春爛漫。
新しい事を始めたくなる季節です。
版画美術館では今年も様々な講座を企画しています。

大人だけではなく、子ども向けの講座もあります。
少し早いですが、8月24日(土)に開催する
「子ども講座②不思議☆描いた絵がそのまま版画になる?!
紙版画(かみへいはんが)をつくってみよう」をご紹介。

今年3月24日(日)に開催して大好評だった講座です。
講師は「紙平版画」を考案した稲田大祐(いなだ だいすけ)先生です。

image1

つくり方はとても簡単


image2

①画用紙にクレパスで絵を描きます。

image4 image3
②描いた絵にヤマト糊をまんべんなく塗ります。

image5 名称未設定-1
③ドライヤーで糊を乾かしたら、水で糊を洗い流します。

image7 image8
④絵を水でぬらしながら、油性インクをつけたスポンジで
 トントン絵をたたくと・・・
 不思議!!クレパスで描いた所にだけ油性インクがつきました。

image10 image9
⑤紙を置いて、スプーンで上からこすります。

image12 image11
⑥紙をゆっくりとめくると・・・
 描いた絵が印刷されています。

image14 image13
色を変えて重ねて刷ると、さらに素敵な作品になります。


ここで少しご説明。
この版画は3つの性質を利用しているのです。

1、クレパス(油)は水をはじく
2、ヤマト糊は水を含む
3、クレパス(油)とインク(油)はくっつく

なんだか化学の実験みたいで面白いですね。

image16 image15
つくった版画は稲田先生が額装してくれます。

この講座以外にも
小中学生に版画を体験してもらう講座、イベントを企画中です。
版画美術館HPと、Twitterで随時お知らせいたします。
お楽しみに!!