お運びいただきありがとうございます。手コキライターのKです。

突然ですが、クイズです。

これからみなさまに手コキ店のオプションのうち有名なものを
AとBにグループ分けします。AとBの違いはなんでしょう。
(非常に難易度の高いクイズなので、お分かりになった方には賞品…
はありませんが心から尊敬いたします。)

【グループA】
  • オールヌード
  • 虫眼鏡
  • 陰茎お絵かき
  • 耳かき

【グループB】
  • ビンタ
  • 無視
  • お客様に手枷

このAとBの違い、お分かりいただけましたか?
それでは答えを発表したいと思います。

キューピー


グループAに分類されているオプションは
女の子や、お客様が
「これやっていい?」
「これやってくれる?」
という依頼を受けてからやったほうが自然なオプションです。

オールヌードなんかはわかりやすいと思いますが
風俗経験が少ないといわれているオナクラ・手コキの女の子が
何の前触れもなくにわかに服を脱ぎ出したら、
ちょっと「場馴れしているのか」とひいてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

それに対してグループBは
「これやってくれる?(これやっていい?)」が
時としてムードに損害を与えてしまうようなオプションです。

例えば「ビンタ」ですが
女の子側としてはいきなりバシンとお客様をはたくことはできないので
「ビンタしていい?」と聞いてしまいがちです。
でもお客様側としては「ちょっと演技感出ちゃってるな」と思う場合もありますよね。

そう考えるとグループAのオプションよりも
グループBのオプションは女の子のコミュニケーション力、演技力が求められるといえそうです。

女の子全員にこの「演技力」はあるのか

そこで考えられるのがこの問題。
女の子によっては、「いつビンタしたらいいものか」
そんな間合いを間違えて、お客様に満足を与えられないといった場合もあり得ます。

電話対応


そこで、重要なのはお店側の電話対応なのではないでしょうか。
女の子を派遣したり、女の子に会わせる前に、
あらかじめお客様の希望のシチュエーションを伺って、
その内容を女の子にしっかり伝えておくのです。

そうすることによってお客様は
ご希望のシチュエーションを、女の子に任せきりにするよりは確実に叶えられます。
女の子も、変なところに気を使うことなく、
お客様にリラックスした状態で真摯に向き合えます
お店側も、女の子に満足していただければ、もっと売上が上がります。

ただしこの電話対応も完全無欠とはいいきれません
  • お客様の要望を齟齬なく受け止められるか
  • お客様に願望を電話口で話していただけるくらい、お店が信頼されているか
そこが関わってくるのではないでしょうか。

真面目に運営するってお店にとって重要ですね。