Messiah 写真と音楽とオーディオ

デジカメで写真を学ぶブログ。道端にさえも見られる”驚くばかりの恵みなりき”の自然美を感じたままカメラに収めています。また、メサイアなどの宗教音楽についても感想を掲載します。

お散歩大好き。花大好き。デジカメで写真を学ぶブログ

数多くのご訪問、管理人としてはうれしい限りでございます。

まことにありがとうございます。


当ブログの目指すところをご紹介いたします。


記事のヘッダにありますように

デジカメで写真を学ぶブログを目指しています。

ご一緒に写真を学びたいとも思っています。

そこで、みな様のお役に立てますよう読者サービスに

工夫をこらすつもりでございます。

たとえば、昨日は管理人の失敗例をupしたところでございます。

はじめての試みでございました。お役に立つことを願っています。


今後も多くの記事を提供させていただきたと思います。

ブログ画面上に記事検索を追加いたしました。

さらに、記事のインデックスを作成中でございます。

体系順に作られたインデックスはWEBの検索とは違い

一覧性に優れ複数の関連事項を簡単に把握できる仕様でございます。

記事検索と併せまして

当ブログを活用しやすくする方法でございます。


つたないブログではありますが

今後もどうぞよろしくお願いいたします。

                  管理人 ヘンデル

★☆★ 記事の予告「なぜ上手になれないのか」 ★☆★
写真は誰でも撮れるようになりました。フィルム全盛の時代はそう簡単ではなく意外に難しいものでした。露出など分かりませんでしたから。本当にフィルムと比べたら簡単です。しかし、誰でも撮れるようになったことによって写真への取り組みが安易になったと思われます。ところが、なかなか上手になれないと耳にします。管理人もそうです。まともに撮れたと思うものは10枚のうち1枚も無いですね。100枚のうち1枚かもしれません。そこで、なかなか上手になれないことについて気が付いたことを簡単明瞭に説明します。



写真関係インデックス 17.7.30現在
多くの方がカテゴリを利用されます。しかし、記事検索は目的の記事を捜しにくく、カテゴリというのはどういう記事が書かれているか把握することが出来ません。そこで、記事を体系順に従って並べた写真関係インデックスを用意いたしました。ご活用ください。なお、閲覧は"記事検索"をご利用ください。

デジタルカメラについて
★コンデジの比較ほか
・LX-100とRX100Ⅱ・Ⅲ
・LX-100 VS RX100M5 結論編
・レビューはよく精査しよう
・RX100Ⅲ辛口批評  →超辛口、写真とは何かの視点による批評
・コンデジ選び・注意してほしいところ
・センサーの性能も限界に??
・はっきり明瞭の写り要注意(コンデジも同様)
・目覚めた者がいう、ソニーのRX100M3&M5はカメラではない!!!
★落下事故に備えましょう。対策しない必ず落とします。
・RX100M5に負けないぞ/LX100・明暗専門編集だ
★カメラにゴミ 
・カメラにゴミが入った??、困ったもんだ。  →写真付き
★LX100の印象
・コンデジ・テストⅡ →初期の作例であることに注意
・RX100M5に負けないぞ/LX100・明暗専門編集だ
・清流の郷かすお写真集・LX100最良の写りローノイズ編集(現像)決定版 →実力を現した作例

パソコンのハードウェアと電源ノイズについて
★WIN10の”WindowsBackup”は危険
・要至急対応/WIN10の”WindowsBackup”は使えない!!!   →2017.2.22現在
           →写真データ保管のハードデスクはシステム用とは別にする
・WindowsBackup騒動結論編
★ハードウェア
・色!!色!!どっちがいい?? →ハードデスクの振動対策
・写真データの保存について  →ハードデスク容量のとらえ方
・写真とパソコンの安定性について →電源の安定と電源ノイズ対策が必要
★電源ノイズ
・画質向上、こんな二連発がある。。 →ディスプレイのチラツキ改善
・調査結果/写真は電源ノイズで歪むことを知るべきだ!!! 
・本日は息抜き記事・ディスプレイのチラツキ退治へんてこりん一発
・写真がオーディオが歪む究極の原因はこれかも!!!
・ネットがバタバタ落ちる!!! やはりデジタルは電源ノイズに弱い。
・警告:写真の世界、PCなどデジタル処理に安住するな!!!

