芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

2016年04月

版画のなかの超絶技巧!-公開制作のご案内

4月17日に「清親-光線画の向こうに」展が盛況のうちに終了しました。大変多くのお客様にご来館をいただき、誠にありがとうございました。

(会期:4月29日(金・祝)~6月19日(日))
にむけて、着々と準備が進んでいます。
ビュランという彫刻刀によってつくられた、木口(こぐち)木版画やエングレーヴィング(直刻銅版画)の作品をご紹介する展覧会。
初日の無料日が祝日ということもあり、多くの方にご覧いただけるのではと期待しています。


そして、この展覧会最初の関連催事がこちら。
会場当館1階アトリエ(入場無料・入退室自由)
日時2016年5月7日(土) 午後13:30~16:00 ※途中休憩含む
実演・解説尾﨑 ユタカ(おざき ゆたか 銅版画家)

 
尾﨑ユタカ「流れ星」
エングレーヴィング、エッチング、メゾチント
画面サイズ 6×12c

エングレーヴィングは銅版画のなかでも習得が難しく、制作にも時間のかかる技法です。
「超絶技巧」と謳われるその線は繊細な表現から力強い表現まで幅広く、私たちを惹きつけてやみません。
尾﨑ユタカさんは、エングレーヴィングを中心に制作を続ける銅版画家です。
作品には小さな画面の中に時間の流れを閉じ込めたかのような静かな美しさが漂っています。

3
尾﨑ユタカ 「馬と子犬」
エングレーヴィング、エッチング
画面サイズ 6×6cm

この公開制作では、この技法の魅力や作品にまつわるお話を伺い、実際にどのような手順で制作されているかを実演していただく予定です。

世界的にもエングレーヴィングで制作する作家は少なく、たいへん希少な機会です。
どのようにつくられるかを知ってから作品を見ると、新たな発見もあるなど鑑賞がさらに深まります。

芹ヶ谷公園の新緑もますます輝くこの季節、
美しい作品の舞台裏、「超絶」といわれる世界をどうぞご覧ください。

清親展、もうすぐ最終日です!

4月3日(日)、
世田谷美術館館長の酒井忠康先生をお招きして、
記念講演会を開催いたしました!

 
「開化の浮世絵師・清親を語る」と題して、
清親の魅力を豊富なエピソードとともにご紹介いただきました。
先生のお話を通して、清親をより身近に感じることができました。

2
4月10日(日)には、
当館の村田館長によるスペシャルトークを行いました!

3
お天気にも恵まれ、多くの方にご来場いただきました。

4
展示室の中は大盛況。(館長の姿が見えません。。)

最終日の4月17日(日)14:00には学芸員によるギャラリートークを予定しています。
会期もあとわずかですが、清親作品の魅力を多くの方にご堪能いただけたらと思っております!

ギャラリー
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「記憶の繭(まゆ)」をつくりました
  • 「浮世絵モダーン」って何?展覧会を二倍たのしむイベントのご案内!
  • 「浮世絵モダーン」って何?展覧会を二倍たのしむイベントのご案内!
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
  • 子ども講座「あなただけの森をつくろう」を開催しました。
記事検索
プロフィール

hanga_museum

QRコード
QRコード