女性が消える社会と書くと、「女にとって、地方での結婚は余裕」と勘違いされるかもしれない。しかし、このブログを読んでくれている人からいただいたご意見を読む限り、決して楽観視できる状況ではないわ。地方在住の未婚女性からしたら、いい男はもう結婚している、いい男はみんな大都市に行ったという印象なんじゃないか。

 
あと、女余りの某都市について、以前にもご意見を紹介させていただいたSさんから衝撃的な話を教えてもらった。 

某都市で30代男女が多人数集まるイベントをある会社が企画した。女の定員枠は売り切れたが、男が集まらず。結局、そのイベントは中止に。以後、その会社は、30代の女を参加対象から外したイベントを開催しているという。

気になって俺も調べてみたが、本当だった。こうやって知らず知らずのうちにハシゴを外されてるんだな。「 これからハシゴ外します」なんて親切に言ってくれるわけじゃないから、気をつけないといけないわ。30代同士なんて本気度が高そうなイベントなのに、男は参加もしてこない。これは、男が草食だからではなくて、「女余りなのになんで30代女のイベントに行かないといけないのか?」って話だわ。実際、その会社も、女の参加枠は20代にしたが、男は30代でも参加できるイベントにしている。

 
Sさんの言葉を引用させていただくと、

 
ほとんどの女性はよっぽど妖怪レベルの容姿でもない限り、若い頃(24くらいまで)はそれだけでチヤホヤされ、男性など選び放題、自分から何もしなくてもどんどん男性が寄ってきます。アプローチしてきます。その中にはハイレベルな男性も多々いるでしょう。
要するに女性は若いうちは自分次第でいつでも条件の良い相手を見つけられ結婚できるわけです。
大体の女性はその経験を経て勘違いを始めます”その気になればいつでも結婚できる”と。
「若さ」という最強かつ唯一の武器が大半の女を勘違いさせます。その武器は期間限定品だとも知らずに。

 
女性自身が「女性は30過ぎると一気に需要がなくなる。25過ぎたら男性との出会いも誘いも激減していく。卵子も老化し妊娠能力も落ちる。若い頃に勘違いしたままの自己評価の高さを自省し、その自分がいかに相手に不相応な高望みをしているかを自省し、20代前半から謙虚かつ積極的な姿勢で男性と向き合わなければ結婚できず、両親が死んだ後は悲惨な貧困生活で最後は孤独死」という認識を持たないと本当にヤバイ 


 
まさにその通りだとおもう。 下手な婚活本を読むより遥かに勉強になる。

特に、貧困女子などと言われるように女の貧困化は、その高齢化と共に社会保障費が増大し大きな社会問題になっていくだろう。女を救えないのは政治が悪いという意見も当然出るし、それはそうかもしれないが、救済があるかわからない以上、貧困に陥らないで済む方法を考えておかないと本当にヤバイ、と俺も思う。 

女は、結婚や恋愛に関しては、20代前半での先行逃げ切りをまずは目指すべきだわ。そうしないと、いい男も減るし、男から見た魅力もどんどん低下していく中、苦しい状況に追い込まれる。