芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

2012年03月

鑑賞講座を開催しました!

3月10日(土)、町田市民フォーラムで鑑賞講座「国周たちが市民フォーラムにやってくる!」が開催されました。

今回は豊原国周(とよはらくにちか)と山村耕花(やまむらこうか)の版画を通じ、明治から大正時代の歌舞伎の世界を味わっていただきました。

国周は役者似顔絵の王道を歩んだ明治時代の浮世絵師で、耕花は浮世絵の伝統を受け継ぐ高度な技術による、大正時代の「新版画」の作家として活躍しました。

当日は雨模様のお天気にもかかわらず、多くの皆さんが来場されました。

はじめに学芸員から作家や作品について解説があります。

解説のようす
解説の様子

引き続き、いよいよ鑑賞の時間です。
ガラス越しでない、生の版画の迫力を味わっていただけるのが本講座の魅力です。
口元をマスクやハンカチで覆い、息が版画にかからないようにして鑑賞していただきました。
活発なご質問も飛びかい、講座は無事に終了しました。

鑑賞のようす(改)
鑑賞の様子

今回は国周、耕花の役者絵に加え、4月14日(土)スタートの開館25周年記念展「版画の冒険 ミレー、ドガそしてムンクへ」の出陳作品3点も先行公開。

日本とヨーロッパの版画を比較することで、それぞれの魅力をより深く堪能していただけたことと思います。

鑑賞講座では、これからも市内各所でさまざまな作品を紹介してゆきます。どうぞお楽しみに!

「浮世絵―国芳から芳年へ」好評開催中!

「浮世絵―国芳から芳年へ」好評開催中です!

1浮世絵―国芳から芳年へポスター

入り口では芳年が描いた美人がお待ちしています。

ただいま版画美術館の展示室には、国芳と芳年の作品がたくさん並んでいます。

2初日会場風景

初日の会場風景です。たくさんのお客様がお越し下さいました。

館長によるスペシャル・ギャラリートークは3月11日(日)、
学芸員によるギャラリートークは3月18日(日)と4月1日(日)に開催されます。
いずれも午後2時開始です。
トークを聞くと、新しい発見があるかも? 展示室入り口でお待ちしております。

展覧会は4月1日(日)までです。
浮世絵は光に弱いため、展示期間がいつもより少し短めです。
この機会をぜひお見逃しなく! 皆様のご来館を心よりお待ちしております!
展覧会の詳細はこちら

さらに、国際版画美術館所蔵の名作浮世絵をカラーで紹介し、「謎解き」をキーワードに作品を読み解く『謎解き浮世絵叢書』も絶賛発売中です。
芳年の傑作『和漢百物語(わかんひゃくものがたり)』『魁題百撰相(かいだいひゃくせんそう)』『風俗三十二相(ふうぞくさんじゅうにそう)』の全作品がお楽しみいただけます。
展覧会をご覧になったあとは、家でじっくり読んでみるのもいいかも?

wakan_large01


芳年以外にも、広重の『東海道五拾三次』をはじめとした当館自慢の作品が紹介されています。これは必読です。

『謎解き浮世絵叢書』は、ミュージアムショップはもちろん、一般書店でもお求めいただけます。ぜひチェックしてください。

ギャラリー
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード