いつもお読みいただきありがとうございます。手コキライターのKです。

3ないは本当に実現されているのか

「脱がなくても、舐めなくてもよくて、しかも触られない
だから安全にお仕事ができますよ」

業界未経験の女の子たちがそんな言葉にひかれて入ってくるのが
このオナクラ・手コキ業界や
「脱がなきゃいけないけど」風俗ではないライブチャット業界なのですが、
実際のところこれらの宣伝文句は守られているのでしょうか。

あまり申し上げたくないですが、NOであるとKは考えております。
風俗店でスタッフとして業務に従事されている方の中にも
私と同じ考えな人もいらっしゃるかもしれません。

お店側の事情


オナクラ発


実際に風俗業界ではこちらのブログに書かれているような反則技も横行しているようです。
かわいくて、マナーもしっかりしている「質の高い女性」を集めるために
「3ないのオナクラ」で募集をかけておいて、
採用となったら「ヘルスなら働けるよ」とか「もっと稼げるよ」とか言って
実際はヘルスで働く羽目になってしまう女の子もよくいるそうです

女の子側の事情

取引


その一方でこういった例もあります。
お店としては3ないを実践しているのですが
女の子がお客様と接しているうちに
「お金を追加で払うからここまでして」とか
「次も指名するからここまでして」とか
そういった要求を呑んでしまう場合です。

素人の女の子の場合は特に「お金を稼ぎたい」という気持ちで
こういった業界で働いている子も多いので
お金につられて、お店のルール外のことを呑んでしまう場合もあります。

解決策はない?

この過剰なサービスについてはネット上でも議論が始まってから久しく
これからも完全には無くならないのだと思います。
ただそこで考えておきたいのは

手コキのお店、オナクラのお店の場合は
どういうお客様を求めているのかというターゲティングをしっかりして
女性も「適材適量」を採用すること
が重要なのではないでしょうか。

無理に価格勝負、女の子の量勝負でいってしまうと
質の低いお客様がやってきてしまってトラブルに見舞われたり
売れる女の子とそうでない女の子の格差が出てきてしまって
売れない女の子が某掲示板などに悪口を書いてしまう場合もあります。

個人的な事情のために解決しなくても解決のために努力する。
これがお店の責任なのかもしれませんね。