芹ヶ谷だより

美術館スタッフが皆さまにお届けします。

2017年09月

気軽にスクリーンプリント♪

先日、ピックアップ技法講座
「スクリーンプリントで 紙にも布にも刷ってみよう!」 を開催しました。
3日間の講座でしたが、最終日には皆さん手際よく印刷をされていました。

素敵な作品が次々と刷られてゆきます。

紙に刷るカード

さまざまな布を持参して刷られた方も。
布を切ってポケット等に仕立てる予定だそうです。
どんな仕上がりになるのか、とても楽しみです。

色々な布に刷ってみる

講座の最後には、全員で作品を並べて鑑賞しました。
同じ絵柄でも色違いだったり、
カードや封筒、エプロン、布バックなど個性あふれる仕上がり!
受講生の皆さんには、お家でも制作を楽しんでいただけると嬉しいです。


刷っているところ布と紙
(講座の様子)                                                            (受講生の作品)


スクリーンプリントをやってみたい!というかたには
1日で版画制作を楽しめる「スクリーンプリント1日教室」がお薦めです。

2017年度「スクリーンプリント1日教室」
講座日時 第1回11月10日(金)
     第2回11月11日(土)※両日とも同じ内容です。
     10:30~16:00
募集期間 10/3~10/15
応募方法や講座の詳細はこちらをご覧下さい。

どうぞお気軽にご応募下さい♪


ながさわたかひろ 美術館で公開制作!

夏休みも終わり、いきなり秋になったような気候ですが、
美術館ではまだまだ色々なイベント目白押しで展覧会を開催中です!

さる9/2(土)には、「インプリントまちだ展2017」関連催事
公開制作「誰かと繋がる版画制作」を開催しました。
はじめに、ながさわ氏に制作スタイルができるまでの紆余曲折と作家活動についてお話いただいた後、

1ながさわさん 0アトリエの様子
熱く語るながさわ氏

版画工房で『アナタに褒められたくて』で制作された“銅版”の刷りを実演していただきました。
まずは、作業スペースをきれいに拭き清めることから。
その後、これも汚れのないピカピカの銅版にゴムヘラを使ってインクを詰め込みます。

2版画工房で実演 3インクを詰める
版画工房にて解説するながさわ氏   銅版にインクを詰める様子

4薄紙でインクを拭き取る
インクを拭きあげるながさわ氏

丹念に銅版のインクを拭きあげたあとプレス機に版と紙をセットし、
「念を込めて!」とゆっくり、じっくりプレス機を操作するながさわ氏。

5プレス機で刷る

みなさんが固唾をのんで見守る中、ゆっくりと版から紙をはがすと・・・ばっちり刷れています!
自然と拍手が上がる中、ながさわ氏の顔に笑みがひろがりました。

6刷り 7刷り上り

その後、展覧会参加企画『アナタに褒められたくて』のモデルになった方へ
ながさわ氏自らが、完成作品からその方が描かれている部分を切り取り
サインを入れてお渡ししました。
 

8はさみで切り取る 9サイン

これぞ『アナタに褒められたくて』完成の瞬間!
立ち会うことができた我々スタッフも嬉しい気分です。

10手渡し 11作品
 
受け取られたみなさんから「似てる!」「この感じがそっくり」などの感想をいただき、
中には「額に入れて飾ります」とおっしゃるかたも。
版画制作を通し、作家と市民の交流が“作品”というカタチになる・・・ながさわ氏の制作スタイルと作品の持つ意味を感じた時間でした。

美術館ではさらにイベントが続きます!
9月9日(土)には、プロムナード・コンサート(詳細はこちら
9月16日(土)には、写真家でノンフィクションライターの宇都宮徹壱(うつのみや・てついち)氏とながさわ氏による対談が予定されています。(詳細はこちら
9月17日(日)には「紙の上のいきものたち!!」展と「インプリントまちだ展2017」の各担当学芸員がそれぞれギャラリートークを行ないます。
どうぞお楽しみに!

『夏休みの思い出』

9月になりました。
夏が過ぎ、芸術の秋到来です。
さてこの夏も国際版画美術館では楽しいイベントがたくさんありました。
今回はその一部をご紹介いたします。

7月28日(金)には、女子美術大学の版画研究室にご協力いただき
「夏休み☆版画体験イベント Lets デコボコフロッタージュ」を開催しました。
フロッタージュという技法を聞いたことはありますか?
フランス語の「frotter(こする)」に由来する技法です。
学校で「こすりだし」という名前で教わった方もいるのではないでしょうか。

たとえば、10円玉を机に置いて、その上に紙をかぶせ鉛筆でこする。
するときれいに10円玉の図柄が紙に写ります。
そんな遊びをしたことありませんか?

この「フロッタージュ(こすりだし)」を色んな素材でやってみよう!
というのが、「Lets!! デコボコフロッタージュ」です。

image2image1
①葉っぱ、木の皮、ヒモ、石やパソコン!?         ②手芸で使う「チャコペーパー」又は「カーボン紙」
 色んな素材から好きなものを選びます。            を素材の上にのせ和紙をかぶせます。

image4image3
③あとは「バレン」でゴシゴシこすります!!    
④女子美の学生さんにうちわに仕立ててもらい
 面白い形が浮き上がってきました。         出来上がりです♪


小学生から中学生まで合計78名の参加がありました。
このイベントの内容と準備は、
女子美術大学 版画専攻3年生の学生さんが阿部大介准教授の指導のもとで
取り組んでいただきました。。

展覧会にも多くの小中学生が来場しました。
お友達同士で美術鑑賞の宿題をしているのか、熱心にメモを取る生徒さんがいっぱい。
今年の夏は、そんな小中学生にも楽しんで鑑賞をしてもらえるように
鑑賞ガイドを作成しました。


image6image5


夏休みは終わりましたが、好評につき引き続き配布いたします。(9月24日まで)
まだ手に取ってない方はぜひ、遊びにいらしてくださいね。

来年の夏休みも楽しいイベントを用意します。

さて、芸術の秋です!これからの国際版画美術館も展覧会は勿論、イベントも盛りだくさん。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。



ギャラリー
  • 黒崎彰氏による講演会「シュマイサーと日本」にお出かけ下さい!
  • 特別ギャラリートーク・南極を開催しました
  • 特別ギャラリートーク・南極を開催しました
  • 特別ギャラリートーク・南極を開催しました
  • 特別ギャラリートーク・南極を開催しました
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • 開館30周年記念 プロムナード・コンサート
  • シュマイサー展特別ギャラリートーク「ラダック」のお知らせ
  • シュマイサー展特別ギャラリートーク「ラダック」のお知らせ
  • シュマイサー展特別ギャラリートーク「ラダック」のお知らせ
記事検索
プロフィール

hanga_museum

QRコード
QRコード