マナーについて
★散歩のマナー
・散歩中、街歩きマナーを想った
★レビューのマナー
・レビューはよく精査しよう
★撮影時のマナー
・写真のマナーを調べよう
・連休中も写真なりき。こいのぼりオンパレード →環境保護
★心構え
・ええっ、そんな。写真愛好家はゴミだって、、、

写真生活
・本日は息抜き記事・好きな写真家は?  
・本日は息抜き記事・疲れたカメラ触りたくない →時には休養を
・"早朝の光は美しい"で人は変わることができる →視線が変わる!!
・写真を永く撮りたい方は眼の健康にも注意しよう
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にするより人として思いがけぬことが。。。

老いたる者のカメラ・システム
★管理人のカメラ・システム変更
・老いに備えカメラ・システムを変更し街歩き??
・老いに備えカメラ・システムを変更し街歩きⅡ
・老いに備えカメラ・システムを変更し街歩きⅢ決定編 →外付けEVFの採用
・オリンパスED 30mm F3.5 Macroの試写
・ お手軽でgood!!・ED30mmF3.5Macro試写Ⅱ
・オードレンズもどき!!! →弱点を個性に変える
・驚愕の写り!!! パナ・14-140mm/F3.5-5.6(H-FS14140)その2
・薄曇りを狙う&パナ14-140の相性の悪さ
・パナ新14-140をAF+MFモードで使う →ボディとの相性が悪ければMFで
・新パナ14-140これでどうかしら。。 →ボケにくいため明暗差を利用した強調表現で
・MFでは三脚を活用するべき、、、→新パナ14-140でテレマクロ風に

LX100の使いこなし
★基本的な使いこなしについて
・コンデジの使いこなし -LX100を例にして-
・LX100の評価 →ホワイトバランス、測光モード、フォーカスエリア
・LX100この撮り方でいこうか
        →ホワイトバランス、測光モード、フォーカスエリア
★ピクチャーモードをいじる
・街中ぶらり ほいのほいで楽しい街中カメラ
★ノイズ低減
・ノイズに注意して美しい写真に仕上げよう
・LX100の写り、最大の不満・ノイズ感をどうにかしょう。
・LX100の写り、これでどうだろう?
・LX100の写り、最大の不満ノイズ感・夜景編
・RX100これを見よ、LX100の写りそう簡単には負けぬぞ
・LX100の写り、最大の不満ノイズ感・夜景に再度の挑戦編
・RX100シリーズを圧倒せよ=LX100の最大の不満ノイズ感・夕暮れ時の改善
・RX100シリーズを圧倒せよ=LX100最大の不満ノイズ感改善完了総合評価編
・RX100シリーズを圧倒せよ=ローノイズ編集(現像)について
・RX100シリーズを圧倒せよ=ノイズ低減常識外の小技・バッテリーの秘術
・調査結果/写真は電源ノイズで歪むことを知るべきだ!!! →電源ノイズを削減
★ローノイズ編集(現像)
・RX100シリーズを圧倒せよ=LX100最大の不満ノイズ感改善完了総合評価編
・RX100シリーズを圧倒せよ=ローノイズ編集(現像)について
・RX100シリーズを圧倒せよ=完成したノイズ削減3秘術の件名を確認・参照のために
・あなたはローノイズ編集(現像)を信じるか?
・調査結果/写真は電源ノイズで歪むことを知るべきだ!!! →ローノイズ編集(現像)の根拠
★ローノイズ編集(現像)作例
・朝撮りの街ーLX100ローノイズ編集(現像)写真集ー
・RX100シリーズこれでどうだ!!!/曇りでも撮る、出会いがある
    ーLX100ローノイズ編集(現像)写真集ー
・RX100シリーズを圧倒する迫力??/ひと手間かければ写真も美味しい。ローノイズ編集(現像)-
・RX100シリーズこれでどうだ!!!/春近し冬の銀杏並木・カメラの角度と
 遠近感及びローノイズ編集(現像)
・ローノイズ編集(現像)決め技一本。街撮り明確な視点が必要しかし今回はOUTだったl
・逆光の街・時には冷たい表情-ローノイズ編集(現像)-
・清流の郷かすお写真集・LX100最良の写りローノイズ編集(現像)決定版
・ローノイズ編集(現像)をしつこく検証
・ローノイズ編集(現像)による斜光風景
・ローノイズ編集(現像)最新作・日暮れ近しこいのぼり
・庭と道で花を撮る・ローノイズ編集(現像)Ⅱ登場
★バッテリー対策
・LX100の写り、最大の不満ノイズ感・夜景編
・LX100の写り、最大の不満・ノイズ感をどうにかしょう。
★解像の改善
・これでどうだコンデジの解像度
・パナ・LX100劇的進化達成!!!
★解像とシャープネスの関係
・RX100シリーズを圧倒せよ=完成したノイズ削減3秘術の件名を確認・参照のために
★露出補正機能の最適化
・LX100克服すべき課題は何か(撮影技術他)
★NDフィルターを使おう
・コンデジ使いこなし・NDフィルター超絶技巧
・角形フィルターの記事を紹介しよう  NDで露出補正機能をカスタマイズ
★絵の迫力を追及しよう
・街撮りには明確な視点が必要

機材選びについて
・はっきり明瞭の写り要注意(コンデジも同様)
・失敗しない一眼レフの選び方

カメラ・レンズのメンテナンス
・新品のボディ・レンズでもクリーニングを!!!

写真とは何か
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にするより人として思いがけぬことが。。。

写真の極意
・少しの違いでガラッと変わる →澄んだ心 写心
・緑鮮やかな感動-澄んだ心で- →澄んだ心 写心
・心境の変化で撮れなかったものが撮れ大きく変わる →澄んだ心 写心
・写真の極意を悟りました →極意 澄んだ心 写心
・連休中も写真なりき。「写心」というよね、でも更に深いのですよ
     →写真と心の健康 写真と魂の健康 写真とうつ
・撮るなら心の修養が不可欠だ!!! →写真と心の健康 写真と魂の健康
・"生き生き写真"を撮るのには →極意・澄んだ心の結果として現れる

写真を学ぶ方法
・本日は息抜き記事・もっと上手になりませんかぁ →実践が無ければ意味がない
・写真の勉強にはコツがあると思う!!! 第1回 →絞り、露出、構図は一体として学ぶべき 
・写真の勉強にはコツがあると思う!!! 第2回 →こうすれば上手になる
・「写真の教科書」買いました。→ネットの情報では体系的に学習できないため本で!!!
・写真勉強のコツ6項目!!!
・写真はアングルだけと言えず、コレだけは確認!!! →主役と脇役の関係を知る
・上手になりたいですか?どうでもいいですか? 
        お手本の街撮り街写真集を買いました。→主役と脇役の関係を知るための参考として
・撮った後の見直し次回に反映を!!!
・花と緑を縦撮りで-基本のトレーニングを怠ればいつまでも下手-
・風よ吹き給うなかれ、花の嘆きが聞こえて来るではないか →実践的トレーニングが必須
・街撮り、主題をさらに絞れ!!(解説あり) →撮影後の確認が必要

写真一番初めに知るべきこと
・写真の勉強にはコツがあると思う!!! 第1回 →「写真の教科書」、絞り、露出、構図は一体として学ぶ 
・光を知れば写真が変わる!‐光の向きを意識した撮り方‐光による表情の違いの基本資料編
・写真の最も大切で忘れがちなこと!!   撮影は魅力を捜すことが最重要
・光を知れば写真が変わる!‐基本資料編Ⅲ・サイド光  →光の見方を暗示、基本中の基本
・光を知れば写真が変わる!‐えっ、硬い光・柔らかい光って何さ-   →
・縦撮りか横撮りか-緑鮮やかな感動- 
        →カメラの構え方 縦撮りには専用のフォームがある
・縦撮りか横撮りか-緑鮮やかな感動- →ピントの位置
・少しの違いでガラッと変わる →カメラの立ち位
★主役と脇役
・写真はアングルだけと言えず、コレだけは確認!!! →主役と脇役の関係を知る
・主役は簡単に決められるがピントの位置決めは大変 →主役のどこにピントを置くか
                       →実践での体験を積み重ねるのみ
・主役は簡単に決められる、ところが思わぬ注意点
     →光の状態を良く読まないと主役もピントの位置も決められない
・失敗談:マクロ的・花風景などの主役は難しい →主役の見極めが難しい
・便利ズーム、こんな工夫はいかがでしょ。 →主役強調の技術
・撮る際に最も大切こと  →生きている主役を見出だす

