いよいよ夏休みが始まりました!
今年も東京学芸大学のご協力をいただき、
夏期子ども講座を7月22、23日に行ないました。

今年のテーマは「お札(さつ)」。
お札のさまざまなヒミツをまなびながら、世界にひとつしかないお札をデザインし、
小学校では体験する機会が少ない銅版画のエッチング技法で制作します。
小学3~6年生19名が、大学生と一緒に二日間にわたる制作を楽しみました。

一日目はお札のデザインと、版作りです。
さまざまな国のお札を観察し、その国の自然や建物、歴史上有名な人物などが描かれていることに気付きました。

2
(いろいろなお札があるね)

その後、各自が想像した国の紙幣をデザインし、銅版画のエッチング技法に挑戦!

4 7
(銅版画用のニードルで版に描くよ)

がんばって描いたので、くたびれた~。みんなで伸びをして気分転換。

8

一日目は腐蝕という工程を経て版を作るところまで。
どんな版ができたかな?翌日が楽しみです!

二日目はいよいよ印刷です!
版にインクを詰めて拭きあげた後、
プレス機の重いハンドルを回して印刷しました。
11 10

版画は刷りあがりを見るまで、仕上がりがわかりません。
プレス機を通した版から紙を外す、どきどきする瞬間と
はじめて刷りあがりを目にした感動に歓声があがります。

9

その後、めきめきと刷りの腕前をあげてゆく子ども達。
赤や緑のカラフルなお札が完成しました。
できあがったユニークなお札をたくさんの方にみていただきたい!
ということで、作品展を開催いたします。

「あったらいいな、こんなお札(さつ)」展

会期:8月8日(火)~8月13日(日)10:00~17:00
   (8月8日は13時から、8月13日は13時まで)
会場:市民展示室B室

楽しくて個性的なお札の数々をご覧下さい!