インプリントまちだ展2017「絵描き・ながさわたかひろ、サッカー・FC町田ゼルビアでブレイク刷ルー!」がはじまりました。

この展覧会のテーマはスポーツ。

「絵は声援に、応援は力になる」ことをコンセプトに、プロ野球の試合や著名人を絵や版画で描いてきた作家・ながさわたかひろを招聘し、これまでの作品と新作を展示しています。

250点以上並んだ作品に描かれているのはプロ野球の楽天やヤクルト、さらにはテレビでおなじみの「蛭子さん」などなど…

誰もが知っていても、アートの文脈ではなかなか取り上げられない存在が美術館に勢ぞろいすることで、ながさわ独自の視点が光ります。

image1


町田をホームタウンとするサッカーJ2のFC町田ゼルビアを描いた新作は、躍動感が漲る作品に仕上がっています。展覧会でゼルビアの新作を発表するために町田に引っ越してきたという、作家の渾身の作品をぜひご覧ください。

image2


会期中はイベントも盛りだくさん!

8月までの毎週日曜日13時~17時には、来館者参加企画「アナタに褒められたくて」を開催します。

image3

ながさわが展示室内で銅版画の新作を制作するイベントです。
新作に描かれるのはアナタ。ゼルビアのユニフォームを着た作家を見かけたら、希望者は勇気をだして声をかけてください。完成作品は会期中に随時展示室で公開します。

さらに9月2日(土)の公開制作では、「アナタに褒められたくて」で制作した銅版の刷りを実演します。
展覧会と合わせて、ぜひ遊びにいらしてください!