2008年09月08日

東芝-高圧洗浄機WP-80C 効果 | 家庭用・高圧洗浄機で、外壁、車、ベランダのスピード洗浄!




高圧洗浄機





















東芝





























実はこれらの写真は、どれも高圧洗浄機で洗浄したものなんですが、
あなたは、この写真をご覧になってどう思われますか?



どの写真は、あの、いやぁ〜なカビやコケのよごれが、
吹き飛ばされていますよね。



さぞかし、繰り返して・一生懸命、高圧噴射した?
それとも、長時間・一点集中で、高圧噴射した?




いえいえ、そんな訳ではありません。


実は、高圧洗浄機をセットして、ノズルをよごれに向け、
トリガを引き、高圧噴射しただけです。



つまり、これらの写真は、
繰り返して・一生懸命・長時間・一点集中して、
高圧噴射したわけではなく、

一瞬サラッと、高圧噴射のノズルを横に流しただけなんです。


こうして、あのガンコで根強く・しぶとい
カビやコケのよごれが落とすことが出来ているのです。




ただし!

写真だけお見せして、『高圧噴射のノズルを横に流しただけで』
よごれがキレイに落ちるなんて、夢のような話しをしましたままだと、
色々と誤解してしまう方も多いでしょう。

そこで、最初に一つだけお断りしておきます。

先ほどご紹介した写真は、どれも、
このサイトで紹介する高圧洗浄機を購入され、
使った方なのです。

つまり、業界の中でも家庭用としては、高圧の威力が強い、
東芝製の高圧洗浄機を正しく使われた方
なのです。


確かに、最近、高圧洗浄機という新しい機器が、もてはやされ、
様々な機種が飛び交っていますから、「どれでも同じだろう」
なんて思ってしまっても無理はないでしょう。


しかし、私もこの商品を購入し、実際に使ってみて、
さらに他の機種も色々と仕様を確認しましたが、
「決して、どの高圧洗浄機も同じだ」とはいえないのです

要は、高圧洗浄機は、本当にピンきりなんですよ。





章



はじめまして、本宮彰将(あきまさ)と申します。



突然のご紹介で、失礼いたします。

先ほどから、いかにも、高圧洗浄機のプロの販売員のような
ことばっかり言って恐縮ですが、ただの一購入者です。

ただの一購入者ですから、あまり専門的なことも話せませんし、
ましてや、商品の仕様のことについて細かく公開したわけでも
ありません。

ただ、皆様とちょっと違うのは、こうして、「耳トク市」という
商品をご紹介するサイトを通じて、
この、高圧洗浄機のことを、皆と分かち合いたいという、
思っているだけです。

そして、自分が「これは、是非みなに教えたいな!」と
思える商品だけを、アフェリエイトしています。


信用



























詳しくは、このサイトの一番下、「関連サイト」からアクセスしてください。





さて、宣伝はこれくらいにして、次から、
東芝製 高圧洗浄機WP-80Cの特徴について、
書きたいと思います。

しばし、お付き合いいただけると、たとえ売れなくても嬉しいので、
よろしくお願いします。





章



商品(東芝-高圧洗浄機WP-80C)概要






tenuki























項目東芝-高圧洗浄機WP-80C、
7点セット付きスペシャル(WP-80CS007)の詳細
商品名東芝-高圧洗浄機WP-80C
価格○24,675円 (税込)
販売業者名HIDAKA・日高産業株式会社
商品写真
東芝・高圧洗浄機
最大圧力50HZの地域の方:5.5MPa(55bar)
60HZの地域の方:6.5MPa(65bar)
5.5MPa〜6.5MPaの圧力・・・素足に噴射すると、怪我はしないものの、強い痛みを感じる程度
重 量11kg(本体のみ)13kg(ノズル・ガンを含む)
製品寸法[長さ×幅×高さ]415mm×237mm×270mm(※)
電源コード長機外長2.5m
ホース本体ホース(12m)+ 延長ホース(8m)の計20m
備 考メーカーの1年保証付き




東芝高圧洗浄機WP-80Cは、

水道口から水道用ホースと、専用の高圧ホースをを高圧洗浄機本体につなげ、高圧ホースの先端に取り付けた、トリガガンを引くことで、

水道の圧力よりはるかに高い圧力の水を高圧噴射し、
ガンコな汚れを吹き飛ばす、
家庭用・高圧洗浄機です。


これ一台で、洗車家の周りのいろいろな場所のお掃除ができます。


この高圧噴射により、今までの典型的な掃除の流れである、
「ホースでの放水→ブラッシング→余った水の拭き取り」
が、
「高圧洗浄機で汚れを吹き飛ばす」だけとなり、
スピーディにかつ、お手軽に汚れを落せます。

なお、余分な水を使わないため、節水にも役立ちます。



さらに、高圧洗浄機の購入後に別注文が多い7点を
オプションでセットしています
(以下、特に、特徴的な3点を挙げます[写真はクリック拡大可] )。

7set_img○延長ホース8m:
本体ホースと合わせ、何と20mもの長さになる(家庭用高圧洗浄機の中では、恐らく最長)ため、いろいろな場所の洗浄が可能です。

○ウォッシュブラシ:
柔らかめブラシのため、塗装されている、車のボディーや、壁面、シャッターなどの洗浄に適しています

○パイプクリーンホース:
このホースを用いることで、下水パイプや雨どいといった箇所の洗浄が可能です。


以上のように、お手軽かつスピィーディに、洗車や家の周りの掃除ができさらに節水にも役立つため、
ご家庭用の洗浄機として幅広い層から支持されています。



章



東芝-高圧洗浄機WP-80Cの最大の特徴は・・・


(貴方)『東芝-高圧洗浄機WP-80Cの買いは、一体何?』とたずねられたら、
私は逆に質問します。

『あなたが持っている、高圧洗浄機のイメージを教えてください

どうでしょうか?少し考えてみてください。』



『大方の人は、こう答えるのではないでしょうか?』

(貴方)『水を高圧噴射することで、ガンコな汚れを吹き飛ばす。
洗車にもってこい!の、洗浄機です』


『なるほど、なるほど、大体合っていますが。。テレビショッピングのイメージが頭に、すっかりしみ込んでいますね。』


(貴方)『えっ?違うんですか?』


『ここでは、高圧洗浄機の良い点をはっきりとお伝えしましょう。せっかくこのサイトに訪れのだから。。



≪高圧洗浄機のポイント≫とは、次の3つになります。


(1)スピーディな洗浄

(2)節水での洗浄

(3)洗浄労力の軽減



キーワードは3つ:
スピーディ、節水、労力軽減です。』



(貴方)『何となく分かりますが、もう少し具体的に教えてください』


『はい。玄関を掃除したときの、洗浄について、洗浄時間、放水量、洗浄労力について、下図の通りまとめました。あくまで、私の体験と実感からまとめたものですが、大きくは間違っていない自信があります。』

洗浄時間

















『上図の通り、洗浄時間を横軸に取り、従来の洗浄と、高圧洗浄機で、玄関を掃除したときの時間を比較してみました。上が従来の洗浄で、下が高圧洗浄機での洗浄です。ちょっと、眺めてみてください。』


(貴方)『あれっ!?高圧洗浄機の方では、「ブラッシング」と「ふき取り」作業がないのですか?
さらに、放水量も高圧洗浄機が圧倒的に少ない!信じられませんね。』




『そうなんです。高圧洗浄機では、

「ブラッシング」と「ふき取り」作業は不要なんです。

この分、洗浄時間が約1/3となっています。


なぜなら、★高圧噴射によって、

ガンコな汚れがいっぺんに吹き飛んでしまうからです。




また、高圧噴射=放水量大ではなく、その逆で、高圧噴射によって、少ない放水量でも、きれいに洗浄できてしまうのです。この分、放水量が約1/5となっています。』

(貴方)『・・・。何となく、信じられませんね。』


『では、ついでですから、今からでも従来の方法で、玄関掃除をやってみてください。
どうやったって、ホースで放水したら、玄関は水びたしになるでしょう?

さらに、放水だけでは汚れが落ちないから、ブラッシングするでしょう?

水びたしの玄関は嫌だから、やっぱり水をふき取りますね。』


(貴方)『あらためて、言われると確かにそうですね。でも、ブラッシングや水のふき取りが不要だというのは驚きました。』


『そうでしょう。私も高圧洗浄機をはじめて使ってみたとき、驚きました。ちょっと感動もしました。

『次にブラッシングや水のふき取りが不要となると、洗浄労力がどれだけ軽減されるのか?について以下の図にまとめました。(これも、あくまで私の体験と実感からまとめたものです)』

洗浄労力


















(貴方)『ブラッシングと、水のふき取りが不要なら、何となく理解できます。洗浄労力1/10は、魅力的ですね。』



『そうなんです。もう一度言います。


高圧洗浄機は、


(1)スピーディな洗浄

(2)節水での洗浄

(3)洗浄労力の軽減


を実現することができるのです。』



(貴方)『いいことづくしですねぇ。でも、高圧洗浄機について、何か気になるところとかは、ないのですか?どんな良い商品でも、それなりにあるはずですよね。(興味深々)』

