タイトル

『貴重なアドバイス』

 

IMG_0894

 

本日も一日ありがとうございます

 

 

茨城県小美玉市 関川畳商店の塙 真樹です。

 

塙 真樹

◆お問い合わせ電話番号:0120-010-518(フリーダイヤル)

◇お電話受付時間:朝8:00〜夜8:00まで

 

◇畳・襖・障子専門サイト:http://www.tatamiya.info

◆リフォーム専門サイト:http://www.1-reform.com/

 

『関川ファーム』

a6ff8d6b.jpg
1e678811.jpg

深川生産者

 

b291403e.jpg

 

岩田生産者

 

46074688.jpg

 

当たり前ではない、健康に心から感謝致します。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

地域清掃を実施できました。

 

 

 

スタッフに協力していただき支えられキレイになり心身共に気分よく一日のスタートをきれました。

 

 

 

4月13日になります。

 

 

 

本日は、尊敬するトレーナーからのメッセージを分かち合いさせていただきます。

 

 

 

「フィードバック」と「フィードフォワード」

 

「〇〇さん、△△商事さんの件でフィードバックしたいことがあるんだけど、ちょっと時間いいかな?」

 

このような感じで日頃よく使われているフィードバックという言葉、あなたはその定義をご存知ですか?

 

 

本来の定義は、

「出力された結果を、原因側である入力に還元させること」という技術的な用語です。

 

「出力された結果を、原因側である入力に還元させる」と言うと、かなり難しく聞こえます。

 

そこで、これを少し意訳すると、

「本来あるべき姿と現実とのギャップを、本人に伝えること」

 

では、似たような言葉である「フィードフォワード」はご存知ですか?

 

これはフィードバックほど頻繁には使われません。

 

フィードフォワードとは、

「未来の変化を予測して、あらかじめ対策を打っておくこと」と定義できます。

 

料理を例にすると、味の加減を調節する時、適当に塩こしょうを振って味見をし、また振ってさらに味見をするというのがフィードバック。

 

一方で、フィードフォワードは、材料の量や食べる人の数を基にあらかじめ適切な塩こしょうの分量を決めて、味見をせずに味付けをすることと言えます。

 

■フィードバックは5段階で行う

 

フィードバックの手法を使って、相手を叱らずに勇気づけるやり方を考えてみましょう。

 

フィードバックは5段階に分かれると言われます。

 

「トイレに行った後、ズボンのジッパーが開けっぱなしになっていた人に注意を促す」という例に当てはめてみましょう。

 

第1段階:「事実」のフィードバック

 

「ジッパーが開いているよ」

 

このように事実だけを伝えて、後の判断と対策は本人に委ねる、最も浅いフィードバックです。

 

第2段階:「主観」のフィードバック。

 

「ジッパーが開いているよ。変だよ」

 

事実に主観、感想を加えます。主観伝達とも言えます。

 

第3段階:「評価」のフィードバック。

 

「ジッパーが開いていて変だよ。だらしないなあ」

 

 

このように〇や召鬚弔韻徳蠎蠅謀舛┐泙后

 

第4段階:「提案」のフィードバック。

 

「ジッパーが開いていて変だよ。だらしないなあ。閉めたらどう?」

 

このように解決策を提示して、本人に行動を促します。具体例を示すことで、本人の思考を刺激し、発想を手助けするのです。

 

もちろん、提案に沿って相手が自発的には行動を選択したら、そちらを優先します。

 

第5段階:「命令」のフィードバック。

 

「ジッパーが開いていて変だよ。だらしないなあ。とっとと閉めろ!」

 

この段階まで来ると、ほとんど「責める」「強制する」と同じニュアンスになってしまいます。

 

あまりお勧めできない、外的コントロールに基づくフィードバックです。

 

このように見ていくと、第1段階が最も浅く、第5段階が最も深いフィードバックであることがわかるでしょう。

 

相手の主体性を大切にし、自分で考えさせ、勇気づけるためには、浅いフィードバックが有効です。

 

できれば第1段階や第2段階にとどめて、後は自分で選択させるのが勇気づけに繋がります。

 

それでもダメな場合は第4段階の提案を用います。

このように意識することで、叱らずに勇気づけるコミュニケーションを実践することが容易になるのです。

 

■フィードフォワードで未来を見せる

 

フィードバックと同様、フィードフォワードも勇気づけに有効です。

 

先のズボンのジッパーの話で言えば、相手がトイレに行くタイミングで、一言告げておくのです。

 

「ジッパーを開けっぱなしにする人が意外と多いみたいだよ」

 

こんな感じですが、この時もあまり深い忠告にならないよう、気をつける必要があります。

 

「ジッパーを開けっぱなしにするなよ!」と言うと決めつけや命令になってしまい、「叱る」と同じ勇気をくじくことになります。

 

フィードフォワードを実践する時のポイントは、「予測」を客観的に伝えることです。

 

「ジッパーを開けっぱなしにする人が意外と多いみたいだよ」は、正に予測に当たります。

 

そして、できるだけ「命令」を入れないようにする。

少し踏み込んで伝えたい時は、「質問」を組み合わせるのが効果的です。

 

