女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音

問題発言かもしれないが真実を語る

結婚からの静かな撤退

結婚からの静かな撤退が始まった

 
 「発言小町」で「婚活」と検索してみると、この1か月だけで55本のトピがヒットしました。

 例えば「女30 婚活すべきなのか」(トピ主・ハンドルネーム「お茶」さん)、「結婚したい!相手の経済力は妥協すべき?」(ハンドルネーム「らん」さん)など。

 投稿だけ読んでいると、「結婚したい人はたくさんいるのだなあ」と感じるのですが、一方、結婚からの静かな撤退が確実に始まっているとも思います。 

 
結婚願望のある人…男女とも大幅ダウン!

 明治安田生活福祉研究所(東京都千代田区)が6月20日に発表した調査では、以前に比べると確実に結婚願望が落ちていることがわかります。報告書によると、未婚の男女に結婚に対する気持ちを尋ねたところ、「できるだけ早く結婚したい」「いずれ結婚したい」と回答した「結婚願望がある人」は、20代の男性で38.7%。3年前に比べると67.1%から大幅にダウンしています。20代の女性は59.0%で、同じく82.2%からこちらも23.2ポイントも低下しています。

 さらに交際経験のない人も増えています。20代男性では5割以上が交際経験がありません。

 一度も交際したことがない男性が、恋愛や婚活に積極的になるには、よほど大きなきっかけが必要。例えば、恋愛に積極的な女性と出会って、無理やり付き合うことになるとか……。男性も女性も、恋愛では“待ち”が大半の日本なので、そのチャンスはなかなか訪れそうにもありません。

 20代で恋人がいる割合は、男性で22.3%、女性で33.7%。女性のほうがやや「交際経験は豊富」という結果のようです。「男がリードしなければならない」と思いこんでいる男性ほど、「自分が恋愛に慣れていないと思われるのでは……」と不安に感じるだけで、さらに恋愛から遠ざかってしまうでしょう。

 恋愛、婚活はやはり経験値に左右されます。リクルートブライダル総研(東京都千代田区)の調査によると、結婚するまでに付き合った人数は、男性で5.0人、女性で4.5人。ある程度失敗したり、失恋したりするなかで、異性とのコミュニケーションの取り方を覚え、「こういう人が好みだけど、実際には合わないんだ」などと学び――そして成就するものなのですね。

 男女ともに恋愛から遠ざかっている今の状態で、恋愛や結婚、そして子どもが増えるとはとても思えません。

 
年収の希望にミスマッチ

 経済も大きな問題とされています。

 冒頭の調査では、20代、30代未婚女性の半数以上が、結婚相手に「年収400万円以上」を希望しています。しかし男性で年収400万円以上の人はというと、30代未婚では37%、20代未婚ではわずか15%……これはミスマッチですね。結婚願望を抱けなくなるのも無理ないかもしれません。

 
結婚に魅力を感じないのはなぜ?

 しかしなぜ、これほど結婚に魅力を感じないのか? 理由の一つは、若い世代にとって「リスクが大きすぎる」からかもしれません。調査で印象的だったのが、「コスパで結婚を考えたことがある」と回答した人が、20〜40代未婚男性の38%、女性は45%もいたことです。

 ちなみに「結婚をお金の価値に換算すると1億円以上のプラス」と考える割合は、30代の未婚女性で11%、既婚女性では19%。全体的に既婚者のほうが結婚を「プラス」ととらえる人が多い傾向がありました。

 「結婚をコスパで考えるなんて、情けない」「若い者はだらしない」と言うのは簡単ですが、この世代を作ったのは、今の結婚している世代。

 日本の家には、父親と母親はいても、男と女はいない。どうやって男女がつきあうのか、家の中では知るすべがありません。

 若い人たちが結婚にハードルを感じているのは、経済のせいだけではない。今の“結婚の形”が、彼ら、彼女らが憧れるようなものではないということ。それは今の大人のせいでもあるのです。

 これだけ恋愛している人が少なくなると、先輩や友人からも学べない。まして、マンガのコンテンツは夢物語。

 ああ、日本はそろそろ「結婚」以外の方法で人口を増やすことを考える時期なのかもしれません。

 
男の立場を考慮せず、男を一方的に責める話ばかりが出てくる昨今、男が頑張ろうと思うはずもなく、「じゃあ、もう女はいいです」となるのは当然のことだよな。メリットがないと考えていることに頑張るはずがない。公の場で女を叩くと、「女は産む機械」と言った政治家のように批判されまくるから、男批判だけが一方的になされるようになる。しかし、それは批判が怖いからであって、女に対して不満がないからではないんよな。そこを見誤って「女は男に何を言ってもいい」なんて思い出すとやばい。そこまで思わなくても、男をどんどん批判してもいいと思ってる女は多いんじゃないだろうか。

