芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

2011年09月

銅版画1日教室(エッチング)を開催しました

9月16日金曜日に当館の版画工房で銅版画1日教室を開催しました。
今回は銅版画の中でも人気の高いエッチング技法です。
受講生のほとんどが銅版画初挑戦の方ばかりでしたが、皆さん下絵を用意して期待を胸にご参加くださいました。

はじめに講師の馬場知子先生から銅版画の技法について説明を受け、各自の制作に入ります。
先生にアドバイスをいただいて版への描画が完成すると、いよいよ腐蝕(エッチング)の開始です。
数十分後、腐蝕液から出した版のグランドを落とし、版にインクを詰めて拭き上げ、版と紙をプレスして完成!
プレス機から紙をめくりあげる瞬間は、ドキドキと感動に工房が包まれます。

制作風景制作後の作品鑑賞
制作風景(左)と制作後の作品鑑賞(右)

出来上がった作品をテーブルに並べての作品鑑賞も楽しみのひとつです。
皆さん初めてとは思えない、とても素敵な作品をお作りになりました。
教室は拍手と共に終了し、「またやってみたい」「楽しかった」という声と笑顔をいただきました。

次回の銅版画1日教室はメゾチントです。2012年2/3(金)に開催いたします。
皆さんも参加してみませんか?
お申込みはこちらをご覧下さい。

『東海道五拾三次』「日本橋」を展示しました!

お蔭さまで好評の「日本縦断!版画の旅 ―版画でめぐる風景と名物―」展。
会期は9月6日より後半に入り、浮世絵15点を展示替えしました。
大人気の歌川広重『東海道五拾三次』(保永堂版)も、新しい作品が3点展示されています。

『東海道五拾三次』(保永堂版)

中でもおなじみの作品が、「日本橋 朝之景」です。

日本橋

舞台は現在の東京都中央区。澄みきった朝の空気の中、大名行列がおごそかに日本橋を渡り、こちらに向かってきます。手前では、魚屋たちが道を譲るかのように左方へ歩を進めています。55枚セットという大作の冒頭にふさわしい、緊張感に富む画面構成です。

この空間でいい味を出しているのが、橋のたもとで遊ぶ2匹の犬たちです。

犬

犬たちは可愛らしいしぐさで、大名行列がかもし出すピリッとした空気をやわらげています。この部分を隠してみてください。作品の見え方はまるで変わってしまいます。犬たちがいかに重要な役割を演じているかがわかります。

緊張と緩和のバランス、これは『東海道五拾三次』の大きな見どころです。ぜひご注目ください!

ギャラリー
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 「浮世絵モダーン」展、準備中!
  • 希望、未来、目標!小学校書写展が始まりました。
  • 希望、未来、目標!小学校書写展が始まりました。
  • 希望、未来、目標!小学校書写展が始まりました。
  • 希望、未来、目標!小学校書写展が始まりました。
  • 元気いっぱい!小学校図画工作展が開催中です。
  • 元気いっぱい!小学校図画工作展が開催中です。
  • 町田市公立小中学校作品展が始まりました!
  • 町田市公立小中学校作品展が始まりました!
  • 町田市公立小中学校作品展が始まりました!
  • 町田市公立小中学校作品展が始まりました!
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード