「横尾忠則HANGA JUNGLE展」も会期後半となりました。
連日多くのお客様にご来場いただいております。

さて、今回は5月末から6月にかけて、当館の市民展示室で開催されるふたつの展覧会をご紹介します。
いずれも当館の版画工房、アトリエで制作された版画作品を展示します。
当館の普及活動の一端をご覧いただければ幸いです。

まずはじめは
「町田市立国際版画美術館 講座受講生作品展
私たちのステップ・ワン・・・版画講座受講生と講師による展覧会」

会期 5月30日(火)から6月4日(日)まで。 
時間 午前10時から午後5時まで。
   ※初日は午後1時30分から。最終日は午後4時まで。
会場 市民展示室B室(入場無料)


前回の会場風景(2016年5月)

木版画講座の様子(2017年3月)

昨年9月から11月と、今年の1月から3月にそれぞれ10回の会期で開催した「創作講座リトグラフ」「創作講座木版画」に参加された方々と講師による作品展です。
リトグラフ、木版画による作品約30点のほか、版画の道具なども展示いたします。
横尾忠則展が「HANGA JUNGLE(ジャングル)」だとすれば、こちらは「新緑をまとった若木」と言ったところでしょうか。
意欲あふれる作品の数々をお楽しみください。

続いてご紹介するのは

町田市立国際版画美術館 「版画工房・アトリエの一般開放」 
町田発 輝くアーティストたち 2017 -版画でひらく創作の世界-

会期 6月15日(木)から6月25日(日)まで。月曜休館。  
時間 午前10時から午後5時まで。最終日は午後4時終了。
会場 市民展示室(入場無料)
   
この展覧会では、「版画工房・アトリエの一般開放」を利用して制作された版画作品を展示いたします。
「版画工房・アトリエの一般開放」ではお一人で制作ができる経験者を対象に、毎月10日程度施設を開放し、一般の方へ版画制作の場を提供しています。(「一般開放」についての詳しくはこちらへ)
利用しているのは、版画を専門に勉強された方、生涯学習として学んだ方、趣味で制作を楽しむ方、自身の表現手段として作品を発表されている方、市内にお住まいの方、遠方から通われる方・・・。
年間のべ4000名の方が利用しています。
日曜日に当館の喫茶室前の廊下からガラス越しに制作の様子をご覧になった方も多いのではないでしょうか。
木版画、銅版画、リトグラフ、スクリーンプリントなど約130点による見ごたえのある展覧会です。


前回の会場風景(2012年4月)

当館の版画工房

皆様、是非ご来場ください。