記事にもあるが、年収のミスマッチや高望みといった事情を無視し、男の態度だけを捉えて「草食男子」だの「絶食男子」だの批判してきたツケが回ってきてるんじゃないか?  情報化社会で理想だけが高くなる、便利になった社会で異性のパートナーの必要性を見いだせない、収入減少社会で異性にかけるお金も減っている、そんな状況のもとでの具体的な男女の妥協点を考えず、女の視点から男の批判ばかりしてたのは大問題だわ。この議論の流れが国を滅ぼすことになるかもしれない。そう思うと、誤った宣伝で国を滅ぼすというのは、意外に簡単なことなのかもな。

「恋愛はコスパが悪い」のか

「恋愛はコスパが悪い」という草食系男子が増殖中!その理由は?

 
草食系男子の口説き方を伝授したいと思います。

 前回は、草食系男子と一口に言っても「恋愛はロマンティック希望派」と「恋愛はコスパが悪い派」の2種類の系統に分類できるとお伝えしたうえで、「恋愛はロマンティック希望派」の口説き方をレクチャーしました。

 ということで今回は、「恋愛はコスパが悪い派」の生態と効果的な口説き方をお教えします! 

 
 恋愛はコスパが悪い派が増殖している理由

 恋愛はコスパが悪い派の草食系男子の特徴としては、みな一様に「恋愛はしたいんです」と言っていること。

 けれど、恋愛をするために具体的に何か行動を起こしているわけではなく、結果的に恋愛から遠ざかり、草食系男子と呼ばれてしまっているというケースが多いんです。

 それはナゼか?

“恋愛をすること”へのメリットを感じてはいるものの、それ以上に大きいデメリットがあると考えてしまっているからです。彼女を作ればドキドキ感を味わえるし、エッチで性欲を満たすこともできるというメリットがある。けれど、それらを凌駕するデメリットがあり……。

 そのデメリットとはズバリ、“時間”と“カネ”!!

 
恋愛は時間と労力とカネがかかりすぎる

 女子をデートに誘うならば、まずは誘えるようになるまでの良好な関係を構築しなくてはならず、それにはけっこうな時間(労力)を要するわけです。

 そして、いざデートに行けば、飲食代などのデートにかかる費用は男が多めに負担しなければならないから、カネもかかるわけです。

 でもって、一度のデートで彼氏彼女になれるわけでもキスやエッチができるわけでもないですから、デートを何回も繰り返す必要がある。これで時間とカネはもっともっとかかりますよね。

 さらに言うなら、さんざん時間とカネを費やした結果、フラれてしまってそれまでの努力が水泡に帰すことだってざらにある、と。

……そうです! 奮起して時間とカネをかけたのに、それが全て徒労に終わったら……なんて考えてしまい、「もう恋愛なんかしてらんねーわ!」という境地に達したのが恋愛はコスパが悪い派なのです!!

 
恋愛はコスパが悪い派の口説き方

 前置きが長くなりましたが、ここまで理解してもらえれば恋愛はコスパが悪い派を落とすのはけっこう簡単。

 要するに、“時間とカネがかからない恋愛”を提案してあげればいいわけです。

 例えば、お金がさほどかからないだろうと容易に想像がつくデートに誘えばいい。

 その草食系の彼がラーメン好きであれば、「今度、あそこに新しくできたラーメン屋さん、一緒に行ってみようよ!」と誘ってみるのもアリ。ラーメンであれば高くても1杯1000円ほどで済みますからね。

 そこで、「私、男の人とは対等でいたいから」なんて言って、ワリカン派であることをバシッと宣言すれば、「このコとのデートはお金がかからなくていいなぁ」と思わせることができます。

 また、こちらから何度もデートに誘っていれば、「このコならフラれないだろうな」と思わせられるので、時間やカネが水泡に帰すことへの懸念も打ち消すことができるんです。

 そうやって関係性を深めていき、頃合いを見計らって「最近料理にハマッてるんだ。今度、うちに食べに来てよ」と誘えばもう陥落間近。

 言わずもがな家デートであればお金はかかりませんから、ホイホイお呼ばれした草食系男子と夕食をともにし、そのままお泊りコースにしてしまえばOK!

