ずらりと並んだ版画のプレス機や、制作中の様子をご覧になられたことはありますか?

当館1階には、本格的な版画の制作ができる、全国的にも珍しい公立の版画工房があります。

①P1190855

11月3日(土・祝)には「版画工房見学 もっと近くで見てみたい! 銅版画が生まれるところ」と題した見学会を実施します。

②工房見学 ③小P1040460
(以前に実施した工房見学会の様子)

普段は廊下に面したガラス越しにしか見ることのできない版画工房の中にお入りいただき、銅版画の制作の様子をより近くから見学していただこうというイベントです。

当日制作を公開してくださるのは、当館の「版画工房・アトリエの一般開放」を利用して銅版画を制作されている方々です。

インクのにおい、銅版の光沢、版に向かう作り手の緊張感。

制作現場の空気を是非感じてみてください。

現代銅版画の巨匠・深沢幸雄氏が自ら制作した電動ベルソー「チンタラ十世」も間近でご覧いただけます!!

④P1190853
(当館版画工房の『守護神』 電動ベルソー・チンタラ十世)


「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」展関連催事
版画工房見学 もっと近くで見てみたい! 銅版画が生まれるところ
日時  2018年11月3日(土・祝)11時~12時30分、14時~16時
会場  当館1階 版画工房 
対象  中学生以上
参加無料
事前申込不要
実施時間内は随時見学可能
混雑時はお待ちいただく場合があります。