茨城(石岡・小美玉・行方・水戸・牛久・小山)で畳リフォームを愛する男[関川畳商店・塙真樹]の日記

私の日常(プラーベート・仕事)での出来事を分かち合わせていただきます。 その内容は、『日記』や『お客さまとの関わりで感じ学んだこと』や『工事をさせていただいた施工例』などもアップさせていただきますので是非、ご覧下さい♪

2010年06月

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


昨日のサッカー日本代表、最後までよく戦いましたね。


死闘という言葉がピッタリ合う意地と意地のぶつかり合いですごかったですねぇ。


心から称えたいと思います。


選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。


また、一体感と感動を日本中に与えてくれて、ありがとうございました。


誇りに思います。


日本は確実に壁を乗り越え成長し、次のステージにあがったように感じ取れました。


今後、日本のサッカー界の歴史に新たな1ページを刻んだことも事実である。



さて、本日で6月も終わりになります。


一年の半分が過ぎたということですね・・・


『充実している自分』と『モヤモヤしている自分』がいます・・・


充実している自分とは、日々の業務を忙しくこなせているという部分です。


最後にモヤモヤしている自分とは、このままの忙しいだけで良いのかという迷い、新たなステージへの挑戦が勇気がなくて一歩踏み出せない自分にモヤモヤしています・・・。


多分、このモヤモヤ感はどちらか自分の意思で選択すれば消えるんではないかと思います。


この選択がなかなか出来ないから、モヤモヤしているんでしょうね・・・


挑戦するべき、必要だと言うことはわかっていますがその一歩が踏み出せないんです・・・


このモヤモヤ感をどうにかしたいです!


今の自分の心境を振り返ってみました。


最後までお読みいただき、いつもありがとうございます。



今日は障子の施工工程をご覧くださいませ。
『障子貼替』




今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日はハッキリしない天気で雨が降ったりやんだりの天気でした。


蒸し暑い一日でした。


今日は『畳のお手入れ方法』をお伝えします。


畳のお手入れの極意

おすすめのお手入れ方法
1、畳が傷むのを防ぐため、畳の目に沿って拭く。


2、濡れ雑巾で拭くと光沢がなくなるので、から拭きする。


3、水拭きをするときは、畳の目に汚れが入ってしまうのを防ぐため、雑巾を固く絞る。


4、水拭きした後には、掃除機をかけてから拭きで仕上げを。


5、汚れやささくれ防止に、米ぬかを利用するのも効果的。


基本、水拭きは行わないでください



畳を扱うときの注意事項
1、畳が傷ついてしまうのを防ぐため、ホウキや掃除機を使用する場合も、畳の目に沿わせる。


2、カビが発生しやすくなるので、水分がある雑巾での水拭きは避ける。


3、傷みが早くなるので、乾燥させ過ぎないように気を付ける。


4、湿気が溜まりやすくなるので、畳の上にじゅうたん等の通気性の悪い敷物を敷かない。


5、畳がへこむので、ピアノや机など、足のある重いものを乗せることは避ける。


以上、上記のお手入れ方法・注意事項を参考にしていただき、畳を長生きさせてあげてください。


今までより畳を労り、永く畳のある生活を愉しんでいただければ嬉しいです。


最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。



さて、今日は襖が出来上がるまでの工程をご覧くださいませ。
『襖張替え』

今日も一日お疲れ様です。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は一日、雨は降らなかったのですが梅雨らしい天気でした。


蒸し暑かったですねぇ・・・


『今日は畳のことわざ集』


起きて半畳、寝て一畳人間は、どんな広い家に住んでいたとしても、起きているときは半畳、寝ているときは一畳の広さがあれば十分であることから、必要以上のものを望んだとしても意味がないという意味。


新しい畳でも叩けばごみが出る
ゴミなど出そうにない新しい畳でも、叩けば少しはごみ(くず)が出るところから、どんなに完全に見えるものでも、細かく追求すれば、多少の欠点が見つかるという意味。


畳の上のケガ
もっとも安全な場所とされているのが畳の上であり、そこでの往生を昔は誰もが望んでいました。
そんな畳の上でもケガをしてしまうことがあることから、ケガや災難はどこで起こっても不思議ではないということ。


半畳を入れる
他人の言動に対して、非難や中傷のヤジを浴びせること。


屏風畳に炭油
所帯を持つために必要な品々のこと。


このように昔から畳に関することわざがたくさん伝わってきていています。


是非、用途に合わせてご使用くださいませ。


何かの役に立てれば嬉しいです。


ありがとうございます。


これから、夏にかけて畳の上で大の字で寝転がって涼んでください。
『畳張替え』

f8a261b2.jpg今日も暑い中お疲れ様です。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は午前中いっぱいではありませんが朝のうち見積もりをしてきました。


終わった後、家族で買い物に出掛けました。


そして、娘達は見つけてしまったのです…


それは『サトちゃん』です!