はい、あります。それでは、次に、私の観点から見た高圧洗浄機の気になるところについて述べます。
「全ての人の要求を満たすだけの万能な商品など、この世の中には存在しない。」というのが私の持論ですからね。』



章



高圧洗浄機の気になるところ。。(その1:購入前)


『ここでも、私からあなたに質問させてください。あなたが持っている、高圧洗浄機の気になる点(不利な点)を教えてください』

『どうでしょうか?少し考えてみてください。』


(貴方)『と言われてもなぁ。洗浄力は申し分ないし、思い当たらない。強いていうなら、


「電動だから、うるさそう」
「高圧噴射は危険では?」


くらいですかね。』


『なかなか、鋭いですね、私が高圧洗浄機を買う前にも、同じようなことを思っていました!ここでは、一つひとつ説明しましょう。』



チェック
高圧洗浄機の動作音


『まずは、高圧洗浄機の「動作音」ですが、これは、ご家庭用のドライヤーを外で使った程度の音はします。でも、あくまで外ですから、他の騒音もありますから、それほど心配するには及びません。』

(貴方)『なるほど、外の他の騒音にかき消されて、高圧洗浄機の動作音は聞こえなくなるのですね?』

『いえ、そこまでは言えません。
動作音は消えませんし、それなりの音はします。
しかし、日中その騒音によって近所迷惑になるほどではありません。


(貴方)『はい。一つ解決!です。』




チェック
高圧噴射の危険性


(貴方)『たとえば、サンダルで洗浄していた場合、素足に高圧噴射したら、大丈夫でしょうか?』

『大丈夫です。私は、ためしに素足に噴射しました。(というよりか、間違って噴射してしまったのですが。。)

当然、怪我はしませんでしたが、、、

「ずっきーンと、痛み」はありました。

これは、ズキ!とかズキン!といった痛みの表現では多少もの足りません。
やはり、「ずっきーン」と深々と痛く、3秒くらい痛みは続きました。』


(貴方)『ずっきーンと、痛み。心して注意して使いたいです。』

『そうですね、正しく地面に銃口を向ける感じで、使用すれば、足なんかには噴射されませんから、大きな問題ではないでしょうね。』

(貴方)『ところで、私から動作音や危険性について質問しただけですが、他にも何か気になる点はあるのでしょうか?教えてください。』


『あります。追加で3つほど気になる点を追加しましょう』

(貴方)『えっ!3つも気になることがあるのですか?何ですか!?』



章



高圧洗浄機の気になるところ。。(その2:購入後)


『ここでは、私が高圧洗浄機を買った後に、気になった3点について述べます。


高圧洗浄機(高圧噴射)で気になる3つとは、



(1)車のボディーや、その他塗装品には不向き

(2)ザラザラした材質(石材、金属、木材等)の
     汚れに威力を発揮


(3)格納場所によっては、出してくるのが面倒になる



になります。』



チェック
車のボディーや塗装品に不向き


(貴方)『えっ!?、聞いてないですよ!洗車に使おうと思っていたのに。。
だって、広告出しているじゃない?洗車にも有効だって。。』


『はい。車に対し、高圧洗浄機で高圧噴射すると、塗装がハゲる可能性が否定できないのです。それほど、高圧なのです。

また、広告で、車に対し高圧噴射しているシーンは、車のタイヤやホイール部分です。この箇所は何ら高圧噴射しても問題ありません(塗装なし、金属)。

さらに、東芝-高圧洗浄機WP-80C、7点セット付きスペシャル(WP-80CS007)の付属品には、ウォッシュブラシ:柔らかめブラシが付属しているので、これを使えば車を洗浄することが出来ます。

ここでは、
塗装品(車のボディーを含む)には、高圧洗浄機は使わない方が無難と覚えておいてください。』

(貴方)『はい。付属のブラシを使えばよいということで、安心しました。』



チェック
ザラザラした材質(石材、金属、木材等)の汚れに威力を発揮


(貴方)『(1)の洗車用を中心に高圧洗浄機の購入を考えていた方は、この機械はあまりお奨め出来ないという結果になりませんか。
また、ザラザラ材質に威力発揮というこの点についても考慮すると、さらにそう思ってしまいます。

ホース付きのブラシなら、ホームセンターで千円を切っていますし。


『なるほど、確かにそうですね、ここでははっきりさせておきましょう。』

『洗車(車のボディ洗い)をメイン、高圧洗浄機を使おうとしている方:
他のグッズ:洗浄機を当たってみた方が無難でしょう。だって、高圧噴射は塗装品に不向きなのですから。。』



(貴方)『では、どのような方にお奨めできるのでしょう?』

『はい。そうですね。車をメインに考えている方ではなく、
家の外まわり:外壁、外こう、玄関、ベランダ、シャッター、商店の表ドア周辺、網戸、冊子、等に、高圧洗浄機を使おうとしている方にお奨めします。』


