2008年09月08日

マジックホース効果 | 電気不要/水道[蛇口]不要な「散水・給水・洗車用ホース」


マジックホース( 電気不要/水道[蛇口]不要なホース)の商品概要


○マジックホース( 電気不要/水道[蛇口]不要なホース)とは?

マジックホースとは、電気不要水道蛇口]不要な、
散水洗車給水用ホースです。

バケツに水をはり、ホース先端の弁をバケツに入れ、上下に振ることで、
ホースの先端から入ってきた水が逆流せず、
いつでも綺麗な水がブラシから出て掃除が出来ます。

マジックホースは、水が低いところから高いところでも
出てくる仕組みになっています。


このため、放水の際は、電気も水道[蛇口]も不要です。


電気と水道[蛇口]にしばられないため、
ベランダでも車庫でも庭の片隅でも、広範囲に渡り
ササッとラクラクお掃除できます。



以上のように、お手軽に、散水が伴う掃除ができ、
さらに、水が出しっぱなしにならず、節水にも役立つため、
ご家庭用の掃除用・散水用ホースとして
幅広い層から支持されています。






散水、放水、給水、洗車ホース















項目マジックホース( 電気不要/水道[蛇口]不要なホース)の詳細
商品名マジックホース
価格○4,980円 (税込)
販売業者名通販市場
商品写真
マジックホース(散水)2
重 量約760g(パーツ含む)
ホース長約2.7m
備 品ホース、延長ホース、ブラシ、シャワーヘッド、ガラス用ワイパー、吸水布

■マジックホース( 電気不要/水道[蛇口]不要なホース)の最大の特徴は・・・


『マジックホースの買いは、一体何?』とたずねられたら、
私はとりあえず、次の3点を特長として挙げます。

それは、
(1)どこまでも移動可能
(2)(1)により、広範囲に渡る掃除が可能
(3)(1)により、多種な箇所の掃除が可能

という点になります。

・まず、(1)ですが、バケツに水を入れ、
マジックホースを持ち運ぶだけで、
どこでも放水が可能になります。

電動ポンプではありませんので、電源は不要です。
また、水圧も必要ないので、水道・蛇口も不要です。

つまり、マジックホースは、振ることで、
水をくみ上げるのです。簡単に言えば、「手動」放水
出来ます。


この部分が、マジックと呼ばれる部分でしょう。


このマジックのタネですが、
マジックホースには、逆流防止弁が付いており
バケツ側のホースの口から入ってきた水が逆流せず、
ホースの先端(ヘッド)から放水される仕組みによるもの
です。


・次に、(2)の「広範囲に渡る掃除が可能」と、
(3)の「多種な場所の掃除が可能」については、

マジックホースで移動し掃除することにより、
今まで手が回らなかった、(手が行き届かなかった)部分の
汚れを掃除することが出来る
ようになります。

あるいは、今まで見逃していた部分も、
新たに発見することが、出来る
かもしれません。


次に、実際のマジックホースの効果について、
「使用方法(製品の説明書)」から見てみましょう。




■マジックホース( 電気不要/水道[蛇口]不要なホース)の効果


使用方法(製品の説明書)から、一部略し、抜粋してみました。


●使用方法:
 1.水を張ったバケツにホース先端にアタッチメントを取り付けます。
 2.ホースの逆流防止用弁が付いている側をバケツにいれ、
   水中で約30〜40秒すばやくタテ方向に振ります。
 3.ホースの約半分まで水位が上がったら、バケツ用固定クリップを
   縁にとめ、バケツとホースを固定します。
 ※なるべく逆流防止弁が深い位置に来るように調整してください。
 4.ホースを地面に置いて、ホース内の水位が先端に届くのを
   待ちます。
 ※バケツを一度持ち上げる、あるいは高いところに置くと水位が
   上がりやすくなります。
 5.ヘッドから水が出てきたら準備完了!
 ※ホース内の水が先端から出てくる前にホースを持ち上げると
   上手く水が出てこないのでご注意ください。
●注意事項
 ・水が出にくい場合、バケツは高いところに置くと
   水が途切れにくく使用可能です。
 ・ホース内に水が満たされていないと振っても
   水は出てきません。
  水位が下がるのを防ぐには、使用していない時は地面に置くか、
   バケツにヘッドを入れておくのが効果的です。