薬局屋さんのお店の前に『サトちゃん』はありました。


佐藤製薬のマスコットなんでしょうね。


娘達は交代でひとりづつ100円を入れて『サトちゃん』にまたがり喜んで乗っていました。


『サトちゃん』に引き寄せられた、娘達でした。

薬局屋さんには何か意図があったのかは、なぞでしたが…


娘達は動機付けされ、薬局屋さんの前に行っていたのは事実です。


ありがとうございます。

今日も暑い中お疲れ様です。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


イ草が有害分物質を吸着する働きがあることがわかりました。


シックハウスの危険性を下げる、イ草は窒素酸化物やホルムアルデヒドなど、様々な有害物質を吸着する性質も持っています。


シックハウスの原因となるホルムアルデヒドは、フローリングや壁紙に用いる接着剤に含まれています。


シックハウスとは、喘息やアレルギー、目の痛み、吐き気、情緒不安定などの症状をいう。


冷暖房の普及により、住宅が気密化され、ホルムアルデヒドが蔓延する部屋の中で生活をして、疾患を引き起こしてしまいます。


住宅内に畳の部屋を設けることによりホルムアルデヒド濃度が低くなり、シックハウスも起こりにくくなるのではと考えられています。


そこで、イ草はどの程度ホルムアルデヒドを吸着するのか実験を行ったところ、なんとイ草1kgあたり0.14gものホルムアルデヒドを吸着することがわかりました。


また、気管支や肺機能への影響を及ぼす窒素酸化物にも吸着性が高く、1999年度『イ草新需要創造事業』における調査結果では、パルプのおよそ1.5〜2倍の吸着力があります。


このような働きがある畳を住宅に使っていただき、本当の意味で『健康住宅』にしていただけたらと想い日々ご提案させております。


天然の素材の畳(イ草)を活用してください。


ありがとうございました。

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


サッカー勝ちましたね。


決勝トーナメント進出となりました。


素晴らしい結果となりました。


誇りに思います。


でも、ここまで進めたのは様々な壁を乗り越えてきた過程があったからこそ、このような結果が出たんだと思っています。


どこかで、その壁を登りきらないであきらめてしまったら、このような結果は出ていないように思います。


また、その壁を登ろうと選択したことも重要な過程のひとつになっているように思えます。


私にたとえるなら、抽象的ですがお客様に悦んでいただくということが、ゴールだとすると、どうしたらお客様が悦んでくれるのかということを考える。


商品の知識はもちろん、お客様の期待以上の仕上がりを提供できるように、技術・提案力・コミュニケーション力・想いが伝わるように日々実践していく。


その壁を越えないと、お客様の本当の悦びにならないんです。


このように結果が出るには、何事も経験をもとに積み重なった過程が必ずあるということなんですよね。


たまたま偶然に日本代表が今日までの成績(結果)になったわけではないことだけは事実です。


これまでのサッカー界の歴史が積み重なり、今日に至ったんだと思っています。


歴史を築いていくということは『宝』なんですね。


日本代表から学び取りました。


日本代表、ありがとうございます。


全力でこれまで選択した経験(過程)を出しきってもらえれば結果は付いてきます。


がんばれ、日本!


今日は当社のホームページをご覧いただければとお思います。
『関川畳商店』


ありがとうございました。







今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日はいよいよ『日本vsデンマーク』戦です。


午前3時半キックオフということで、私は早く寝て早起きをして応援したいと思っております。


ガンバレ!日本!




