2008年09月08日

マイプラント(和光電研)効果|室内用・観葉植物の育成用ランプ



マイプラント(和光電研)|室内用・観葉植物の育成用ランプの商品概要


○マイプラント(和光電研)|室内用・観葉植物の育成用ランプとは?

マイプラント(和光電研)とは、光合成に有効な、赤色LED青色LEDをライトとし照射することで、理想的な光合成の状況をサポートするLEDスタンドです!

・マイプラントなら室内でも日光浴しているような気分(※1)になります。
・タイマー設定(※2)も行え、自動消灯/点灯するので大変便利です。
・自由に配置していただけますから、室内など太陽光の入りにくい
場所でも大丈夫です。

※1、和光電研のマイプラントは、12個のLEDを搭載
赤色LEDが10個、中心部に青色LEDが2個の計12個です。

※2、連続/10時間/12時間/14時間の4設定が可能なタイマー機能付き

また、季節に合った日照時間の設定もでき、
モードを選択していただくことにより、
自動的に消灯/点灯を繰り返します。


このため、太陽光が入りにくい場所で植物を育てたい方や、
室内の観葉植物の育成を考えている方に、幅広く支持されています。






マイプラントキャッチフレーズ



















項目マイプラント・太陽光に替わる優しい光!の詳細
商品名マイプラント
価格○4,980円 (税込)
メーカ○和光電研株式会社
販売業者名楽しい生活のお手伝い・快適生活
商品写真
MyPlant_001
写真クリックで拡大可能
備 考

■マイプラント(和光電研)|室内用・観葉植物の育成用ランプの最大の特徴は・・・


『マイプラントの買いは、一体何?』とたずねられたら、
私はとりあえず、次の3点を特長として挙げます。


(1)赤と青のLEDの光で、植物の光合成をサポート
(2)小型で持ち運びが楽で、向きを色々と変えられる
(3)国内メーカ(和光電研株式会社)製のライト


ですね。一つひとつご紹介しましょう。



・まずは、(1)は、マイプラントの最大の特徴です。
マイプラントの赤と青のLEDの光で、
植物の光合成をサポート
することです。

これにより、室内(日かげ、日の当たらない場所)での、
観葉植物の育成に効果を発揮します。
(実際の効果については、次章でご紹介しましょう。)

今までの、室内・観葉植物は、枯れるのが当たり前で、
枯れたら新しいのを買えば良いという考えを、
マイプラントで改めることになると思います。

室内の植物は、陽に当ててないから枯れても仕方ない
という、「人間本位の考えを捨ててください。」


・次に、(2)ですが、マイプラントが小型であることが
なぜ特徴として挙げられるのか、「ピン」と来ないと思います。

実は、これは、非常に大事なのです。

考えてみてください。

「皆さんは、ご自分の家の中に、一度置いた観葉植物の
位置をわざわざ変えますか?」


たまに、水をあげるためにお風呂場や、あるいは、
陽の光に当てるために、窓際やベランダに置くくらいが
せいぜいで、ほとんど移動させないのが普通でなのです。

ということは、観葉植物は動かさずに、
マイプラントの方を移動させたり、
ライトの向きを変えたりすることが
もっとも便利なのです。


→だから、マイプラントは小型で、軽量なのです。
(実際のところ、コンパクト過ぎて大丈夫?って感じですが。)


・最後に、(3)の、国内メーカ(和光電研株式会社)製のライト
であることについても、さっぱりだと思われるかもしれません。

私も様々な商品を見て来ましたが、
「これさえ使えば、今日からあなたも○○です!」
「これさえ使えば、今日から簡単に○○出来ます!」
「世界初、驚きの○○効果!」
といった、驚きの新商品は、結構、外国製(※)のものが
多いのです。

(※)中国製、台湾製、韓国製といったものです。

外国製が悪いといっているのではありませんが、
やはり、日本国内での開発や、品質保証といった、
レッテルは、いまだに信用がおけるものなのです。


私のご紹介する商品でも、圧倒的に、日本製が売れていますし、
メイドインジャパンは、まだまだ現役なんですね。
と、つくづく実感させられます。

マイプラントは、日本製だから、私も力を入れてご紹介
する気になりました。


さて、特徴は当然いいことだらけですが、実際の効果の程は、
どうでしょうか?
メーカの紹介文と、実際の使用者の声を交え
次にご紹介します。



■マイプラント(和光電研)の効果は?


まずは、和光電研株式会社(マイプラントのメーカ)の、
サイトにあった情報を提供しましょう。

まずは、何も情報を入れずに、動画1、動画2を
ご覧ください。



動画1:ハイビスカス2ヶ月育成記録

動画2:ランタナ一ヶ月育成記録





どうでしょうか?
マイプラントのライトを当てた側の植物は、
いずれも花が立派に咲き、最後まで枯れていません。
驚かれると思います。

なぜ、なぜ、生育状態がよく、かつ枯れないのか?
メーカのサイトの次の質疑(自問自答でしょうが。。)の
文章をご紹介しましょう。



≪質問≫マイプラントはなぜ赤色LEDと青色LEDの組み合わせなのでしょうか?

≪回答≫マイプラントは太陽光が入りにくい場所で植物を育てる=光合成に有効な光を照射する照明です。
植物の葉緑素のところで光合成を行いますが、葉緑素は太陽光の中で赤色の光と青色の光を吸収してその他の光(緑色)は反射します。そのため葉っぱは緑色に見えるわけです。
この吸収される赤色と青色の光だけをLED光として照射するので効率的でほとんど熱を発生させずに光合成ができます。



≪質問≫赤色LEDと青色LEDの役目は同じでしょうか?