「何か対策を考えていますか?」

と言い添えるのです。

もっとも、ズボンのジッパーの場合はここまで踏み込む必要はないでしょう。

 

 

管理職は部下に比べて、豊富な経験を持っています。

そして、豊富な経験を持っているからこそ、部下に比べて正確な未来予測ができます。

 

逆に言えば、部下は上司に比べると少ない経験しか持っていないため、上司から見れば当然のように思える未来が予測できません。

 

だからこそ、命令ではなく、「上司だけに見えている未来」を見せてあげることが、部下の勇気づけに有効なのです。

 

「きっとこんなことが起きるよ」と部下に伝えてあげましょう。

 

フィードフォワードは必ず部下に対する貴重なアドバイスになるでしょう。

 

「こんなやり方はダメだ!やり直せ!」と叱るのではなく、

 

「このやり方だとこんなトラブルが起きるかもしれないよ。何か対策は考えているかい?」とフィードフォワードする。

それで勇気づけられた部下は事前に問題を回避するでしょう。

 

フィードバックと組み合わせて使うと、効果性がさらに上がるのです!

 

 

 

 

 

メッセージを受け取り『フィードバック』と』『フィードフォワード』を理解できました。

 

 

 

 

 

フィードバックとは、『本来あるべき姿と現実とのギャップを、本人に伝えること』

 

今と過去を評価し勇気づける

 

 

 

『事実に主観、感想を加えます。主観の伝達を行います。』

 

 

 

また、『解決策を提示して、本人に行動を促します。具体例を示すことで、本人の思考を刺激し、発想を手助けする。もちろん、提案に沿って相手が自発的には行動を選択したら、そちらを優先します。』

 

 

 

相手の主体性を大切にし、自分で考えさせ、勇気づけるためには、浅いフィードバック『事実に主観、感想を加えます。主観の伝達を行います。』が有効です。

 

 

 

 

フィードフォワードとは、未来を見せる!

『未来の変化を予測して、あらかじめ対策を打っておくこと』

 

 

 

未来の予測を見越して、アドバイスする。

経験したことを『予想』して客観的に伝えることです。

『経験した人にだけに見えている未来』を見せてあげることが、まだ経験していない人の勇気づけに有効なのです。

『きっとこんなことが起きるよ』と伝えてあげましょう。

 

フィードフォワードは必ず経験したことがない人に対する貴重なアドバイスになるでしょう。

 

『こんなやり方はダメだ!やり直せ!』

 

と叱るのではなく、

 

『このやり方だとこんなトラブルが起きるかもしれないよ。何か対策は考えているかい?』

 

その行動をすることで『何か対策を考えていますか?』と質問する。

 

 

 

 

『フィードバック』と『フィードフォワード』を組み合わせて情報を与えることで、主体的に思考し効果的な行動ができるようになるでしょう!

 

 

 

 

私たちはお客さんに喜んでいただくことで、人生を豊かにします!

 

 

 

そして、選ばれ必要とされる企業に成長していきます。

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

本日も家族やスタッフ、お客さま、協力会社、取引先関係のみなさんから気づきをいただき支えられたことに感謝いたします

 

 

 

ありがとうございます。

(自己承認=自分の心のコップを満たします)

 

蟯慇郛商店   塙

・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴・∴・∴

 

畳、襖、障子、網戸、新規建具、クロス、カーテン、カーペット、水廻りリフォーム、塗装、改築改装、エクステリア、補修工事など、お家のお困りごとなら関川に。

 

 株式会社 関川畳商店

   リフォームの関川

 

☆ 私は、思いやりで貢献できる男です!☆

 

bc1dfb6c.jpg

--------------------------------------------------------

 

◆お問い合わせ電話番号:0120-010-518(フリーダイヤル)

◇お電話受付時間:朝8:00〜夜8:00まで

 

◆関川畳商店 玉里店

 〒311-3436 茨城県小美玉市上玉里118-15

 TEL:0299-58-4327

 

 

◆関川畳商店 リフォームの関川 石岡ショールーム

 〒315-0038 茨城県石岡市旭台2−18−11

 TEL:0299-56-6105

 

1bd372e4.jpg

 

◆関川畳商店 水戸

 〒311-0911 茨城県水戸市見和2-232-53

 TEL:029-212-5820

05f718f3.jpg
4ad74ab3.jpg
IMG_10813063562015

 

IMG_1784
IMG_1795

 

◇関川畳商店 小山店

 323-0014 栃木県小山市喜沢1475-154(ハーヴェストウォーク隣)

 TEL:0285-37-8765

201791日にオープンさせていただきました。)

 

db83c6fb.jpg
24861a88.jpg
f75dd25f.jpg
aee76b54.jpg

 

◇畳・襖・障子専門サイト:http://www.tatamiya.info

◆リフォーム専門サイト:http://www.1-reform.com/

 

リフォームの関川 ブログはこちらからご覧になって下さい。(担当が心を込めて書いておりますので是非!)

http://ameblo.jp/reform-sekikawa/

 

・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴・∴∴・∴・∴∴・∴・∴・∴