芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

2014年02月

町田っ子の未来探し

中学生の美術、小学生の図工、書写と先月から続いた町田市公立小中学校作品展もいよいよ終盤を迎えました。(2月16日まで)
展示室は毎日、沢山の子どもたちでにぎわっています。

おや? こんなところにも・・・・・。

①展示室入り口 ②展示室

町田市立国際版画美術館では1月28日から4日間の日程で、中学生による職場体験を実施しました。

町田市では、市立中学校の2年生全員がさまざまな会社や保育所、商店などに出向き、働くことを経験してみるという職場体験を行っています。
「地域で支えよう町田っ子の未来探し」というキャッチフレーズのもと、町田市全市をあげて実施されるこの事業、版画美術館にも毎年中学生がやってきます。

今年は美術館のすぐ近くにある町田第二中学校から5人の生徒さんが参加しました。

図書の整理、版画工房の機材の手入れ、イベントの準備、監視、警備、受付などなど・・・・・。
緊張しつつも館内でのさまざまな仕事に挑戦しました。

③売店 ④警備室

また、今回は美術館の広報業務の実習として美術館のキャッチコピーとキャラクター制作にも挑戦。
中学生ならではの感性を発揮してくれました!!

⑤はんがマン ⑥キャッチコピー
<写真左>
版画美術館のキャラクター「はんがマン」
芹ヶ谷公園の平和を守るため版画美術館で警備をしています。
「公園の噴水の地下に住み、本当の正体を見た人はいない・・・・。」


<写真右>
版画美術館のキャッチコピー。大人も顔負けの出来栄えです。


芹ヶ谷公園の梅も咲き始めました。
春はすぐそこまで来ています!

小学校書写展はじまりました。

節分も過ぎ、暦の上ではもう春。
年明けから始まった町田市公立小中学校作品展
小学校書写展で幕を閉じます。

書写展写真

この芹ヶ谷だよりもそうですが、現代ではパソコンなどの電子文字が主流となっていますね。
そんななか、小学生が丁寧に書いた墨の文字に囲まれると、とても心地良くなります。

その一文字一文字と向き合ってみませんか?
ぜひお越しください。

「森のコンサート」にお越しください♪(2月8日土曜日)

みなさまは当館に「友の会」があることをご存知ですか?
開館10周年を迎えた1997年、美術館の事業活動を支援するとともに、会員の教養親睦を深め美術文化の向上を目指し、「美術館と美術を愛する人の架け橋」の役割を担うことを目的に発足したものです。
事業の企画から実施まで、ボランティアの会員が自主的に行っています。

さて、その友の会主催の「森のコンサート」。
24回目を迎える今年から、開館時間中にお聴きいただけるプロムナード・コンサートになりました♪
ぜひみなさまでお運びください。

タイトル:如月の森のコンサート 午後のピアノ
日時:2月8日(土曜日) 13時からと15時から(各30分程度)
会場:当館エントランスホール
出演:後藤泉(ごとういずみ)
プログラム:リスト作曲 愛の夢第3番 ほか
※どなたでもお聴きいただけますが、お座席のご用意はありません。

IzumiGoto_2012 P1100351
後藤泉さん               実は2階がいちばん綺麗に聴こえます!展示室もおすすめ♪

ちなみに…当館のコンサートでは、「ウィーンの至宝」といわれ、演奏者からの評価も高いベーゼンドルファー・ピアノが演奏されます!
一流の音色に耳を傾けてみませんか?
みなさまのお越しをお待ちしております♪


ギャラリー
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その2
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
  • 家族でたのしむ展覧会★その1
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード