2008年09月08日

メタルコードレス草刈機 (充電式) レビュー | 電動機械で作業ラクラク!



■章



メタルコードレス草刈機 (充電式)の商品概要



○メタルコードレス草刈機 (充電式)とは?

メタルコードレス草刈機(充電式)は、

もっともっと切れるコードレス草刈機が欲しい!

というお客さまのご要望にお応えして作られた、
新タイプの充電式メタル(金属刃)コードレス草刈機です。

強力な金属刃で太めの茎から雑草までスパスパ刈れます。
安全性の面でも考慮して作られたフリープロテクター
(実用新案申請中)を装着していますので
安心して草刈作業が行えます。

スイッチも2重安全機構付。

80分の充電で約30分の使用が可能なコードレス草刈機です。

なお、メタルコードレス草刈機はスリムなスティック型で、
付属のベルトで肩にかけて片手でラクに取り回せます。


こうした特徴から、メタルコードレス草刈機 (充電式)は、ご家庭用の草刈機として、幅広い方(力の弱い、女性やお年寄にも)に、支持されています。





zasso















項目メタルコードレス草刈機 (充電式)の詳細
(電動機械で草刈り作業ラクラク!)
商品名メタルコードレス草刈機 (充電式)
価格○16,500円(税込)
販売業者名Sky Blue スカイブルー
(ガーデニング用品・やすらぎ生活雑貨)
商品写真
コードレス草刈機
重 量約1,6kg(2リットル入りペットボトルよりやや軽い)
電 源ご家庭用の、AC100V充電式
バッテリー80分の充電で、
約30分(コードレス)の使用が可能
備 考

■章


メタルコードレス草刈機 (充電式)の
最大の特徴は・・・



『メタルコードレス草刈機 (充電式)を、一言で言うと何?』
とたずねられたら、私はこう答えます。

『メタルコードレス草刈機 (充電式)は、
充電式・コードレスで、軽量設計の草刈機の中でも、
最強の草刈効果を発揮する、小型電動草刈機!です。

立った姿勢でラクラクに、安全に草刈りが可能です。』



ここで、最も大事な点は、

充電式・コードレスで、最強の草刈効果

であって、ケーブルで、
電源から電力を持ってきている草刈機と比べると、
やはり、パワーの面ではやや劣ります。
(ただし、草刈効果にはほとんど影響は感じられませんが。)


『は? 大広告で世間から評判の、ナイロン刃式が最強かつ安全ではないの?』と質問が聞こえてきそうですね。

ここで、ナイロン式とは、
ナイロン糸を草刈の刃として回転させ、
雑草をスパスパと切っていく方式です。


ここ(このサイト)で、はっきりとさせておきます。
ナイロン刃式は、金属刃に比べると草刈効果は低く、
かつ、ナイロン刃式が、金属刃に比べて安全だという根拠は薄い
のです。

『えっ!?ナイロン刃式は安全そうだけど・・・』


『はい、説明しましょう。
たとえ、ナイロン刃式でも、草刈機である以上、
草を刈ります。

草が刈れる以上、
ナイロン刃の指を入れても、金属刃に指を入れても
同じ様に危険なのです。


特に、ナイロン刃は、自分で長さを決められるため、
長く設定した場合は、逆に金属刃よりも危険となりえます。


なお、コードレスタイプでかつ立位で操作するタイプの
草刈機では、手の指を入れることはまずありませんし、
サンダルでも履いて草刈りをしない限り、
危険を感じることは、まずありません。』

こうした根拠から、ナイロン刃は安全という、
迷信(これこそ広告のなせる情報操作)は、
スッパリと切り捨ててくださいね。


次に、『ナイロン刃と、金属刃の違いを徹底的に比較してみました』



■章



ナイロン刃 V.S.金属刃








比較項目ナイロン刃金属刃
切れ(刈り)味
安全性指を入れれば当然危険指を入れれば当然危険
小石の飛び散らかし多い少ない
刃の消耗消耗は早い
(10枚の替刃がセットされる商品もある)
消耗は遅い
(金属なので替刃は、ほぼ必要ない)


ここで、一つひとつコメントしましょう。

○切れ(刈り)味
茎の太さの直径が約7mm以上の雑草を切る場合は、
ナイロン刃は、著しく切れ味は劣ります。

○安全性
ナイロン刃と、金属刃に差はありません。
指を入れたら、当然どちらも危険です。

○小石の飛び散らかし
ナイロン刃は、ナイロン刃の糸が地面の小石に引っかかり、
小石を飛び散らかします。
小石が足にあたるだけですので、危険はそれほど感じませんが、
気分的にはあまり。。というレベルです。

○刃の消耗
ナイロン刃は、ナイロン糸です。
このため、軟らかい雑草だけをカットしているなら、
問題ありませんが、
小石に刃が引っかかったり、太い茎をカットした場合、
すぐに刃が消耗してしまいます。


いかかでしょうか?
あまり、ナイロン刃にこだわる意味がないということが
分かったと思います。
むしろ、切れ味のよい金属刃の方が良い
思えるでしょう。


ところで、今までナイロン刃と、金属刃の比較が中心でしたが、
次に、『メタルコードレス草刈機 (充電式)』を、
草刈機全般から、幅広い目で見てみました。


■章


草刈機市場:メタルコードレス草刈機 (充電式)
以外の商品は?


草刈機市場は、次のとおり分けられます。

<プロ仕様、農家の方々のための本格草刈機>
(1)カート(車)タイプ・・・ゴルフ場などで見られます。
(2)立位エンジンタイプ・・・農家の方の、あぜ道の草刈りに。
(3)火炎放射器タイプ ・・・手ごわい雑草に。

<ご家庭用>
(1)ベビーカー似タイプ・・・よく見かける手押し車の芝刈り機
(2)立位・金属刃タイプ・・・★当該機
(3)立位・ナイロン刃タイプ・・・(2)のナイロン糸版
(4)ハンディ・金属刃タイプ・・・ハンディタイプ
(5)手動(非電動)タイプ・・・鋤(すき)に似た形状


ここでは、草刈りスペースの広さと、刈りたい草
という2つの観点から、それぞれ見て行きましょう。


『質問です。あなたの草刈りスペースの広さと、
刈りたい草はどのようなものでしょうか?』




・草刈りスペース:25mプールくらいの広さ
・刈りたい草:背丈50cm以上の雑草・芝生
→プロ仕様のいずれかを選んでください。

・草刈りスペース:20畳以上の広さ(狭いところなし)
・刈りたい草:芝生や、芝生の中の高さ20cmくらいの草
→ご家庭用の、ベビーカー似タイプ芝刈り機をお奨めします。

・草刈りスペース:6畳〜20畳の広さ(狭いところあり)
・刈りたい草:芝生、高さ20cmくらいの茂った雑草
→ご家庭用の、立位・金属刃タイプ、立位・ナイロン刃タイプ
をお奨めします。・・・当該商品


・草刈りスペース:壁沿い、50cm平方(狭いところ中心)
・刈りたい草:芝生、高さ20cmくらいの茂った雑草
→ご家庭用の、ハンディ・金属刃タイプ
をお奨めします。

・広さ、刈りたい草にこだわらず、手動で草刈りしたい方
→手動(非電動)タイプをお奨めします。


どうでしょうか、一般のご家庭のお庭を手入れするには、
ご家庭用の、立位・金属刃タイプ、立位・ナイロン刃タイプ
を一押ししている理由
が分かっていたけたでしょうか?


以上のように、ご家庭用の草刈機としてはもってこいなのですが、ここで、多少気になる点をお伝えしておきます。どんな機械でも、使う人や使い方によって、メリットもデメリットもあるのは仕方ありません。


■章



草を刈ったら、刈った草を手で回収。。。


『草を刈ったら、刈った草を手で回収。。。』
そうなんです。

『そんなの分かっているよ』ってみなさん思うかもしれません。

でも、です。草刈りの中で最も嫌なシーンなのです。

考えてみてください。
刈った後の草でも、当然虫もいますし、手も緑色の草汁で汚れるのです。
しかも、メタルコードレス草刈機 (充電式)では、
刈った後は、当然草が飛び散っており、草をかがんで回収して
回らないといけません。


『そんなの、軍手を使って袋にポイっだから、問題ないない!』

なるほど、ここはハードルと考えず、草刈りには
つき物だと、プラス思考で考えておきましょう。

ちなみに、火炎放射器タイプは刈った草を回収する必要はありませんし、
ベビーカー似タイプの芝刈り機なら、ビニールパックに草は回収されます。
(まぁ、その辺にしておきましょうか。)


以上の情報から、メタルコードレス草刈機 (充電式)を
お奨めしたい方を次に記載します。


■章


メタルコードレス草刈機 (充電式)は
こんな人にお奨め!


『充電式のためパワーはやや劣る』、
『刈った草は、手で回収するため、手が汚れる』
といった点は気にはなるものの、

やはり、
『ご家庭用の、お庭の広さにピッタリ。狭いところも刈れる!』

『コードレスなので、遠く離れても大丈夫』

『金属刃なので、ある程度の太い茎の雑草も刈れる』

といった点は、見逃せません。



これまでの情報をまとめると、



『草刈りスペース:6畳〜20畳の広さで、

刈りたい草:高さ20cmくらいの茂った雑草』



『電源から離れたところでも、草刈りが必要な方

(たとえば、町内会での草刈り当番など)』



にお奨めできます。


お手軽に、らくらく草刈りできる、メタルコードレス草刈機 (充電式)を、
是非この機会に体験してみてはいかがでしょうか?


ORDER1






耳トク市へ


mimitokunew



hanejunko2_12 at 22:59コメント(0)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