現在開催中の「インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと―「アーティスト」がみた町田―」展は、現代作家の作品だけでなく、過去の版画や印刷物をとおして町田の姿を物語る、「ザ・町田」な展覧会です。いまでは駅前のにぎやかさが印象的なこのまちの、「かつて」の姿をのぞいてみませんか?


町田市の北部に位置する小野路町。ここには町田の“記憶”をたぐる手がかりとなる資料が残されています。今回の出品作で最も古い、明治期の銅版画をみてみましょう。(今回この資料をお借りしたのは小野路にある小島資料館。「近藤勇の髑髏の稽古着」など新選組関連の収蔵品で有名です!)

 image1
図1 新井銅板所《小島家銅版画(神奈川県下南多摩郡小野路村 小島守政)》1885年、小島資料館蔵


はがきほどのサイズに、当時質屋を営んだ小島家の様子がこまかく描き残されています。よくみると鍬をかついだ人もみえ、農作物が人びとの生活の糧であったことがわかります。また小島家の2階部分は、こののちに蚕室として改装され蚕の飼育がおこなわれたとか。

町田はかつて、八王子から横浜へと至る生糸の輸送ルート「絹の道」の中継点として栄えました。大正期の絵葉書にも、小野路宿の入り口に建てられた小野路製糸所で女性たちが働く様子が残されています。農作や生糸の生産がさかんだったこの地の記憶を、明治期や大正期の資料が今に伝えてくれています。

 image2
図2 《絵葉書(碓氷社甲寅組小野路製糸所繰糸場)》1914年頃、小野路町・細野家蔵(町田市立自由民権資料館寄託)


さて、この町田の、とりわけ養蚕にまつわる記憶を、現在に掘り起こした作家がいます。2018年に当館にお招きした荒木珠奈氏は、NYのご自宅で蚕を飼いながら(!)、繭をテーマにした作品を制作しました。当時、展示室に出現した大きなハンモックのインスタレーションをご記憶の方もいらっしゃるかもしれません。


 image3
図3 荒木珠奈「繭」2018年(「インプリントまちだ展2018」展示風景、撮影:Hiro IHARA、制作協力:株式会社アラキ+ササキアーキテクツ、表具工房 楽) ※この作品は本展には展示されていません。

本展では荒木氏の銅版画と、明治期の銅版画、さらに大正期の絵葉書や種紙を並べて展示しています。町田の記憶をとどめる現在と過去の作品のコラボレーションを、ぜひご堪能ください。