昨日も読んでいただきありがとうございます。


今日は私がお見積もり時に気をつけていることのひとつを分かち合わせてください。


それは、専門用語を使わないで説明するということです。


例えば
『新床』・・・・・畳(いぐさ・ゴザ)の芯になる部分を丸ごと新しく取り替えることです。


『表替え』・・・・今付いている畳(いぐさ・ゴザ)の表面の皮を丸ごと新しく取り替えることです。


『裏返し』・・・・今付いている畳(イ草・ゴザ)を使い皮をはがして裏に返すことです。


このように出来る限りお客様にわかりやすい表現の仕方でお伝えしております。


私たちは専門家(マスター)なので知っていて当たり前で、お客様の目線に立ちわかりやすくご説明することが当然の使命です。


私たちはお客様が悩んでいることを解決してあげることのできる存在なんです。


これからは、それ以上の存在になっていかなければ悦ばれ、選ばれる存在にならないでしょうね・・・。


そのことは、また後で分かち合いましょう。


ありがとうございます。



今日はその『畳』に関するページをご覧くださいませ。


ありがとうございました。




今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は私が5年前からご提案させて頂いている『いぐさ青汁』についてお話します。


この『いぐさ青汁』はイ草農家を救うべく立ち上がった、北九州市立大学の農学博士の森田先生が研究に研究をかさね開発したのがこの『いぐさ青汁』でした。


その昔、薬草だったイ草を調べ始めると驚くべき効能が発見されました。


『利尿剤や消炎剤といった薬草にイ草が用いられていたことがわかりました。』


薬草に用いられていたイ草を現代にも活用できないかと研究開発したのがイ草を粉末にした『いぐさ青汁』でした。


効能は、抗菌性があり腸にまで達することがわかりました。


また、発見したのが食物繊維の量がケール以上で、活性酸素を消去する効果が認められました。


活性酸素とは、文字どおり『からだの中で活性化された酸素のこと』をいう。


このように、イ草の能力が研究結果認められ、健康食品として役にたてればイ草の生産農家が救え、また健康に留意している方にも愛飲していただけるようになる。


このように、1300年もの間、敷物として伝わってきているイ草の価値を改めて見直す良い機会になる。と思っています。


イ草は、敷物としても、飲み物としても存在価値がある。


日本の文化には無くてはならないものとして伝えていきたいです。


最後まで読んでくださり、ありがとうございます。


最後にこちらもご覧くださいませ。
『いぐさ青汁』

ありがとうございました。

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日、分かち合いたいことはコミュニケーションで共通の話題になった時、そこに、なぜ共感が生まれるんだろうか・・・


そして、愉しいと感じるのでしょうか・・・


そのようなことうを、ふっと考えてしまったので分かち合わせてください。



初対面の方とコミュニケーションをとると最初はお互いにどんな人なのかなぁと、緊張をしていて愉しいとまではいかないですよね。


苦痛を感じる方もいらっしゃると思います。


コミュニケーションを深めていき、共通の話題(趣味・苦労話など)がでると雰囲気が変わります。


話が盛り上がり、愉しくなります。


そこに『共感』が生まれるんですよね。


私の主観ですが多分、その共通の話題に『自分の体験を重なり合わせて記憶がよみがえった』。


だから愉しいという感情になるんではないかと考えました。


『体験を重なり合わせるという』ことが重要で『共感』を生むプロセスには必要不可欠です!


今日は私がお客様とのコミュニケーションから感じとった『共感』を分かち合わせていただきました。



ありがとうございます。



今日は職人の世界も機械化になった今、すべて昔ながらの技術で施工している『襖貼り』を動画でご覧くださいませ。
『ふすま張替え』



今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


時間というキーワードで分かち合わせていただきます。


現代は『情報化社会』で朝起きると情報が非常に多く飛び込んできます。


テレビ・新聞・広告・雑誌・ラジオ・携帯・パソコンなどから入ってきます。


特に携帯・パソコン(IT)を活用するようになってから情報の流れが早くなっているように感じていました。


活用すればするほど、情報の流れが早くなり時間の余裕が無くなってきているように思えてなりません・・・



私は『ブログ』『ツイッター』『メール』などを必ず一日一回は活用します。


時間に換算すると2時間以上は時間を費やしています。


便利になったことは日々実感し感謝してはおりますが、一日、24時間の時間が削られているように感じています。


私のこと、会社のことは多くの方に知っていただけて、出会いが日々ありますが私自身の時間はというと、睡眠時間と引き換えになっている感じがします・・・


自分の業務の棚卸しをして、効率的にすることは効率化していき、スタッフを巻き込み、役割を与えることをしていかないと自分の時間が保てなくなってしまうので、良く考えていきたい。


時間は誰にでも平等に与えられているわけですからね!


ありがとうございまいました。



今日はこの梅雨時期にご提案させていただきたい商品があります。
『畳殺菌乾燥機』という商品があり、これは、殺菌といっても薬品を一切使わずに熱殺菌してしまうものです。
どうぞこのページをご覧くださいませ。
『畳殺菌乾燥機』
お気軽に相談してください。
お役に立てればうれしいです。



ありがとうございました。

このページのトップヘ