撮影について
★撮影も良いが眼などの疲れに注意が必要
・写真を永く撮りたい方は眼の健康にも注意しよう
★カメラの設定など
・蝋梅、わたしの撮り方
★街歩きの楽しみ
・あしたの楽しみが引き出せる街歩きを
・街撮り・思いがけぬものが撮れた!!!
・RX100シリーズこれでどうだ!!!/曇りでも撮る、出会いがある
    ーLX100ローノイズ編集(現像)写真集ー
・色が沁みる街歩き
・ありふれたものにも眼をとめよう!!!
★楽しい街撮り技法
・主幹道路でみた虹色抹茶  →ハイキー撮影の作例
・「写真の教科書」はマンネリの特効薬です →ローキー撮影
・「写真の教科書」による斜め撮り作例 →かなり使える
・青系を濃くしてみました。違いを見てくださいな →ホワイトバランスの活用
★街撮りのコツ
・街撮りには明確な視点が必要
・ローノイズ編集(現像)決め技一本。
・街撮り明確な視点が必要しかし今回はOUTだった →邪魔なものに注意
・街撮り・思いがけぬものが撮れた!!!
・ありふれたものにも眼をとめよう!!!
・街撮り、主題をさらに絞れ!!(解説あり) →主役を絞り込む
・ああ、前回の記事、主役の主役は失敗だった!!! →撮影後の確認が必要
★街撮りのマンネリ解消
・「写真の教科書」はマンネリの特効薬です
・ありふれたものにも眼をとめよう!!!
★光を知る 基本的なもの
・光を知れば写真が変わる!‐光の向きを意識した撮り方‐光による表情の違いの基本資料編
・光を知れば写真が変わる!‐基本資料編Ⅱ
・光の方向が写真を劇的に変える-確かにそうだ!!!
・光を知れば写真が変わる!‐基本資料編Ⅲ・逆光
・光を知れば写真が変わる!‐基本資料編Ⅲ・サイド光  →基本中の基本、光を知る・光の見方を暗示
・落胆した日よ、光の色を見たい。 →太陽光、朝から夕までの変化
・逆光の街・時には冷たい表情-ローノイズ編集(現像)-  →早朝の光
・"早朝の光は美しい"で人は変わることができる
・清流の郷かすお写真集・LX100最良の写りローノイズ編集(現像)決定版 →斜光の作例
・光を知れば写真が変わる!‐基本資料編Ⅲ・順光及び斜光
・光を知れば写真が変わる!‐えっ、硬い光・柔らかい光って何さ- →写真とは“光を写すもの”
・光を知れば写真が変わる!‐測光の特徴も知っておこう-   →露出
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にする、、、
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にするより人として思いがけぬことが。。。
・ローノイズ編集(現像)最新作・日暮れ近しこいのぼり →夕方の色温度
・朝に夕に、光の語りかけを見よう →光の表情を知る
★逆光時にカメラの位置が遮光になる状態で撮る
・RX100シリーズを圧倒する迫力??/ひと手間かければ写真も美味しい。ローノイズ編集(現像)-
・逆光の街・時には冷たい表情-ローノイズ編集(現像)-  →早朝
★天候の問題
・LX100シルバー君初出動・栃木植物園周辺 →曇りの日は露出が難しい
・薄曇りを狙う&パナ14-140の相性の悪さ →柔らかい表現
★絞りの理論
・絞りを体験しよう・基礎資料編
★絞りの作例
・絞りを体験しよう・実写編No.1霧の中で
・絞りを体験しよう・実写編No.2早朝の光は美しい
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にする、、、
・逆光斜光・え~と絞りは??と気にするより人として思いがけぬことが。。。
★構図について
・撮る際に最も大切こと →構図の勉強はごく簡単で良い
    →良く撮れた写真はおのずと構図も良いのである。
    →絵の構成での微妙な違いでイメージがガラッと
     変わるであり、構図例に合わせられるものでは
     ない。構図例はどう撮ってよいか分からないと
     きに有効と思うべきである。
    →構図例に頼るということは個性を失うというこ
     とでもある。
・構図は中井先生のレイルマン比率が良い
・街撮りの楽しみ・大胆なカットも良い
・あしたの楽しみが引き出せる街歩きを →大胆なカット
・木風景の撮り方
・街撮りには明確な視点が必要  →絵の強調点
・写真はアングルだけと言えず、コレだけは確認!!! →主役と脇役
・花と緑を縦撮りで-基本のトレーニングを怠ればいつまでも下手-
                     →縦構図のサンプル
・縦撮りか横撮りか-緑鮮やかな感動-  →横構図か縦構図か
・連休中も写真なりき。縦と横の使いわけ →横構図か縦構図か
・横取りと縦撮りの極端な違いをみていただこう →違いの典型