 エッチという既成事実を作ってから、「私たちって彼氏彼女だよね?」と確認すれば、相手の草食系男子は「うん」と答えてくれるはず。肉食系男子には通用しないやり方ですが、草食系男子にはこの“エッチという既成事実”が意外と有効なんです。

 とまあ、恋愛はコスパが悪い派の男は、女性にとってかなり面倒な男ということです。あまりおすすめしませんが、どうしても好きなってしまったら、試してみてください。
 
 
何度も書くが、コスパの議論から逃げてはいけないと思うわ。 

単に金銭的な面だけじゃなく、全ての要素を含めて、メリットがあるから人間はその行動を取るのであろうし、「じゃあ、ボランティアで異性と付き合ってるんですか?」という反論もあると思う。

コスパが悪いというのは、経済面の支出は納得の上でも、精神的な見返りもないという話じゃないか?

また、結婚や恋愛で消費を促そうという発想があるから、若者にコスト感覚が出てくるところもあるよな。本来ならばそこまで金がかかるものではない結婚と恋愛にかこつけて、金を使わせようとしすぎだわ。

それと、「彼氏に何かを買ってもらおう」的な男にたかる記事がほとんどなのも問題だよな。「彼氏にこんなことをしてあげよう」という動きが出れば、それをうらやましがって、男が動くかもしれない。「北風と太陽」みたいな話だわ。金を使わせようとする北風には男は身構えるだけ、「彼氏にこんなことをしてあげよう」という太陽があれば、男も対応を変えるかもしれない。徹底した男目線の欠如が問題と思うわ。

タク代女子

【貧困女子】貯金残高953円、「子供は臭いからキライ」。元名門保育園勤務の保育士は“タク代女子”〜その1〜

 
女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちの体験談。

今回お話を伺ったのは・沢田志穂子さん(仮名・34歳)。都内の短大の保育学科を優秀な成績で卒業。保育士免許を持っています。それなのに、現在の貯金残高は953円。手持ちのお金は2000円程度だといいます。しかも、このような状況は日常茶飯事だとか。なんでそんなにお金がないんですか?

「ネットニュースのせいですよ。“タク代女子”が広く知られるようになってしまい、収入が激減したんです」

“タク代女子”とは、“タクシー代を男性からオゴられて、それを懐に入れる女子”の略称です。タク代女子は23時くらいに女子同士、もしくはひとりでバーに行き、男性から声をかけられるのを待つ。そして声をかけてきた男性と飲み、会話が盛り上がってきたところで“そろそろ終電が……”と切り出す。もっと彼女と飲みたい男性が、タクシー代(1〜2万円)と飲み代をオゴる。その後、タクシーは使わず始発で帰る女性のことです。こういう収入のスタイルがあることが、ネットニュースで話題になり、志穂子さんにタクシー代として1〜2万円を払う男性が激減。それが、彼女の生活を圧迫していると言います。

「私は麻布エリアにあるシェアハウスに住んでいるので、バイバイした後に、徒歩で帰っていました。だから一晩で2〜6万円くらいがまるまる収入になっていたんですよ。でも、ここ1か月くらいで、タク代女子が周知されるようになって、男性がお金をくれなくなったので、収入が激減。だから、手持ちの現金が全然ないんですよ」

志穂子さんの本業を聞くと、派遣社員。請求書発行の代行会社に派遣されて、ひたすら伝票処理をし続ける仕事だとか。手取りの月給は15万円程度。シェアハウスの家賃は光熱費を含み7万円、スマホ代や美容代、洋服代を払ってしまうと、手元に現金が全然残らないといいます。

「派遣で安い給料で働いて、派遣法が改正されて同じ会社で働き続けられなくなって、なんかほんとに理不尽。だから、お金を持っている人は、もっとオゴるべきだと思います。“タク代飲み”という単語が広まってしまったけれど、それって、お互いになんか気持ちよく飲める助け合いみたいなものですよね。男の人にしても、女性になにかをしてあげると、気持ちがスッとするじゃないですか。私みたいなけっこうカワイイ子に、お金をあげる気持ちよさをもっと男の人は味わったほうがいいと思います」

 
最後の

 
「男の人にしても、女性になにかをしてあげると、気持ちがスッとするじゃないですか。私みたいなけっこうカワイイ子に、お金をあげる気持ちよさをもっと男の人は味わったほうがいいと思います

 
という部分がものすごい。ネットでもツッコミがあったが、収入が減ったのは年齢のせいもあるかもしれない。

「男の人にしても、女性になにかをしてあげると、気持ちがスッとするじゃないですか。」は、是非国会などで発言して、男の給料を上げてあげてほしいわ。

男女平等はもちろんだが、「自分より収入の低い男性との結婚は無理」という意見も結構あるのだから、女性が意識を変えないと、男女平等は必然的に未婚率の上昇をもたらしてしまう気がする。

まあ、この記事で一番残念なのは、けっこうカワイイ(自称)のに、結婚相手を若いうちに見つけなかったことだな。 
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード


リンク            

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村


  • ライブドアブログ