(貴方)『ということは、アパートやマンションに住んでいて、車用に高圧洗浄機を買おうと考えていた人にとっては、、使えない?』

『う〜ん、使えないことはありませんが、使い道はかなり限定されるでしょうねぇ。』



チェック
格納場所によっては、出してくるのが面倒になる


(貴方)『確かに、「ガタイ」がごっつく、かさばりそうですね?』

『そうですね、高圧洗浄機は、高圧噴射するため、水道圧力から高圧噴射にかえる本体機が必要不可欠ですからね。この、本体機が結構大きく扱いに困りますね。』

(貴方)『一度、押入れの奥になんかに入れたら、出すのが面倒になりますね。』

『はい。この点については、高圧洗浄機全てが抱えている問題で、何とも出来ませんね。ご購入を検討される前に、必ずどこに置くのかを、検討しておいてください。

としか、言えません。が、この東芝高圧洗浄機は…(後術しましょう)』


(貴方)『そういえば、東芝高圧洗浄機で、思い出しました。高圧洗浄機全般のお話しは、よく分かりましたが、今回の東芝の高圧洗浄機の特徴がよく分かりませんでした。ポイントでも良いので、教えてください。』

『分かりました。東芝-高圧洗浄機WP-80C、7点セット付きスペシャル(WP-80CS007)の特徴を3点、次に述べましょう。』


章



東芝-高圧洗浄機WP-80Cの特徴3点について


(貴方)『これまで、高圧洗浄機について、見てきましたが、ここは東芝-高圧洗浄機WP-80Cを徹底レビューするサイトですよね?これについても、教えてください。』


『はい。東芝-高圧洗浄機WP-80C、7点セット付きスペシャル(WP-80CS007)の最大の特徴3点を上げます。




(1)水道用、高圧ホースを合わせ、

      ホース長:なんと20m標準装備



(2)洗車のためのブラッシングを標準装備


(3)縦長のコンパクト設計




になります。』

『この中でも、

ホース長20mは、

この業界でも最大長の部類に入るはずです。

私の購入した当時は、6m程度でしたから、うらやましい限りですね。(私は、後で延長ホースを別購入しました)』



(貴方)『やはり、ホースの長さは、大事でしょうか?』


はい。どの高圧洗浄機も、高圧噴射の部分については大きな差異はありません。このため、いかに標準装備が充実されているか?が大事なのです。
この中でも、特に、ホースの長さは、高圧洗浄機を活かせるか否かにかかってきます。





(貴方)『20mの感覚が分からないのですが。』


『そうですね、ここでは、高圧洗浄機で標準品として準備されている代表的ホース長、6mと、10mと、20mについて、簡単にふれておきます。

○6m:取水口の腋に車を置いて、車をギリギリ一周しての洗浄が可能です。

○10m:取水口から、2階まで悠々と届き、2階のバルコニーの洗浄まで可能です。

○20m:取水口から、戸建ての家の周りをグルッと回っての洗浄や、左右10台ずつ車が置いてある駐車場の端まで届きます。

要は、ホースは長いに、こしたことがありません。』





(貴方)『ブラシについては、車洗浄用として、先に述べられていたので、いいです。ここでは、コンパクト設計について、教えてください。』

『はい。他の高圧洗浄機は、横長タイプが主流です。横長タイプとはいえ、そうですね、大体胸の前で両手で輪を作った程度の大きさよりかは小さいですが。
ところで、この東芝-高圧洗浄機WP-80Cといえば、縦長なんです。
イメージとしては、ペットボトルを一回り大きくした大きさの本体機を置いた感じでしょうか?』

(貴方)『なるほど、分かりました。横長と縦長では、置くスペースの占める割合が縦長の方が断然少ないため、場所を取らんないのですね?』

『ということですね。さて、そろそろ、まとめに入りましょう。』



章


東芝-高圧洗浄機WP-80Cを、次のような方に、是非お奨めします。


『次のような方に、是非お奨めしたいですね。』

『(1)あくまで家の外まわりの洗浄をメインに考えている方。(車や塗装品の洗浄をメインで考えていない方)』

『(2)お店をやっていて、
入り口やシャッターをキレイにしたい方』


『(3)一戸建てに住んでいる方、あるいは、マンションやアパートでも外界に接する部分の洗浄を考えている方』


『是非、スピーディに、節水で、ラクラク洗浄出来る、東芝-高圧洗浄機WP-80Cを体験してみてはいかがでしょうか?

ご清聴ありがとうございました。』


ORDER1






耳トク市へ


mimitokunew






hanejunko2_22 at 23:04コメント(0)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