★露出について
・美しい写真を撮るために
・光を知れば写真が変わる!‐測光の特徴も知っておこう-
・SPI編集モードⅣ・明暗専門の検証  →補正幅の不足を解消
・コンデジ使いこなし・NDフィルター超絶技巧   →補正幅の不足を解消
・主幹道路でみた抹茶ケーキ -シャドー部にピントを-
・へんてこ☝写真集・思川上流:橋のたもとにて →大胆な露出
・桜のクローズアップは背景を明るく!!!  →露出とレンズの明るさの関係
★ヒストグラムで階調性、黒つぶれ、露出オーバー、コントラストの状態を知る
・ヒストグラムの怪   
★PLフィルターの使い方
・PLフィルター新緑に向くかも!!!
★被写体の撮り方
・蝋梅、わたしの撮り方
・街撮りは思いがけぬ風景に出会うもの
・木風景の撮り方
・影撮りに想う
・梅、わたしの撮り方
・本日は息抜き記事・桜の撮り方はどうなの??
・桜のクローズアップは背景を明るく!!!
・緑と白の調和を撮ってみよう
・緑鮮やかな感動-澄んだ心で- →雨上がりとその艶
・連休中も写真なりき。輝く若葉たち →ぼかしのやり方
・連休中も写真なりき。こいのぼりオンパレード
・スポットライト風表現 →早朝か夕暮れで印象的な写真
            →明暗差を利用するもの
・紫陽花は失敗ばかり、、、 →意外に難しい花
・紫陽花いっぱい-私の撮り方- →咲き始めを狙う
★マクロまたはマクロ的
・失敗談:マクロ的・花風景などの主役は難しい
・MFでは三脚を活用するべき、、、→新パナ14-140でテレマクロ風に
★動物・ペットの撮り方
・本日は息抜き記事・猫の撮り方は。。
・本日は息抜き記事・猫の撮り方はⅡ
・本日は息抜き記事・ペットを撮りたい方はこのサイトも見ておくといいかな
★機材の活用
・MFでは三脚を活用するべき、、、→新パナ14-140でテレマクロ風に
・三脚の面白い使い方
★失敗を重ねてもよい、いつか必ず成功するから
・失敗たくさんの巻
・なんだこりゃ!!! 色が!!!
★何事も諦めてはいけません
・散歩は戦果に落胆、いいえ諦めず梅を発見
★自分なりの撮影地を開拓しよう
・散歩は戦果に落胆、いいえ諦めず梅を発見 →とにかく脚で捜す
★納得できるまで撮るのも良し
★センスの向上
・LX100克服すべき課題は何か(撮影技術他)
★直観を大切に
・気持ち悪いものを撮ってしまった&ダイナミックレンジ拡大テスト
★生き生き写真を撮ろう
・"生き生き写真"を撮ろう!!!
・"生き生き写真"を撮るのには →極意・澄んだ心の結果として現れる
★豊かな階調性を求める
・美しい写真を撮るために
・LX100の写り、最大の不満・ノイズ感をどうにかしょう。  →階調性も良くなる
・LX100の写り、これでどうだろう?  →階調性も良くなる
・LX100の写り、最大の不満ノイズ感・夜景編
・ヒストグラムの怪   →階調性の状態を確認できる
★状況に合わせてレンズを変える
・気持ち悪いものを撮ってしまった&ダイナミックレンジ拡大テスト
★遠近感の表現
・RX100シリーズこれでどうだ!!!/春近し冬の銀杏並木・カメラの角度と
 遠近感及びローノイズ編集(現像)
★露出で表現
・露出をどんと下げて
・「写真の教科書」はマンネリの特効薬です/ローキー撮影
・主幹道路でみた虹色抹茶 →ハイキー撮影の作例
★明暗差による表現
・RX100シリーズを圧倒する迫力??/ひと手間かければ写真も美味しい。ローノイズ編集(現像)-
・「写真の教科書」はマンネリの特効薬です/ローキー撮影
・明暗の差で色が変わる→補正してみた
・連休中も写真なりき。編集ソフト活用で明るい絵にも明暗差を。
・スポットライト風表現 →早朝か夕暮れで印象的な写真
            →明暗差を利用するもの

