芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」

ヨルク・シュマイサー展の会期も残すところ数日、遅ればせながらイベントのご報告です。

Mr Kurosaki
 
10月20日に開催したのは、木版画家の黒崎彰氏による講演会「シュマイサーと日本」。
黒崎彰氏は日本を代表する木版画家で、版画史家としても多くの著作があります。
1968年に京都に留学したシュマイサーが、木版画の師を求めるうちに出会ったのが黒崎氏でした。シュマイサーに日本文化理解の扉を開いた存在といえるでしょう。
 
黒崎氏が注目したのは作品に書かれた文字。「日記」シリーズが示すように、画中に書かれる文章はシュマイサー作品の大きな特長です。

とりあげた作品は3点。
木版「Exile’s Letter(李白)から」とエッチング「韓国の旅」。どちらも1969年とごく初期の作品です。
  
serigaya001 serigaya002

そして「日記とアンコール」(2007年)
 
無題

1969年作の2点は今回の展覧会には出品されていません。おそらく刷り部数も少ない貴重な作品です。
黒崎氏ご所蔵の作品を持って来られ、「版画は手に取って見ないと」と、なんと回覧!


回覧

「韓国の旅」に書き込まれているのは、地名や日付、文章もごくごく短いもの。
その後、文字が画面に占める割合は大きくなり、造形的な要素としても重要な役割を演じるようになっていきます。

そして文字である以上は、そこに記された内容にも意味があるはず、この文章は読まれることを前提にして書かれている、と黒崎氏は言います。その一例として「日記とアンコール」の文章の冒頭部を判読して下さいました!

アンコールワットを描いた作品の文章が「御所は素晴らしい秋の色に輝いている」で始まるとは意外です。シュマイサーが現地を訪ねたのは2003年ですが、この作品は2007年、京都で暮らしていた時期に制作されており、文章がまさに「日記」であることが分かります。この先を読み進めれば、制作の状況や作品にこめた思いなど、さまざまな事実が浮かび上がってくるに違いありません。

木版を学ぶために来日したシュマイサーでしたが、二組の版画集を制作したのちは、この技法に取り組むことはありませんでした。黒崎氏がその理由としてあげたのが、木版で文字を彫ることの困難さです。文字を重要な表現手段と考えるシュマイサーに適していたのは、線の表現であるエッチングだったのです。

版画史家でもある黒崎氏は実際の作品を丁寧に読み解き、わかりやすく論を進めて下さいました。それとともに強く感じたのは、それぞれの作品にむける細やかなまなざしです。おふたりの長い交友と、黒崎氏の温かな人柄がよくあらわれたご講演でした。

「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy ! Art !

美術を愛する人々の交流の輪を広げることを目的に、
国際版画美術館開館30周年、友の会設立20周年にあたる今年度は
「 enjoy !  Art ! 」をテーマに10月6日(土)・7日(日)、美術館内と前庭で開催しました。
2日間とも多くのお客様でにぎわいました。

P1190716
      
前庭では「チャリティ・アートバザール」
「玉川大学による参加型アートイベント『トビタツ木ノ実』~夢が実る秋のトリカゴ~」
などを行いました。

チャリティ・アートバザール
P1190782 P1190777

市内外のアート系団体が、自作の絵画・版画・陶芸・手工芸品・ガラスなどを展示・販売し、売り上げの10%を町田市社会福祉協議会に寄付します。


玉川大学による参加型アートイベント「トビタツ木ノ実」~夢が実る秋のトリカゴ~ 
DSC01225 P1190773

P1190708

巨大な鳥カゴにつるされている袋の中から鳥のプレートを取り出し、木の実や木の葉で装飾。
実らせたい夢をカードに書いて鳥カゴに結びます。
参加者には玉川大学で開発された黄色いコスモスの種をプレゼントしました。
自然に親しみ、自然を拡散するためのイベントです。


講堂では
「桜美林大学による親子で楽しめるアートワークショップ『日本さん家のお隣さん』
~お隣さんのアートワークショップ~」などを行いました。 
P1190721 P1190683

