茨城(石岡・小美玉・行方・水戸・牛久・小山)で畳リフォームを愛する男[関川畳商店・塙真樹]の日記

私の日常(プラーベート・仕事)での出来事を分かち合わせていただきます。 その内容は、『日記』や『お客さまとの関わりで感じ学んだこと』や『工事をさせていただいた施工例』などもアップさせていただきますので是非、ご覧下さい♪

2010年12月

今日も1日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は2010年12月31日(金)大晦日です。


私は今年『年男』でした。

いろんなことがありましたが家族5人みんな大きな病気にもならず健康な一年間でした。


長女の知優が小学生になりました。


下の知香・優月は4歳になり、保育園の年少組になりました。


私と妻も一つ歳をとりましたが元気に過ごせました。


来年も素直に向上心を持ち成長していきたいと思っています!


それが自分自身を成長させ、スタッフ・娘たち・お客さまに良い影響を与えられることに繋がっていければと思っています。


今年一年、私のブログを見に来ていただき本当にありがとうございました。


来年、2011年も変わらずにどうぞ宜しくお願い致します。


あと今年も約7時間となりました、どうか素敵な新年をお迎えくださいませ。


心豊かで温かい一年を迎えられますよう願っています。


ありがとうございました。

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は仕事納めの日でした。


事務所にいて来年の方針等をまとめていました。


まとめだすとあれもこれもという感じになりまとまりがつかなくなってしまいました…


それだけ、これから実行したいことが多いことに気づきました。


また、来年仕事始めの日の会議資料を準備しました。


ここでも会議資料を準備しているといろいろと伝えたいことが出てきてまとめるのが大変でした。


今日まとめたことはすでに来年に向かってのことです。


今年の反省点を振り返ることができたからこのように来年の方針(決意)が浮んできたのかなぁと感じました。


頭の中が整理され、スッキリしました。


何を実践するべきかが明確になったからでしょうね。


来年は私の中でもう少し強い行動力が必要になってくることでしょう!


想いはあっても行動が伴わなければ意味がありませんし達成できないでしょう…


昨年以上に自分の意思を強く持って行きたいと思っています。


最後にスタッフに言葉掛けをしました。


今年一年お疲れ様でした。また、来年元気な顔で会いましょう!と伝えました。


また、お客さまにも大変お世話になりありがとうございました。


来年も変わらぬお付き合いくださいませ。


最後までお読みくださりありがとうございました。






今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は朝、会社に行く道路が空いていて『昨日で仕事納めをした方が多いことに気づきました。』


私、当社は明日仕事納めになります。


今年の一年怒涛のように過ぎ去ったように思います…


特に11月からは忙しくゆっくり休めた日がないという忙しさでした。


良く自分の体が持ったなぁと感心しています…。


この時期は体調を崩すことがあるはずですが今年は健康で乗り切ることができました。


自分自身を労ってあげたいです。


『良く頑張った』と褒めてあげたい!


今年、私は年男でした。


当社は仕事始めの日に全体会議があり、そこで年男は抱負を発表をする場があるんです。


そこで私は念頭にスタッフの前で『商いの原点に戻り、地道にコツコツと継続的にコミュニケーションをとり心の交流が感じられる関係性を築き、お客さまに悦ばれる存在になっていきたい!』と熱く語らせていただきました。


そのことを実施実行できたのかと振り返ると65%の出来ではないかと振り返ってみました…。


あとの35%は計画性に欠ける点ともっとお客さまの気持ちに心を寄り添わせられたんではないかという反省からです。


この反省を来年に活かしていきたいです。


来年もこの想いは変わりません。


お客さまの『特別な存在になれるよう』地道にコツコツと継続的に検証をしながら実践あるのみですね。


少し早い今年の振り返りをしてみました。


ありがとうございました。


いつも最後までお読み下さいりありがとうございます。















今日も一日お疲れ様です。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は一日障子貼りをしていました。


この時期は決まってヘルプに入らないと間に合わないのとお客さまに迷惑を掛けてしまうので手伝いに入っています。


お客様に迷惑を掛けてしまうというのはこの時期、障子をはずしてしまうと寒くなってしまいます。


この時期は非常に気を使います。


その日に障子を貼り元に納めないといけないので早めに貼り乾かさなければなりません。


ただ、急激に乾かすと障子の紙が引張られてしまい剥がれてしまいます。


障子はいかに早くに障子の桟に水を濡らして剥がすかが重要なんです。


それからその桟の水分を乾かしてから貼る工程になっています。


理想は一日預かることが理想の工程になります。


明日は何件かのお客様は預かれる予定になっているそうです。


ありがとうございました。

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今週の金曜日で今年も終わりになります。


今日入れてあと5日となりました。


当社の営業日は30日までとなっておりますので、今年に畳・襖・障子を綺麗にしておきたいという方がいらっしゃいましたらお早めに連絡下さいませ。


今日は朝、お客さまから急ぎの仕事依頼がありました。


それは、襖を貼替えて欲しいとのことでした。


私が電話にでて対応させていただきました。


私は年内工事になりますよね?とお聞きしました。


お客さまは『襖を貼替えるかどうか迷っていたらギリギリになってしまって今日になってしまった。』と私に話してくれました。


よくお聞きすると、今年は11月にテレビを購入したので我慢しようと思っていたそうです。


本日、引き上げさせていただいて30日納めという段取りになりました。


迷っていないで、早く連絡すればよかった…。と申していました。


また、大変早い対応に喜んでいただきました。


今日はこのように迷っているお客さまがいることに気づかされました。


年末は、気持ちのよい新年を迎えるお手伝いをさせて頂くのが私たちの使命です。


出来る限りの対応はさせて頂きます!


