引退試合を終えて一週間…
ようやく人並みな大学生活を送り始めたなぁ。
あとはバイトさえ決まれば完璧です!

I永です。
率直な気持ちを聞きたいと言われました。

予定では最近始めたポケモンについて話そうかなって思ってましたが、とりあえずF岡ブログに沿って語ります。


僕が弓道をしてきた理由はただただとにかく勝ちたい、強くなりたいという気持ちだけでした。
その気持ちがあったからひたすら練習してきました。
同時にそのせいで中たらない自分に対する怒りで苦しいことも多かったです。

ですが、このリーグ戦での目標はみんなで一緒に最後まで楽しく引くというものでした。
そういう気持ちに至った過程はとりあえずここでは省かせてもらいます。

下書きしてみたのですが、長いし要領得ないしで自分でもなんじゃこりゃ?ってなりました。


とりあえず、さまざまなことを経験した結果自分に残っていたのは、入部しようと思ったきっかけの楽しく矢を飛ばしたいという気持ちこととこれまで一緒に部活をしてきたみんなと最後まで弓を引きたいという事だけでした。

僕にとってはこの弓道部のメンバーがいたからこそ迎えられた引退でした。

今の自分の気持ちは、最後まで的中を諦めずリーグ戦に臨んだという達成感や疲労感
もっと中てたかったり、もっと他の人の助けになりたかったという悔しさ
今までの3年間で経験してきたことが入り混じっていて自分でも今の率直な気持ちがよく分かりません。

ここまで読んでもらったのに、結局よく分からないっていう結論ですいません…
ですが、いろいろな思いもある上で、今僕にとってこの3年間を終えて1番思い出されるのはみんなと弓を引いたことです。
これまで阪大弓道部として一緒に弓を引いてきたみなさんほんとうにありがとうございました。



要領を得ない話ですいません。
とにかくこの阪大弓道部で3年間を過ごせて本当に良かったです。

これから1回生、2回生はそれぞれさまざまな残りの現役生活を過ごすと思います。
大学弓道はとても限られた時間です。
さまざまなことを考えて、経験すると思いますが最後まで自分を信じて頑張ってください。
そうしたみなさんの努力が実り、さらに良い部活となっていくことを願います。
応援しています。


それではこれくらいで終わります。
次はこのブログのお願いに追加でポケモン一緒にやろうとお誘いしてみる彼です。