9月になりました。
夏が過ぎ、芸術の秋到来です。
さてこの夏も国際版画美術館では楽しいイベントがたくさんありました。
今回はその一部をご紹介いたします。

7月28日(金)には、女子美術大学の版画研究室にご協力いただき
「夏休み☆版画体験イベント Lets デコボコフロッタージュ」を開催しました。
フロッタージュという技法を聞いたことはありますか?
フランス語の「frotter(こする)」に由来する技法です。
学校で「こすりだし」という名前で教わった方もいるのではないでしょうか。

たとえば、10円玉を机に置いて、その上に紙をかぶせ鉛筆でこする。
するときれいに10円玉の図柄が紙に写ります。
そんな遊びをしたことありませんか?

この「フロッタージュ(こすりだし)」を色んな素材でやってみよう!
というのが、「Lets!! デコボコフロッタージュ」です。

image2image1
①葉っぱ、木の皮、ヒモ、石やパソコン!?         ②手芸で使う「チャコペーパー」又は「カーボン紙」
 色んな素材から好きなものを選びます。            を素材の上にのせ和紙をかぶせます。

image4image3
③あとは「バレン」でゴシゴシこすります!!    
④女子美の学生さんにうちわに仕立ててもらい
 面白い形が浮き上がってきました。         出来上がりです♪


小学生から中学生まで合計78名の参加がありました。
このイベントの内容と準備は、
女子美術大学 版画専攻3年生の学生さんが阿部大介准教授の指導のもとで
取り組んでいただきました。。

展覧会にも多くの小中学生が来場しました。
お友達同士で美術鑑賞の宿題をしているのか、熱心にメモを取る生徒さんがいっぱい。
今年の夏は、そんな小中学生にも楽しんで鑑賞をしてもらえるように
鑑賞ガイドを作成しました。


image6image5


夏休みは終わりましたが、好評につき引き続き配布いたします。(9月24日まで)
まだ手に取ってない方はぜひ、遊びにいらしてくださいね。

来年の夏休みも楽しいイベントを用意します。

さて、芸術の秋です!これからの国際版画美術館も展覧会は勿論、イベントも盛りだくさん。
ぜひ、遊びにいらしてくださいね。