2011年04月11日

震災復興支援とは

皆さん、こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

先週の金曜、土曜と東京に滞在しました。
夜はずいぶん人もでて、通常の状態に戻りつつあるのを
感じました。

3週間前に来た時は、節電で暗いのもあったのでしょうが、
人の表情にも影があったように思ったのですが、
今回は少し落ち着いた感じがしました。

聞くと、計画停電が実施されないと発表されてから
人も普通に動くようになったそうです。

これを見て、やはり、無傷の私たちこそ
普通に生活し、しっかり仕事をしなくてはならないという
思いを強くしました。

今回の復興は相当時間がかかるでしょう。
そうなると、一時的な義捐金を私たちも出し続けることが
難しいと思います。そうなると、私として出来ることは
しっかり経済活動をして、お金を稼いだり、使うことが
一番だと思うのです。

そうして、消費税を納めれば、それは復興財源になります。
東北の商品を買えば、当然、東北に大きなお金が行きます。
しっかり稼ぐことが出来れば、そこからたくさんボーナスも
出て、物を買ったり、義捐金を出す余裕も大きくなります。

自粛はどう考えても、東北の助けにはならないように思います。
もちろん、亡くなられた方や不明の方を思う事は大切です。
復興に頑張っておられる方を応援する気もちも強いです。
私も毎日祈っています。

そういう気持ちを持ちながら、私たちは毎日の仕事を
一生懸命やるしかないと思うのです。
私はそれが復興につながる一番の方法だと思います。
皆さんはどのように考えますか?

毎日、私も

haneda1951 at 10:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

震災復興支援とは

皆さん、こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

先週の金曜、土曜と東京に滞在しました。
夜はずいぶん人もでて、通常の状態に戻りつつあるのを
感じました。

3週間前に来た時は、節電で暗いのもあったのでしょうが、
人の表情にも影があったように思ったのですが、
今回は少し落ち着いた感じがしました。

聞くと、計画停電が実施されないと発表されてから
人も普通に動くようになったそうです。

これを見て、やはり、無傷の私たちこそ
普通に生活し、しっかり仕事をしなくてはならないという
思いを強くしました。

今回の復興は相当時間がかかるでしょう。
そうなると、一時的な義捐金を私たちも出し続けることが
難しいと思います。そうなると、私として出来ることは
しっかり経済活動をして、お金を稼いだり、使うことが
一番だと思うのです。

そうして、消費税を納めれば、それは復興財源になります。
東北の商品を買えば、当然、東北に大きなお金が行きます。
しっかり稼ぐことが出来れば、そこからたくさんボーナスも
出て、物を買ったり、義捐金を出す余裕も大きくなります。

自粛はどう考えても、東北の助けにはならないように思います。
もちろん、亡くなられた方や不明の方を思う事は大切です。
復興に頑張っておられる方を応援する気もちも強いです。
私も毎日祈っています。

そういう気持ちを持ちながら、私たちは毎日の仕事を
一生懸命やるしかないと思うのです。
私はそれが復興につながる一番の方法だと思います。
皆さんはどのように考えますか?

毎日、私も

haneda1951 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月28日

結婚式

皆さん こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

一昨日は、社員の結婚式がありました。

伊豆半島のある街の出身で、岐阜の大学を卒業し
弊社に入社してくれた入社7年目の社員ですが、
その地元で式を挙げました。

3年ほど前に東京営業所に転勤し、友人を介して、
奥さまを見つけたようです。

いつも、結婚式に出て思うのは、本当にご両親が手塩にかけて
育ててこられたということです。
そうやって育ててこられたからこそ、こういう礼儀正しい、
やるべことをきちんとできる人になったのだろうと思います。

もちろん、本人が努力してそうなっているところもあるでしょう。
しかし、基本的な価値観はやはりそれぞれのご家庭で培われるもの
だと思います。

本人たちもそれを自覚して、さらに自分で努力をしてくれると
いいなと思います。

披露宴の最後、新郎の挨拶で、
「両親のおかげ、皆さんのおかげで、
 自分たち二人はここに立っている」
としっかりお礼を言うのを聞き、本当にいい子に育ってるなと
うれしく思いました。

お二人の末永いお幸せをお祈りすると共に、
応援したいと思います。


haneda1951 at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月14日

イスラエルに来ています。

皆さん、こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

久しぶりに書き込みます。
リーマンショック以降、忙しかったと言うより、
ブログを書く余裕がなかったと言うのが
正しい表現でしょう。

今、私はイスラエルに来ています。
仕入先の一つがエルサレムにあるので、
打合せ来ました。

イスラエルは6度目ですが、冬に来たのは
初めてで、思ったより寒いので、驚きました。
雨も降って、結構緑が多いのも不思議な感じがします。
朝晩は10度前後で少し肌寒いです。
昼間はジャケットを羽織ればちょうど良いくらいです。

頻繁に来ることができないため、仕入先も打合せを
沢山予定してくれて、この週末もびっちりでした。
今年はこの仕入先といろいろな事をする計画なので、
しっかり話をしていきます。

面白い展開になりそうです。



haneda1951 at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月15日

シカゴ2

4a108638.jpg皆さん こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

今回のシカゴは本当にお天気に恵まれ手いますし、気温もちょうど良いぐらいで、
非常にすごしやすい日が続いています。

以前来たときは、同じ時期でしたが、34度とかになったときもありましたし、
逆に雨と風が強くて肌寒いときもありました。
特にことしは、特別暑い今年の日本から来ましたから、余計に快適なのかも
しれません。

そこで、出張のときのお楽しみ、朝のランニングに出かけました。
日の出が6時半ごろですので、それにあわせて出発します。

シカゴはミシガン湖沿いに発達した街で、湖沿いにすばらしい公園が
つくられています。南北、おそらく10キロ以上は軽くあるでしょう。

湖からの心地よい風と新鮮な空気。
大都市の真ん中にいるとは思えない、走るには絶好の環境です。
一方、シカゴの特徴的な高層ビル群も見えて、都会的な感覚も味わえ、
なんだか得したような気になります。

この公園では、老若男女、様々な人種の人たちが、思いおもいに
ウォーキングやジョギング、そしてもう一つ
サイクリングを楽しんでいました。
(すごくはやってます。)

シカゴの冬は厳しいので、今のうちに身体を動かしておこうというのか、
本当に多くの人が早朝から出てきていました。

私は昨日は5キロちょっと、今朝は9キロばかり走ってきました。
朝日を浴びてしっかり走れば、時差ぼけはほとんどありません。

時差ぼけ解消、アメリカの食事を消費すること、
それに、見知らぬ場所を走る楽しみ。
一石三鳥の出張の楽しみです。




haneda1951 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年09月14日

シカゴ

皆さん こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

2年ぶりのシカゴです。
昨日、今日は本当に天気がよく。
雲ひとつない青空に、高層ビルがくっきりとよく見えます。

2年前の9月、リーマンショックが起きました。
当時はアメリカ発の金融の問題ということで言われて、
ディカップリング説もあり、アメリカ以外はそんなに
大きな影響はないだろうと言われていました。

ところが、ふたを開けてみれば、米国への輸出を中心に
経営していた製造業がもっとも厳しく、ご存知のように
惨憺たる結果になってしまいました。

では、震源地のアメリカはどうだったのでしょう?
結果から見れば、アメリカの経済は非常に早く
もどったということのようです。現在は工場が忙しくて
仕方ないそうです。

弊社の場合は、ようやく元気の良かった07年の70%レベル程度
になったというところです

まだまだ先は長いので、ここは米国の中小企業が
どのようにやって乗り越えたか、きいてこようと思います。

羽根田商会 佐藤祐一


haneda1951 at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)経営 

2010年09月12日

シカゴに行ってきます

羽根田商会の佐藤です。
大変ご無沙汰しています。

今、成田空港にいます。
今日はこれからシカゴに向かいます。

シカゴでは、IMTSという2年に一度開かれる工作機械関係の展示会へ
行きます。

2年前のこの展示会はリーマンショックの直前で、我々の業界は
まさに絶好調。本当ににぎやかな展示会でした。
それが、その後の大変な状況を経て、今回はどうなるか。
非常に興味のあるところです。

