなら」は女性の言葉らしいです。

そして一番言いたかった言葉は歌詞の最後の「あなたがここに帰ってきますように」です。

 

fish」もいいですけど、アルバムからシングルカットされた「繋いだ手から」もいい曲ですよ。

back numberで一番好きな曲になりそうです。

 

そういえば、4/1からback numberANNが始まります。是非聞いてみてくださいね。

ANAじゃないですよ。飛行機とか飛ばさないです。多分。電波飛ばしているはずです。

彼らのトーク力、伝わると思います。そうでもなかったらすみません。僕を責めるなりなんなりしてください。お詫びにアルバムとか貸します。詫び石はないです。パズドラネタです。

 

ライブには行きます。楽しみですね。だいぶ先相武紗季ですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近寒いのは僕のせいかもしれないです。この場をお借りして謝罪させてください。

すみませんでした。

合宿中は自重しようと思っています。

 

 

最近「バッハの旋律を夜に聴いたせいです」にハマってる部類の人間です。

定強練に遅刻したり欠席したりするときに、僕に

「遅刻します。バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」

とか

「欠席します。バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」

とか報告したとしても認めないのでそういうことを考えている部類の人間をやろうかなと思っていた方は気持ちを入れ替えて、しっかり参加してください。全員で勝ちに行きましょう。

 

 次の人には、何かもっと素敵なお題を与えたいなと思います。

「ブログに書く素敵なお題は?」

これで行きます。

次のブログでこのリレーブログが生まれ変わる可能性が出てきました。

ブログに書く素敵なお題についての考察を述べることで、今後のリレーブログの質の向上が望めそうです。

わくわくしてきました。

 

僕の気持ちが盛り上がってきたので終わりにします。

このブログを書くのも二回目。
あの頃は一回生だったのに、もう二回生になりました。
猿田です。

ブログは書くより読む方が好き。

福嶋の数字の話面白かった。
中西先輩の献血の話もとても面白かった。
読んだこと無い人は遡りおすすめ。

でも僕には人の興味を引くような話が書けません。
どないしよう。
どないしようどないしようどないしよう。

せめてお題か何かがあれば。
前の人が次の人へお題を与えてくれたらいいのに…

そう考えている人は少なくないはず。

次の人にお題を授けよう。
ふはは。

次の人は
「花粉が舞うこの時期、私がやっている花粉症対策」
「好きな女優を聞かれて宮崎あおいと答えるのは何となくずるい気がするけど、そこんところ私はこの女優が好き」
「関口がperfumeについて長々と語っていたけど、私は好きなアーティストの魅力をそのアーティストの名前のあいうえお作文で表せるよ」
の中から選んで書いてください。
全部書いてもだけども。

鼻水が止まらないので頭が働かないです。
ふっかちゃんと煎餅片手に埼玉を観光する夢を見た。

P.S.171号線で自転車こいでてすれ違う女子は中学生であってもとてもすてきな香りがします。



みんがらーばー。
今ミャンマーにいます。私は元気です。私含め友だち5人もちゃんと生存してます。日本より2時間半だけ遅く生きてます。

ついに今日は帰る日です。お昼すぎの飛行機です。帰るのはちょっと寂しいけど、ミャンマーすっっごく楽しかったけど、いったん帰ってまた来ればいいかな。
何よりも日本が恋しい。日本食が食べたい。おいしいものいっぱい食べたい。寿司!うどん!肉じゃが!みそ汁!カレー!焼肉!笑

こっちでは油がすごいカレーみたいなのをよく食べます。お腹にぜんぜん優しくない感じですね。何度も食べるにつれてみーんな、お腹の中のおじさんがカーニバルしてますヽ(^ω^)ノ暴れてる。
私のおじさんは寝てます!

とりあえず中国経由せずにすぐさま日本に帰りたいです。これから憂鬱なのはヤンゴン→昆明(12時間待機)→上海→関空です。

まあ、ミャンマーのお土産話は私に直接お問い合わせください。文字で文章書くのはかなりの苦手分野ですので。

でもせっかくだしちょっとだけ書こうかな。ミャンマーに到着するまでのお話。ミャンマー着いてからはまた今度で。

出発の日、前日までに荷造りを終えなかったせいで朝からバタバタ。約束の時間に間に合わなそうだから「とりあえずパスポートさえあれば何か忘れててもいっか!」と、思ったときに最近パスポートを荷物に入れた記憶がないことに気づく。志在だ…土曜日に志在でみたぞ…ということで急いで原チャ飛ばして志在に行きました。本当にありがとう。「ミャンマー行けるっちゃから」って言われたの可愛かった笑
そんなこんなで友達をヒヤヒヤさせつつ関空へ。
次はドルに両替しようとしたとき。まずゆうちょからお金引き出そう。……このカードは使用できません。磁気が飛んでるかもしれない。ここでは直せないよ。って言われました。あーあ、お金ない。友だちに借りようとして最後の挑戦でなんとか出来ました、ヒヤヒヤ。

そのあと中国では、体調が悪すぎて。本当にミャンマー旅行誰かに阻止されてるんじゃないかってくらいハプニング続きの私。
お腹痛いし、熱もあるし、寒いし、だるいし、辛いー。この時が一番、日本帰りたかった笑

でもなんとかヤンゴンたどり着きました。初日からだんだん回復してきて最終日の今日は私が一番元気や、やっほーい!

こっちの人はみんな優しくしてくれます。日本人大好きな人が多いです。どんな人も可愛い可愛い言ってくれる。笑顔が屈託ない。素直。タナカーっていうミャンマーの日焼け止めみたいなのを顔に塗って絵みたいにしてるから余計に可愛い。お姉さんもお兄さんもおっちゃんも、笑顔すばらしい。大好き。

タクシーのおっちゃんもお節介すぎるくらいの優しさ。

やっと、大学入ってから学んでいたことが幻の言語ではないことが分かりました。この言葉を話してる国が、人たちがいた!ほんっのちょっとだけど通じる、分かる。

この旅でミャンマー大好きになりました。

いま朝ごはん食べてきました。image
待ってろ、日本!帰ってやるー!それでは。

このページのトップヘ