P1190725

中国、台湾、朝鮮半島、ロシアの文化にちなんだ作品を作ったり、
民族衣装の試着体験や、
韓国やインドのすごろくで遊んだり。
異文化交流が楽しめるワークショップでした。


美術館内エントランスホールでは「木版画摺り体験」「ゆうゆうプロムナードコンサート」
「ポスターデザイン原画展示&表彰式」などを行いました。

木版画摺り体験
P1190671 DSC01144

友の会会員の指導のもと「多色摺り木版画」を体験。
子どもたちから大人まで楽しめる時間になりました。


ゆうゆうプロムナードコンサート~虹をかけて
Duo Iris(デュオ・イリス)
ヴァイオリン:真野 謡子(まの ようこ)氏  /  ピアノ:後藤 加奈(ごとう かな)氏
DSC01174 DSC01168

ヴァイオリンとピアノの美しい調べが館内に響き渡り、
またひとつ芸術の秋が深まったかのようです。


ポスターデザイン原画展示&表彰式
デザイン審査委員長:浅井 竜介(あさい りゅうすけ) 氏
DSC01208 P1190649

「まつり広報用ポスター」に応募いただいた全作品を展示するとともに、
審査委員長による講評、各賞の授与に加え、指導者のご挨拶をいただきました。
 
美術館内アトリエでは
「キッズ・アートスペース~たった1つのマイバッグ!」を行いました。
P1190704


DSC01142 DSC01221

友の会が用意した様々な版や型紙の中から、
好きなものを選び
消しゴム版画やステンシルで
無地の布バッグに装飾していきます。
世界でたった1つの自分だけのマイバッグができました。

さて、美術館では今後とも楽しいイベントを行う予定です。
企画展「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅(会期:2018年11月18日まで)」
関連イベントだけでなく、
現在企画中のイベントもあります。
詳細が決まりましたらHPや
時々チェックしてみてください。
       



特別ギャラリートーク「シュマイサーが訪ねた地・アーネムランド」においでください

オーストラリア北部アーネムランド。白人の入植がなかったことから、オーストラリアのなかでも先住民アボリジニの伝統的文化を色濃く残す地です。

1976年にオーストラリアを初めて訪ねたシュマイサーはアーネムランドに足をのばしました。この時からアボリジニ・アートに関心をもったのでしょうか、現代アボリジニ・アートの歴史において、シュマイサーは先住民アーティストに最初に銅版画技法を教えた指導者のひとりであることが指摘されています。

2010年、シュマイサーは東アーネムランドのブルーマッド湾で行われた、先住民美術家とオーストラリアの代表的アーティストによる共同版画制作プロジェクト「ジャルキリ」に参加しました。
http://www.nomadart.com.au/documents/DjalkiriFolioBoxWorks.pdf

092_1_JS660_Beachbits_Coral Fragments_NGA092-4


この体験から生まれた『イルパラ海岸のかけら』連作は、シュマイサーが最後の情熱を注いだ大作です。版画に手彩色とドローイングを加え、少なくとも15点のバリエーションを制作、本展ではそのうちの4点を展示しています。生命の喜びあふれるこの作品を見ると、翌年にシュマイサーが世を去ったとは信じがたいものがあります。それはアーネムランドという場所がもつ力から生まれたものだったのでしょうか?

11月4日(日)14時から開催する特別ギャラリートーク「シュマイサーが訪ねた地・アーネムランド」でお話くださるのは、文化人類学者の窪田幸子氏。現地の調査を通して、アーネムランドに暮らすアボリジニのヨルング族の研究をされています。アボリジニ・アートへの造詣も深い窪田氏に、シュマイサーの制作に最後の輝きを与えたこの地の魅力をお話いただきます。ぜひご参加下さい。



ギャラリー
  • 黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」
  • 黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」
  • 黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」
  • 黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」
  • 黒崎彰氏講演会「シュマイサーと日本」
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
  • 「ゆうゆう版画美術館まつり」でenjoy !  Art !
記事検索
プロフィール

hanga_museum

QRコード
QRコード