この厳しい時期に、新商品の開発がされているはずです。
また、それが出来た会社が展示会に出展しているはずです。
それを期待しています。

新しい価値観を満たすような商品、もっと環境を意識した商品、
まったく新しい考え方の商品、そんな商品を探してこようと
思っています。

私たち商社も、昨年の試練を何とか乗り越えてきました。
これから、守りから攻めへ舵を切るためにも、
そういう商品が必要です。

これから先のマーケットをみると、
やはり、羽根田商会が日本でこれから存在価値をだしながら
生きていくには、付加価値の高いものを取り扱うしかないと
思います。

そのためには、いかにユニークな商品を見つけるか、
また、そういう商品を開発できる可能性のある仕入先を
見つけるかが、商社としての生命線です。

今回は、展示会のほかに、オハイオ州にある会社を訪問することに
しています。いい出会いになることを期待しています。

では、行ってきます。

佐藤祐一


haneda1951 at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月16日

メカトロテック2009

皆さん こんにちは。
大変、ご無沙汰しています。

一昨日から名古屋港の金城埠頭 ポートメッセにて、メカトロテック2009に、羽根田商会も出展しています。

この景気後退の中、厳しい状態が続けていますが、こういう時こそ、しっかりお客様に、私たちの存在を印象つける必要があると思い、出展しました。

今回は、あえて私たちの主力商品ではない、耐震グッズやユニークな工具を展示しています。

今まで、おかげさまで、多くのお客様にきていただいています。

今日はナイター営業で、夜8時まで開催されます。

明日までの開催ですので、お時間がありましたら、是非お出掛け下さい。

羽根田商会のブースは、2号館 B18 です。



haneda1951 at 17:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)マーケティング 

2009年08月03日

面接

皆さん こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

久しぶりに書きます。

ご多分にもれず、弊社も不況の波に洗われていますが、新卒の採用活動は続けています。

長い目で経営を見るのが、中小企業の良さですから、採用はたとえ不況であっても続けるというのが、私の考えです。

ただ、面接をすると残念に思うことがあります。皆さん、私たち面接官が答えを持って質問してくると思っているようなのです。

私たちは、その人がどんな人なのかが知りたいだけで、答えは持っていません。

その人を知らないと、一緒に働けるかどうか判断ができないので、一生懸命聞くのです。

まず、自分を見せて欲しいと思います。最近の面接はそこまでいかないので、すごく残念です。

僕らの面接技術も上げて、いい人を採用したいものです。



haneda1951 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新卒・中途採用 

2009年04月17日

入社2年目のマナー研修

69cb3997.JPG皆さん こんにちは。
羽根田商会の佐藤です。

今日は、入社2年目の社員、
つまり昨年4月に入社した社員、
3名にマナー研修です。

こう書くと「あれ?」と思われる方も多いと思います。
「なんで2年目なの?」ということだと思います。

実は、再来週に今年入社の2名のマナー研修は準備されて
いるのですが、実はこの2年目の社員が講師になります。
そのために、再度昨年のおさらいをして、どのように
教えるか、マナーの先生を交えて研修をしています。

人というのは、学んだことをアウトプットすると
それが定着します。1年後にやることで、それを強化しようと
いうことです。

さらに、1年生が2年生を「先生としてみる」ことで、尊敬と
親しみを感じてくれること、さらには、2年生には「先輩」
として、また、「先生」としての「自覚」をもってもらうことで、
グッと伸びてもらおうというねらいがあります。

今は、末っ子のようにのんびりしている彼らも、
これで火がつくでしょう。
それが楽しみです。




haneda1951 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(1)教育・共育