SCN_0001

当会の会員から「私は学生から”心の病気って何?”と質問を受けた時があって、その時、”目に見えないからよくわからない”という意見を頂きました。自分の子供時代を振り返ってみても、心の病とか、精神疾患、精神障害というのを耳にしたことがあまりなかったような記憶がある。ですので、教育現場においても、まず心の病について、みんなで話し合い、当事者の方々が話せる現場がもっとできたらいいのかなと感じました。子供たちと子供達を見ている親たちも、そういった場の中で考える機会があれば、地域の皆さんも少しでも理解できるところが増えるのかなと感じました。」
というご意見を頂きました。この意見は、実は、いろいろな場面、いろいろな立場の方から発せられ耳にします。

学生さんたちに、若い人たちに、心の健康について、どのように伝えていくことが良いのかまだわかりませんが、福祉分野だけのことと捉えず、教育分野とも一緒に何かできれば、そのヒントが見つかるのではないかと思って企画をしました。
夏の終わりに障害があるということの、新しい側面、隠れた価値、可能性を一緒に見つけてみませんか。
皆様のご参加心よりお待ちしております。