芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

公園内の野外彫刻をピカピカに!

暑い日が続きますね。
芹ヶ谷公園には水浴びに来た子どもたちの元気な声が響き渡っています。

子どもたちが遊んでいるすぐ近くには、野外彫刻があることをご存知でしょうか。
この夏、版画美術館で博物館学実習を受けた学生の方々と一緒に野外彫刻の清掃を行いました。

DSC07979
高橋清《開かれた宇宙》(1990年)


町田市在住の彫刻家・高橋清による作品です。
不思議な形は、作家が長く住んだメキシコで目にした古代文明の造形に着想を得ています。
実習生が熱心に水拭きしてくれたおかげで素材の黒御影石が持つ本来の黒さが際立ち、
形の面白さが感じ取りやすくなりました!

DSC07987
井上武吉《my sky hole 88-4》(1988年)


芹ヶ谷公園に町田街道側入口から来ると目に入るこの銀色の球体。
見覚えのある方も多いのではないでしょうか。
作者の井上武吉は箱根彫刻の森美術館を設計したことでも知られる世界的な彫刻家で、
「my sky hole」
の連作は代表的なシリーズのひとつです。
こちらも清掃のおかげでステンレスが輝きを取り戻し、
周囲の風景をより鮮やかに映すようになりました!


DSC07991

ちなみに子どもたちの水浴び場になっているこの噴水も、実は彫刻作品です。
作者は彫刻家で版画作品も数多く制作した飯田善國で、
《彫刻噴水・シーソー(虹と水の広場)》(1988年)というタイトルがついています。
実習生のなかにも子どもの頃ここで水遊びをしたことがあり、思い出深く感じている方もいました。

美術館にお越しの際は、ぜひこれらの野外彫刻にも目を留めていってくださいね!


 

『オリジナル化石』を見に来てね!

7月23、24日におこなわれた夏期子ども講座
「版画でオリジナル化石をつくってみよう!2016」で
今年も東京学芸大学の学生と一緒に、小学3~6年生20名が楽しく作品をつくりました。

 16アトリエの様子16プレス
講座の様子)


そして、新たな『オリジナル化石』が誕生しました!
版から石膏をはずすドキドキ感、出来上がりを初めて目にする新鮮な感動、
子ども達の素直な反応に、学生たちも思わずにっこりです。

16石膏と銅版16石膏と銅版2-2


版は凹版(銅版画)技法でつくっているので、紙にも印刷しました。
同じ版でもインクの色を変えると作品の印象が変わって見える、
そんな楽しさも味わいました。

16銅版と紙

かっこいい&素敵な作品をぜひ多くの方に見ていただきたい!
ということで、
展覧会をします。
受講生の作品のほかに、指導にあたった学生が制作した版画作品も展示します。
今年新たに生まれた『オリジナル化石』たちをどうぞご高覧下さい!


*************************
「版画でオリジナル化石をつくってみよう!2016」展
会期 2016年8月9日(火)~14日(日)
時間 午前10時から午後5時まで(8/9は午後1時から開場。8/14は午後1時まで)
会場 町田市立国際版画美術館・市民展示室B室 

 


謎解き?かっぱ?夏休みは美術館へ行こう。

楽しい夏休みがやってきました。皆さん、夏のご予定はお決まりですか?
プールや、海も素敵ですが、涼しい美術館でホッと一息すごしませんか?

美術館では、夏休みに来館した皆さんに楽しんでもらえるように
開催中の3つの展覧会それぞれに謎解きカードを用意しました。
対象となる展覧会は      
カードの内容は小中学生を対象としていますが、
展覧会を観に来た方はどなたでもご参加いただけます。
各展示室の入口にありますので、お気軽にご参加ください。(8月31日まで)

card

どんな謎かは美術館に来てのお楽しみ♪

カードの裏には、答えと一緒に鑑賞をより楽しめるアドバイスも載っています。
引き続き、展覧会を楽しんでくださいね。

stampkids

そして、このカードの裏には「スタンプ」を押すスペースがあります。
美術館1階のイベントコーナーのスタンプを押してお持ち帰りください。

minibook

イベントコーナーにあるアンケートに答えると、
美術館のこと、版画のことを楽しく知ることができる
ミニブック「町田市立国際版画美術館ってなあに?/版画ってなあに?」をプレゼントします。
夏休みの宿題にお役立てください。(数に限りがございます。)

7月30日(土)には、
「夏休み★わくわく版画体験イベント 合羽版(かっぱばん)でカードをつくろう!!」
も実施します!詳しくはこちら。

型紙は女子美術大学の学生さんが作ります。どんな型紙なのかとても楽しみですね。

また、8月20日(土)には
「子ども講座① プレス機をまわして版画を刷ろう!」が開催されます。
美術館にある大きなプレス機という機械をまわして版画を刷ります。
この講座は事前申し込み制です。詳しくはこちらのページの「子ども講座①」をご覧ください。
                  
皆様のご来館お待ちしています。



livedoor プロフィール
QRコード
QRコード