女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音

問題発言かもしれないが真実を語る

「婚活がしんどい」のはなぜか

「婚活がしんどい」のはなんで?東大准教授がずばり解説

 
――A子のように、婚活をしてみたものの、結婚自体に疑問がある、という声があるんですが。

赤川先生(以下、赤川):正しい疑問ですね〜。そもそも婚活って言葉が出てきたのは、ここ10年くらいです。基本的には少子化対策の文脈で出てきていると言っていいと思います。1.結婚する人を増やす、2.結婚している人の出産数を増やす、という二つの少子化対策の効果は、9対1なんです。生涯未婚者が増えてきているのが少子化の要因だということが、ほぼ明らかになっている。だから婚活というのは、少子化対策の政策に寄った話題のような気がします。

――なるほど。婚活が盛り上がっているのは政策と連動した動きだと言えるんですね。


 
婚活自体は、未婚率の上昇と共に民間から出てきた言葉だと思うが、出生率との関わりもあるから政策が連動してきたんだろな。

 
 一方で、「少子化をなんとかしなきゃいけない」「仕事と育児の両立ができないから少子化になるんだ」といった議論も出てきた。以前は、「男女平等が少子化を導いたとしても、それはそれで構わない」という思想があったはずなんですけどねえ……。

 だけど、「男女共同参画が実現すれば、少子化に歯止めがかかる」と今世紀になって、議論が変わったんですよね。少なくともデータではそうなってないんですけどねえ(先生によれば、「1人あたり国民総所得が3万ドルを超える国」において「女性労働力率」と「合計特殊出生率」には負の相関があるそう。つまり、先進国では実は、女性の労働力が高い国ほど、出生率は低い。このあたりについては先生の著書『これが答えだ! 少子化問題』〈ちくま書房〉にくわしい)。議論が二極化しているのかもしれません。


 
男女平等という原則が動くことはない一方で、少子高齢化も問題になってきたから、事実を隠しているところがあるんじゃないか? フェミニストが国を滅ぼすというのは、ある意味事実なのかもな。しかし、男女平等の枠を崩すことはさすがにありえない。そうなると、少子高齢化を受け容れていくしかないってことだな。

シンガポール


 
国民は、国会でこういう議論がされることを望んでるんじゃないかと思うんだが。野党の支持率が上がらないのは、野党に政権を託せるような未来の政策が見えないからじゃないか? もりかけ問題より政策を論じてほしいと、国民は考えてると俺は思うけどな。

高望み

婚活女性は高望みしすぎ!? 「妻を養う気のある男性が少なすぎる」という現実

 
 婚活ブームの火つけ役、少子化ジャーナリスト・作家の白河桃子さんは、イマドキの結婚したい男女について「需要と供給のバランスが悪すぎる」と警鐘を鳴らす。

 
非現実的な“優良物件”を求めがち

 明治安田生活福祉研究所の調査によると、結婚相手に求める年収として、未婚女性の約5割が500万円以上、約3割が600万円以上を望んでいるという。

「ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で星野源さんが演じた、平匡さんのような男性に憧れるのはわかりますが、“年収600万円以上の30代未婚男性”に該当する彼は、20〜30代男性のうち、11・8%しかいないということが明らかになっています。なのに、多くの女性が“優良物件”を求めてしまう」

 では、より現実的な400万円まで下げると?

「30代未婚男性では約37%ですが、20代では約15%にすぎない。今の時代は妻を養える、または養う気のある男性の数が少なすぎるのです。

 加えて未婚女性の9割が、子育てをすることで仕事ができなくなってしまうのではないか、と仕事と子育ての両立に不安を覚えています。不安を解消してくれる男性を求めるのは当然。結婚が生存戦略である以上、そのギャップは埋まらないでしょう」

 
 希望する年収に満たなくても、夫が家事時間を増やすなど問題解決ができる関係を作れたら、“結婚したいけど不安”という人の背中を押す可能性は高い。


 
男性の側からすると、本来ならば十分な収入、もしくは平均的な収入なのに、女性の勘違いで実態以上に責められている可能性があるし、結婚を遠ざけられている可能性がある。

また、女性が希望する年収に満たない分、男性は家事をすべきという意見があるが、男性は収入が低いぶん時間があるのかという疑問がある。収入に見合わない長時間労働を強いられているのかもしれない。それと、家事時間を増やしてまで男性が結婚を望むのかという疑問もある。

まあ、結婚したければ家事時間を増やせという意見もわからないではないが、男性が女性に消極的になったのは、セクハラやストーカー問題に加えて収入の低下といった外部的な事情によるところも大きく、上の問題も本質は男性の劣化ではなく、低賃金長時間労働が原因かもしれない。未婚率を考えるにあたっては、男女の対立に落とし込むのではなく、社会環境という第三の敵を作り、それに男女協力してどう立ち向かうかという視点があってもいいんじゃないだろうか。
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード


リンク            

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村


  • ライブドアブログ