ちょっと、不明と思われる部分だけ追記します。

3.の、「バケツ用固定クリップを縁にとめ」とは、
バケツ側のホースの先端を、バケツ内の水に入れた状態に
保つためにする
ことです。

「なるべく逆流防止弁が深い位置に来るように調整してください。」とは、
ホース先端の逆流防止弁が、バケツの水の底近くに来るように
調整することです。


この使用方法に従うことで、電気も水道[蛇口]も不要なのに、
ホースの先端(ヘッド)側から、放水できる効果を得られます。


次に、実際に使ってみた感想について書きます。
一部、マジックホースの気になる点についてもふれますが、
これは、マジックホースという商品の特性を深く理解して
いただくためなので、ご理解ください。




■マジックホースを実際に使ってみた感想(気になる点)


『マジックホースを実際に使ってみた感想(気になる点)は?』
とたずねられたら、私はまず、次の3点を挙げます。

それは、
(1)持ち運可能といっても、バケツの水も一緒
(2)ホースを振るのは疲れる
(3)放水パワーは弱め

という点でしょうか、次にそれぞれについて細かく述べます。


・まず、(1)ですが、マジックホースは、
確かに広範囲に渡る、多種な箇所の水洗い掃除が可能ですが、
水を入れたバケツも一緒に掃除場所にもって行かなければなりません。

「なぁに、バケツに水を入れて持っていくだけなら問題ない」と、
おっしゃられる方もいるかもしれませんが、
これだけはお伝えします。

マジックホースがちゃんと放水効果を発揮するには、
バケツの水の量は、半分以上を確保する必要があるのです。

すなわち、バケツの半分以下の水になると、
バケツの水の中で、ホースの先端(逆流防止弁)を
思う存分に振ることができなくなるため、

徐々に放水パワーが落ちてきてしまうのです。

このため、バケツに満タン水すべてをマジックホースで
放水することは出来ず、やや、放水効果は落ちるといえます。


掃除のスペースにもよりますが、
何回かバケツの水をくんでくることを前提に
お使いください。



・次に、(2)の「振るのが疲れる」についてですが、
力を入れず、スムーズに上下させるのがポイントです。

ですが、ある意味、
バケツ側のホースの先端を振った分だけしか、
放水されません。


このため、広いスペースに渡り放水する際は、
多少、この「振る作業」の覚悟が必要です。

2岼米發痢狭い範囲の放水には問題ありませんが。。


・最後に、(3)の「放水パワーは弱め」ですが、
これは、実際の放水は、チョロチョロ水が出るという感じが
表現として正しいでしょう。

ご家庭用のシャワーのようには、勢いよくは放水できません。

そうですね、感覚としては、
45度下向きの角度で、シャワーのヘッドを持ち放水すると、
最大の放水到達距離は、40cm程度くらいでしょうか?


ご家庭のシャワーは1mくらいですから、
放水パワーはやや弱いといえます。

このため、数屬箸い辰拭
広いスペースをいっぺんに放水しようというご要望は、
残念ですが叶えられそうにありません。


ある程度、マジックホースとバケツを移動して
放水するように心がければ、問題ありません。


以上の情報から、マジックホースはどのような方にお奨めできるか
次に、まとめていました。


■マジックホースはこんな人にお奨め!


『移動時は、バケツの水も一緒』、『ホースを振るのは疲れる』、『放水パワーは弱め』という点は気にはなるものの、

マジックホースを使ってみての感想としては、圧倒的に、
『広範囲に渡り、マジックホースで放水が出来るようになった』
『掃除の範囲が広がった』、『汚れた場所を新たに発見し、掃除することが出来た』
といった感想や意見の方が優勢です。


ところで、皆様が一番気になるのは、
放水パワーが弱い点と思います。

これは、マジックホースは手動でなのですから、
電動ポンプや、水道(蛇口)からの水圧には劣るのは仕方がない。

それよりも、マジックホースでの掃除範囲を広げる可能性を
実感出来ることを、認識していただけると、
私としてもマジックホースを紹介した意義があります。



これまでの情報をまとめると、マジックホースは、次のような方に
特に、お奨め出来ます。




『マジックホースで、広範囲に渡る

様々なものをキレイにしたい方』


『家のまわりに、屋外電源や水道[蛇口]がない方』



『芝生などの、広い範囲への放水ではなく、

2崢度といった狭い範囲※に放水したい方』

※自転車、自動車、玄関、外壁、ベランダ、網戸



『広い範囲の放水機では、届かない箇所を

掃除するための補助的放水機として

マジックホースを考えたい方』


など、キレイにした箇所が多くあるのは分かっているが、
なかなか今まで手が届かなかった方にお奨め出来ます



是非この機会にマジックホースを体験してみてはいかがでしょうか?


ORDER1






耳トク市へ


mimitokunew


hanejunko2_71 at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