★陰影による表現
・街撮り・思いがけぬものが撮れた!!!
★その他の表現技法
・「写真の教科書」による斜め撮り作例
・「写真の教科書」によるブルーフィルター作例
・角形フィルターの記事を紹介しよう

印刷について
★印刷の質を高める
・写真を印刷したらびっくり超高画質!!!

SILKYPIX Jpeg Photography 7 総論
★総論
・今日のテーマ:影、Jpeg Photography等代金支払いの巻
.・街撮りは思いがけぬ風景に出会うもの
・パナ・LX100劇的進化達成!!!   
・お気に入り編集ソフトで遊ぶ
・Jpeg Photography 7でLX100の能力を引き出す・使用の概略編
・ダイナミックレンジ拡張の正体・Sコンデジ圧倒の戦略
・LX100の写り、最大の不満ノイズ感・夜景に再度の挑戦編  →ローノイズ編集(現像)
・朝撮りの街ーLX100ローノイズ編集(現像)写真集ー
・画質向上、こんな二連発がある。。 →RAW現像ソフト
・Jpeg Photography 7でLX100の能力を引き出す・使用の概略編Ⅱ

SILKYPIX Jpeg Photography 7 活用
★LX100における設定について
・Jpeg Photography 7でLX100の能力を引き出す・設定編
★編集モードの設計など
・SPI編集モードⅣ・明暗専門の検証
・RX100M5に負けないぞ/LX100・明暗専門編集だ
★ヒストグラムの偏りをなおすガンマ補正
・ガンマ補正で圧倒を目指す、某社のコンデジに。
・ヒストグラムの怪
・連休中も写真なりき。編集ソフト活用で明るい絵にも明暗差を。
★解像とノイズの関係
・調整どこまでやるのさ!!&ダイナミックレンジ拡大テスト
★コントラスト
・調整どこまでやるのさ!! 作例追加訂正・ノイズの減少が明確に!!
・SPI編集モードⅣ・明暗専門の検証
★茶色の再現方法、黄色にはシャープネスのような性格がある
・建物を斜めに、茶色の再現、黄はシャープネス
★各色の補正について
・建物を斜めに、茶色の再現、黄はシャープネス
・ 明暗の差で色が変わる→補正してみた
・連休中も写真なりき。編集ソフト活用で明るい絵にも明暗差を。
★ダイナミックレンジ拡張
・美しい写真を撮るために
・RX100M5に負けないぞ/LX100・明暗専門編集だ
・ダイナミックレンジ拡張の正体・Sコンデジ圧倒の戦略

まず、下記をご覧ください。
この経験が共振のさらなる軽減を可能にしたのです。

★ドラムの芯を出すひとつの方法

原因のひとつとして床の共振が考えられます。

スイサクが発売しているラスクという吸音・制動材をご存じでしょうか。

低音をダンプしてしまう素材でもあります。

板状でねずみ鋳鉄でできています。

鉄の小さな破片がボロボロと落ちるのが難点ですが

シルクのハンカチなどで包んでしまえば問題ありません。

BF-2010が使いやすいです。
200(w)×100(D)×10(H)mm 重量:0.8kg  2,600円

BF-2010を1枚部屋に置くだけでもかなり違ってきます。

うちではBF-2010をスピーカーの背後に1枚づつ置いて

ドラムの芯を出すことができました。

また、高音の余計な響きも減少しました。


★カーボンを襖の合わせ目に挟み共振を軽減してきましたが

今回襖の最下部にラスクを接触させてみました。
思った通り効果的でした。
最も効果的なのは押し入れ中板(システム設置面)の襖のようです。
それも、右か左かの襖で大きく違ってくるのです。

しかし、費用がかさみます。しかも、送料が1,500円もするんです。
今回5枚購入しましたが、またも4枚注文しました。
たぶん、それでも足りないでしょう。
和室の共振対策にいくらかかることやら、、、

このページのトップヘ