≪回答≫赤色光は光合成に最も有効な光で、植物が日照時間で季節を感じて開花や結実時期に影響する光です。
青色光は赤色に次いで光合成に有効で、形態形成にも大きく影響する光です。




「なるほど、納得!赤色と青色のLEDで、光合成か!
良し買ったっ!!」
となる方は幸せ者です。

誰もが、本当なのか?と思うでしょうね。。


そこで、次に、実際に使ってみた方の意見をご紹介しましょう。

皆が口をそろえての意見ですが、

・効果があるのか、良くわからない
・実際の効果のほどは未知数
というものが、ほとんどです。

これには3つの理由があります。
/∧の成長は、極めてゆっくりである
⊃∧の育成の比較実験を、家でわざわざ行わない
マイプラントを、一ヶ月も毎日当て続ける人はいない

すなわち、メーカのハイビスカスやランタナの実験は、
個人でわざわざやらない
からなのです。


また、効果があっても/なくても、単なる自己満足にしか過ぎませんし、たとえ、全く効果がなくても、値段も驚くほど高くないので、
あえて公言するまでにも至らないのでしょう。



★ならば、ここで、私から公言しましょう。★

≪実験1≫
暗い玄関で、
マイプラントの光を当てた植物と、
マイプラントの光を当てない植物の成長を比較

≪実験1の結果≫
正直、メーカの動画までの、大きな成長の差は、
見られなかった。わずかの差であった。


≪実験2≫
夜マイプラントの光をあて、日中は窓際に置いた植物と、
日中は窓際に置いた植物の成長を比較

≪実験2の結果≫
この結果には、正直驚きました。
夜は、18:00頃〜24:00頃まで、
毎日マイプラントの光を当てました。

マイプラントの光を当てた方の成長と、
マイプラントの光を当てない方には差が
はっきりと出ました。

マイプラントの光を当てない方は、花が7輪咲きました、
マイプラントの光を当てた方は、花が16輪も咲いたのです。


また、マイプラントの光を当てた方は、
葉っぱも青々と緑色が深く、つややかで、
見た目も全く違いました。

植物は、日中の光にさらに追加して、
夜に人工的な光を当てると、
その潜在能力を発揮する
ものだと
思いました。


≪結論≫

植物は、日中の陽の光はやっぱり必要で、

マイプラントだけでは多少もの足りない。


日中出かける際に窓際に移動させ陽の光を当て、

夜に、マイプラントの光を補助的に当てると、

より高い、植物育成効果が見られる。



という、ところでしょう。


次に、
・効果があるのか、良くわからない
・実際の効果のほどは未知数
といった以外の、マイプラントに寄せての、
感想や気になる点を、取り上げたいと思います。
(マイプラントを少しでも深く理解していただければ
商品を紹介した甲斐があります。)



■マイプラントに寄せての、感想や気になる点


マイプラントに寄せての、
感想や気になる点は、次の3点が圧倒的大多数を占めます。

(1)作りに、やや安っぽさが感じられる
(2)色が、妖しい(あやしい)感じ
(3)植物にライトの向きをあわせるのが面倒



・まず、(1)ですが、これについては、
小型であるための利点を挙げさせていただいたとおりです。

私が実際に使ってみた感じでは、特に気になりませんし、
「むしろ、今以上に、大型で重かったとしたら、
移動したり、ライトの向きを変えてまで、
植物に光を当てようと思わないだろうな」

というところが、正直なところです。


・次に(2)ですが、夜は窓際にカーテンを
しているわけで、マイプラントの光はまず漏れませんよ。

昼間は、陽の光の方が明るく、まったくマイプラントの
光が外に漏れることなんてありません。

だから、この「妖しい」という意見は、
外の人に対してではなく、
自分が、マイプラントの光を妖しく思える
といった、ところでしょう。


・最後に(3)ですが、これはちょっとありますね。

マイプラントのライトの首をクルクルまわして向きを
あわせるのはちょっと一苦労です。

むしろ、マイプラント全体を動かして、
植物に適切な角度で光が当たるように調整してください。




最後に、以上のような情報を踏まえ、どのような方に、
マイプラントをお奨めできるのか
について、
ご案内しましょう。



■マイプラントは、こんな人にお奨め!


人によっては、『作りに、やや安っぽさが感じられる』、『色が、妖しい(あやしい)』、といった意見や、『向きを合わせるのが面倒』といった点、または『ゆっくりとした効果のためはっきり効果が分からない』といった意見は気になるものの、

やはり、多くのユーザが挙げている
『光を当てないよりかは、いくぶんか成長が早い』という意見や、
私の体験のように、『陽の光と、夜マイプラントの光を当てると驚くべき成長が見られる』
という点は、見逃せないと思います。


これまでの情報をまとめると、



『なんといっても、室内での観葉植物が好きな方』

『暗い室内や、暗い場所で、植物を育てたい方』


『夜、補助的にマイプラントの光を当てることで、
家の中で観葉植物を、立派に育てたい方

(陽の光と併用していただければ、
その効果は、はっきりと分かります)』


といった、方にお奨めできます。


是非この機会にマイプラントを体験してみてはいかがでしょうか?

ORDER1






耳トク市へ


mimitokunew

hanejunko3_1 at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