NPO法人こども手づくりプロジェクト事務局です。

ただいま最終審査に向けて進行中の「こども手づくり作品コンテスト2014」に
寄せられた応募作品より、
みごと一次審査を通過された力作たちをご紹介するシリーズ、その③をお届けします


本日ご紹介する力作たちは・・・


冬でもあったかモコモコバッグ」 
谷口 明莉さん(東京都・3年生)の作品 

4-01

谷口さんのひとこと
「パーツを繋げるのも同じ毛糸を使っているのでモコモコしていて可愛らしいバッグになりました。
1か月かかって初めて作った大作です。」


初めての編み物で、とってもがんばりましたね!!
糸のとくちょうを上手にいかした作品にしあがっています



エコに工作。リメイク缶」 
なが姉妹のお二人 (千葉県)の作品
 
5-006

なが姉妹さんのひとこと
「食べ終わった缶をもらってかわいくかざりつけました。
拾った木の実やキラキラボタンポプリや宝石みたいなビーズをつけて
飛び出す宝の箱みたいにしました。」


姉妹楽しんでつくったようすが伝わりますね
身近な材料を変身させるすてきなアイデアです。



ママへプレゼント 指あみシュシュ
のあぴーさん(千葉県・3年生)の作品
 
7-004

のあぴーさんのひとこと
「指あみでシュシュの作り方をおぼえました。
あみものができないお母さんにプレゼントするために色んな毛糸でシュシュを作りました。
毛糸によってできあがりもがちがって、もようになったり、ふわふわになったりおもしろいです。」


たくさんの手づくりシュシュ、きっとお母さんは大喜びですね
いろいろな種類の毛糸にどんどんチャレンジしてみてください。

※もう一点、「のあぴー」さんの作品をご紹介します


森のあったかリース

5-005

のあぴーさんのひとこと
「ひろったどんぐりや松ぼっくり、毛糸をつかってリースを作りました。
リースの土台は紙と紐で作りました。
森からのあったかい感じが出るリースに出来上がりました。」


こちらもいろいろな材料のくみあわせが楽しい作品になりました。
「あったかい感じ」がよくつたわってきますね!



森のケーキ屋さん
のんちゃん(山口県・6年生)の作品

5-025c

のんちゃんのひとこと
「粘土と自然の素材を使って、森の動物たちが楽しく集まってくる「森のケーキ屋さん」を作りました。
粘土で、おいしそうに見えるケーキやカラフルな花を作りました。
「まつぼっくりの洋服かけ」、「枯れ枝を使ったテーブルとイス」、「どんぐりを使った器」など、
森で拾ってきた材料を使って作ってみました。」


とても細かいさぎょうをがんばった様子がよく伝わります。
自然の材料も、この作品のふんいきにぴったり合っていますね
 


ねぷたの紙でつくったこけし
ミナさん(青森県・4年生)の作品

5-020
 
ミナさんのひとこと
「ゼリーのカップや、ガチャガチャの入れ物を使ってこけしを作りました。
ねぷたの紙をリサイクルしてはり、あかりを入れるとこけしのとうろうになります。」


地元のすてきな文化をよく工夫した作品に仕上げています。
あかりを入れるアイデアも「ねぷた」ならではですね



・・・以上、本日はたっぷり6作品をご紹介しました!

こども手づくりプロジェクト活動ブログでは、最終審査に先がけ
ご希望の方のエントリー作品を当ブログで順次ご紹介していきます。

ブログ掲載をご希望される作者の方は、お気軽に事務局までお知らせくださいね 


NPO法人こども手づくりプロジェクト事務局
075-822-0039 (火~土 10:00~18:00)


※ご希望されない方の作品を事務局判断で掲載することは致しません。
※当ブログに紹介された作品画像等の著作権は当法人に帰属しています。
 写真の無断転載・複製は固くお断りいたします。