2018年6月30日からはじまる
「インプリントまちだ展2018 荒木珠奈 -記憶の繭を紡ぐ-」。
この展覧会の関連催事として
5歳から小学6年生までの子どもとその保護者を対象に
プレ・ワークショップ「記憶の繭をつくる」を開催しました。

講師は出品作家の荒木珠奈さん。
お住まいのニューヨークからおいでいただきました!

1-2

はじめに、スライドで荒木さんのご紹介。
これまで作られた作品を見せていただきます。

2スライド

そして、今回の展覧会のために
荒木さんが町田を取材するなかで出会った「養蚕」についてと、
昨年ニューヨークで蚕を育てた経験をお話いただきました。

IMG_6070 2
(荒木さんが育てた蚕)

「養蚕」は町田でもかつて盛んに行なわれていたそうです。
八王子と横浜をつなぐ「絹の道」を思い起こす方も多いでしょう。
荒木さんは、蚕がつくりだす繭などに着想を得た新作インスタレーションを
「インプリントまちだ展2018」で発表します。
どんな作品が見られるのか、
今からとても楽しみです♪

スライドのあと、休憩をはさんで
受講生のみなさんに「記憶の繭」を作っていただきました。

まずは、それぞれが持参した
「今または昔大切にしていた、両手に包める大きさの思い出の物」について
その思い出を紙に書いてもらいます。
 
4作文

そして、「思い出の物」を薄紙に包み、
その上から数種類の白い毛糸やリボンを巻いてゆきます。
 
5制作2

いろいろな形・質感の「思い出の繭」ができました。
   
名称未設定-1


包まれて、見えなくなった「思い出の物」。
また開いてみた時にはどんな気持ちになるのでしょうか?

それぞれの思い出を包んだ「繭」の作品は
「インプリントまちだ展2018」が始まる前まで(4月28日頃~6月19日頃)
当館で展示する予定です。




「インプリントまちだ展2018 荒木珠奈 -記憶の繭を紡ぐ-」
日時 2018年6月30日(土)~9月2日(日)
会場 当館 企画展示室2