女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音

問題発言かもしれないが真実を語る

「婚活」に疲れる若者たち

「婚活」に疲れる若者たち デートのハウツー講習も

 
 土曜日の午後7時。東京・赤坂のブライダル施設は、約200人の若者でいっぱいだった。この日は20代対象の婚活パーティーが開かれ、男性と女性がそれぞれ100人ずつ集まった。

 
 パーティーが始まってから1時間が経過すると、女性が一度に15人ほど会場から出て行った。記者はそのうちの1人に話しかけた。

 「パーティーはまだ30分ありますよ」
 「飽きたから帰るんです。だって男子が少ないでしょう? 女子ばかりで何か疲れた」

 この感想は少し変だ。会場の男女比は1:1に設定されており、男性が少ないはずはない。女性が錯覚を抱いてしまう本当の理由は何なのだろう……。

 
パーティーの途中で「男が少ない」と帰ってしまった女性を思い出した。将来のパートナーを決めるとなれば、収入や人となりが気になるのも仕方ない。しかし考え込むほど相手の「選択肢」が狭まり、徒労感ばかりが募るのかもしれない。


 
これは興味深い。なぜ未婚なのかという質問に「適当な相手がいない」という答えが多いが、男女同じ人数でも自分の理想に合う相手がいないと「男が少ない」と錯覚してしまう。

このブログで何度も書いてきたように、女性が男性に希望する男性の年収は平均年収よりも高い。女性の認識が男性を不当に切り捨てているんじゃないだろうか。

 
 だが、やみくもに婚活パーティーに出席しても、出会いにはつながらないかもしれない。出会いの成功率を上げるには、最低限のマナーやテクニックがいる。そこで総合小売業イオン(8267)の傘下で結婚相手紹介サービスのツヴァイ(2417)は、「出会い準備講座」を開いている。

 東京・銀座で週末、開かれる「出会い準備講座」に行ってみた。参加者は20〜40代の27人。女性と男性は半々だ。

 
講座は必要だと思うな。

 
 講座の後半は、初デートのハウツーだ。男女の振る舞い方のダメな例とよい例を、映像で交互に見せる。目的のスポットに行く道で迷わない、店員に偉そうにしない……など、街でよくみかける悪例に注意を促す。

 「お会計では、絶対に男性が女性におごらなければいけません。男性は女性をエスコートします。割り勘は避けて下さい」

 相手が割り勘を望む場合もあるのでは? 記者がそう思っていると、高橋氏が続ける。

 「男性のみなさん、女性が割り勘を主張したら、こう言ってください。『今日はカッコつけさせてください』」

 会場は笑いに包まれた。


 
男女平等に異論は全くないが、男性が女性におごらないと話が進まないのなら、女性の権利を主張する人々は「男性におごってもらうのをやめよう」と言うべきなんじゃないか?

欲しがらない世代

あなたも“欲しがらない”世代?

 
30〜34歳はこの30年で、ぐっと消費に慎重になったのです。

それより若い世代も傾向は同じです。25歳〜29歳は10.9ポイント、25歳未満の世代は11.9ポイントと、いずれも平均より大きく落ち込んでいます。そして、消費を減らした若い世代では、貯蓄率がぐっとあがっているのです。

ことしの消費者白書は「全体的に消費意欲が低下しているなかで、特に若者が消費に慎重であることがうかがえる」とはっきりと指摘しています。


 
将来に不安があるから、若者も消費に慎重になるよな。戦後間もなくもそうだったとか言われそうだが、少子高齢化の状況は昔とは違うだろ。欲しがらない世代ではなく、金がないのが実態だろう。

未婚率の上昇は男がおかしいから、という発想はやめて、現実を見るべきなんじゃないか。

 

つぶやき 108

AI(人工知能)のニュースが多いが、選挙の後には必ずと言っていいほど一票の格差が問題になるよな。

AIで選挙区の区割りをしたら、駄目なんだろうか。

それでも、人口が流入している都市圏は地方から人が来て人口が増えているわけだから、一票の価値は少し低くてもいいと思うけどな。
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード


リンク            

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村


  • ライブドアブログ