ありがとうございました。


今日も最後までお読み下さいましてありがとうございました。










今日も1日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は午前中仕事をしていました。


障子貼りをしました。


この時期は一番需要が多い工事です。


仕事納めの日までまだまだ注文依頼があると予想しています。


まだ少し余裕がありますので注文はお急ぎ下さいませ。


午後からは家の大掃除をしました。


私の担当は窓拭き作業です。


中から拭いて、外からも拭くと窓が生まれ変わりました。


外が良く見えると娘たちは喜んでくれました。


掃除は気持ちが良いものですね!


これが今年最後の日曜日の1日でした。


ありがとうございました。

今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


昨日はクリスマスイブでした。


みなさんはどのようなクリスマスイブを過ごしましたか?


心温まる夜をお過ごしいたことでしょう。


勝手に想像してしまいました。


私は娘を寝かしつけた後、サンタクロースになりきりプレゼントを枕元に置きました。


そして、朝になり娘が目を覚まし枕元を見るとそこには『プレゼント』があり、娘の悦んだ満面の笑顔が見れました。


見ている私と妻も笑顔になり温かい気持ちになりました。


子供の幸せが私たちの幸せなんだと気づいた、クリスマスの朝でした。


話は変わり、そろそろ年賀状を書かないといけない時期にきていますね…


私は年賀状は必ず手書きで一言書くことにしています。


年末で忙しいのに年賀状を書く時期が重なり、私はいつも仕事が終わってから、年賀状を書き始めるのでこれから毎日夜遅くまで書く作業が続きます…


年々枚数が増えています…。


それだけ、人と出会い、協力し合いながら人生を歩んでいるんだなぁと実感しています。


一言書くのもその出会いに感謝しているからこそ手書きで書くということにこだわっています。


一言書くのにも相手のことを考えて書くので時間がかかるんです…


でも、自分にとって意味のある大切なことなので継続しています。


年賀状も一言手書きで書いてあると価値があがると思います。


今年はみなさんも是非、一言手書きで書いて見てくださいませ。


ありがとうございました。


素敵なクリスマスの夜をお過ごしください。









今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は『クリスマスイブ』です。


テレビ、ラジオから聞こえてくるのはクリスマス一色です。


私も今日は子供たちが寝たら『サンタクロース』になりきり、そっと枕元にプレゼントをおいて置くという役割が残っています。


私たちは長女にどんなプレゼントが欲しいか前もってに紙に書いておいてもらいました。


その娘たちの要望のプレゼント+娘たちが悦んでくれそうなことを考えて選んだプレゼント(妻が考えて選らんでくれたので私もまだ知りません…)サプライズを用意しているそうです。


明日、娘たちが朝起きた時の悦ぶ顔が思い浮かびます。


その顔を見るのが楽しみな私です。


私も小学校の頃は朝起きると枕元にプレゼントが置いてあり、悦んで心温まった記憶がいまだに残っております。


こういう記憶というのは大人になっても忘れないものですね。


今思い返してみると、『幸せだったなぁ』としみじみと実感しています。


こういう思い出を娘たちにも残してあげたいです。


親になるといろいろとよみがえってくる記憶があり、自分の『人となり』が形成されているんだと実感しました。


両親、親には感謝しなくてはいけませんね!


こんなことを『クリスマスイブ』の夜に感じたのでアップしてみました。


ありがとうございました。


最後までお読みくださいましてありがとうございました。


皆様の『クリスマスイブ』が素敵な夜になりますように!










今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は祝日でしたが出勤しました。


今日は情報誌『おもしろイ草通信』の原稿作りに時間を費やしていました。


明日の夕方、印刷屋さんに入稿をいれる予定になっていますので本日あらかた仕上げてしまわないとなりません。



いつもはぎりぎりになって追い込みをかけるのが私のペースとなっておりました…。


尻を叩かれないとスイッチが入らないのが従来の私でしたが、今回はもうすでに7割終わっていて少し余裕があります。


継続的にコツコツと地道に書き綴っていたのが良かったんでしょうね。


今回はゆっくりと見直せ、訂正出来る余裕があるので出来上がりが楽しみです。


また、同封のチラシも仕上げないといけないのでブログをアップしたら、外で新鮮な空気を吸い気分転換をしてまた集中してとりかかろうと思います。


本日もお読みくださいまして、ありがとうございました。









今日も一日お疲れ様でした。


茨城県 関川畳商店の塙真樹です。


今日は朝、嵐のような天気でしたが急速に回復しました。


お陰でお客様に迷惑がかからないように作業ができました。


朝、9時から動き始めました。


建具障子の入替納品の日でした。


最初依頼がありお伺いした時に話をお聞きしました。


それは、猫を4匹飼っていて障子を破いてしまうのと、桟(障子の枠)を爪とぎしてしまうということでしたのでその悩みを解消するための私は提案差し上げました。


その提案した、建具障子はアルミ枠で出来ていて障子の変わりにアクリル板(プラスチィック)が入っているものを提案しました。


猫が爪とぎをしても桟(枠)は削れないし、障子の変わりにアクリル板を入れたので破けなくなりました。


お客さまは新規のアルミ建具を見て大変悦んでくれました。


お客さまの悩みを的確に対処解消できて良かったです。


これからもこのようにお客さまの気持ち、心情を汲み取り心を寄り添うことができれば本質的な悩みが分かるようになり『お客さまの特別な存在』になっていけるのでしょうね。


これからの自信に繋がった貴重な体験でした。


ありがとうございました。


最後までお読みくださいましてありがとうございました。







このページのトップヘ