スポンサードリンク



2014年02月14日

革の手縫いの基礎知識

革のかばん作りは敷居が高い・・・
そうおっしゃる方は多いですよね。
そんな方でも今回のやり方なら拍子抜けするほどカンタンです(笑)

tenui6


まず、今回のかばん作りでは、かばんの脇はミシンで仕立てましたので、マチのみ手縫いでやってみます。

マチはゴムのりを使って仮止めしておき、トンカチを使って菱目打ちで穴をあけます。

これもいきなり本番に入らないでくださいね(汗)
小さな革を2枚重ねて練習してみましょう。

初めての場合、力の入れ具合に戸惑うかと思いますが、だいたい画像のように、裏面に目打ちが通っているかどうかを確認しながら進めて行ってください。
革を穴が通っていないと針が通りません。

tenui7


結構な力が必要で、音がしますので気を付けてくださいね。

穴があけたら、レザークラフト用の手縫い針に手縫い糸(私はエスコード麻手縫い糸/中細というのを使用)を通し、縫い合わせて行きます。

縫い方ですが、今回は縫い目が表に出ない縫い方ですので並み縫いでオーケーです。

tenui6


正式には、糸に蜜蝋を通すとか、
平縫いするとか、手順や縫い方があるのです。

それは管理人も承知しているのですが、今回は初めての型でも挫折することなく最後までかばんが作り通せることを目安にしていますので、簡単なやり方をご紹介させていただいています。

脇とマチが縫えたら縫製は終了!!

tenui8


ひっくり返したらかばんの本体の出来上がりですよ〜♪♪♪
やったね☆

tenui9







handmadebags at 13:59│Comments(0)TrackBack(0) 革の斜め掛けかばん作り 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
人気ブログランキングへ
最新コメント