女性誌が絶対書かない、女の婚活に対する男の本音

問題発言かもしれないが真実を語る

ブーケトス


 
結婚式で花嫁が投げたブーケをキャッチすると次に結婚できる、と言われるブーケトス。いわば幸せのおすそ分けといった演出だが、やり方によっては友情にヒビが入ることもある。ガールズちゃんねるに9月末、27歳の独身女性が怒りのトピックを立てた。

大学時代の友人の結婚式に参加した際、フラワーシャワーの後に、司会者からトピ主を含む6人が名前を呼ばれ、前に出されたとのこと。すると今度は新婦がマイクを持ち、

    「幸せ争奪戦を開催しまーす!名前を呼ばれた彼氏なし独身の方々!私達の幸せをブーケに託すのでいち早くキャッチしてください!!」

と高らかにアナウンス。6人の女性たちの顔は一気に不快感に満ちたが、新婦は終始キャピキャピし、そのテンションのままブーケを投げたという。

 
大人げないとは思いつつ、不快感の方が強かった女性たちは誰もブーケを拾わなかった。すると新婦は、

    「という事で、呼ばれた方々は一生独身かも知れないですね〜」

と、捨てゼリフ的な嫌味を飛ばす始末。その場は他の参列者がフォローしたというが、後で花嫁の母には謝罪されたそうだ。しかしトピ主は、「母親に謝らせるとは何事なんだ」と、余計不快な気持ちになってしまった。

 
頭おかしいんじゃないか? 俺だったら友達やめるわ。

だいたい、お前のブーケが幸せの塊とは限らないだろ。離婚したら、「不幸になりそうで拾わなかったけど、正解だったね」とでも言いたいよな。そこまでされたらさ。

休みの日に来てもらって、祝儀までもらってるのに言うことじゃないわ。

と、ここまでは女性目線で来たが、この話で一番きついのは他ならぬ新郎だわ。

馬鹿な女と結婚したなと、新郎の列席者は皆思うだろうし、俺が新郎なら青ざめるわ。新郎の親友なら、「離婚しろとまでは言わないが、この女やばいぞ」って耳打ちするな。勤務先の上司にこれ見られてたら、相当きついぞ。


出生数90万人割れへ 推計より2年早く


 
日本の出生数が急減している。1〜7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ。

 
推計は、社会保障制度との絡みがあるので、そもそもそこまで深刻な数字にしてないんだろな。

ネットで見た提案もあるが、

高齢者を減らす意味で、自由な安楽死を合法化する

子供の数だけ選挙権を増やす

というのはどうだろうか。

それと、少子化担当大臣が腰掛けみたいな立場なのは大問題だろ。国家の存亡に関わる問題を男女共同参画用に使うみたいなのはやめるべきで、序列は外務大臣や財務大臣に並ぶぐらいでいいと思う。重鎮がなるべきだわ。

若者の童貞化


 

あなたは「童貞問題」を知っているだろうか。


20代男性の4割が童貞という、驚きの統計データのことだ。当然ながら女性も20代も約4割が処女。いまの20代にとって、処女や童貞はいたって普通のことなのである。


 

40代は「童貞観をアップデート」せよ

このように、童貞をめぐる価値観には現在の20代と40代に大きな溝がある。20代はヤラハタどころか、4人に1人が生涯未婚となりうる世代。いつまでも"あの時の常識"を前提に話をすれば、20代からは驚かれるどころかセクハラで訴えられるのが関の山だ。


 

別にアップデートしなくても、話題にしないだけでいいと思うわ。


それよりも男女の分離が進んでいるように思うのは、単なる気のせいなのだろうか。

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード


リンク            

人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村


  • ライブドアブログ