オリジナルの浮世絵作品をもとに墨版1版だけで絵柄が摺(す)れるよう新たに描き起こした復刻浮世絵版木を作りました。

この版木を使った摺り体験のイベントを2月16日(土)に実施します。
あなたも気軽に江戸の気分を味わってみませんか?

申し込み方法など詳しくはこちらをご覧ください。

①190216suritaoken niten

版木には山桜を使用し、江戸時代から続く伝統的な制作方法で作られています。
1点は「美人」として知られる小野小町。
もう1点は巨大な鯉に立ち向かう鬼若丸(武蔵坊弁慶の幼名)。

どなたでも簡単に迫力ある浮世絵を摺ることができるので、楽しみながら日本の伝統木版画の制作を体験できます。
オリジナルの作品は、常設展示室で2月17日まで展示中です。



展覧会のお知らせ

1月5日より、ふたつの新しい展示がスタートしました。
新しい年も町田市立国際版画美術館をどうぞよろしくお願いいたします。

②新収蔵P1200523 ③常設P1200527

企画展示室2 2月17日(日)まで 入場無料

常設展示室 4月7日(日)まで 入場無料