「それぐらい払ってよ」女が不満を抱く、デートでの“奢る奢らない”問題

 
前回は「なんで俺が奢らなきゃならないの?」となる男の言い分についてお話したが、今回は「なんで奢ってくれないの?」となる女の言い分について深堀りしてみた。

そういう環境で生きてきたから

・「私はどっぷり昭和の女なので、男性が払ってくれることに慣らされてきました(笑)。なので相手からお金を請求されたら『男としてもうムリだな〜』となってしまう。これって高慢ですかね?でも嫌なものはしょうがない」(40代女性/総合職)

 
昭和を都合のいいとこだけ切り取られても困るよな。それなら、男尊女卑も受け容れたら?って話になるわ。

 
・「男性から誘われたら払ってくれるのが前提だと思ってました。これまで財布なんて出したことありません。前の職場では部長から、『男の前で女性が財布を出すのは男の顔を潰すことになる』と教わりました」(40代女性/コンサル)

 
なんていうか、おっさんの武勇伝を聞いてるのと同じような恥ずかしさを感じる。

 
男性に
「レジ前で、お金を渡す渡さないのやり取りは恥ずかしいからやめてくれ」
「男が伝票取ったら素直にごちそうさまでいいんだよ」
などと、若いときからお金を出すことを制されてきた女性たちにワリカン制度など理解できるはずがない。
 

この論法だと、「若いときから男尊女卑に慣れてきた男性たちに男女平等など理解できるはずがない(から許してあげて)」ってなる気がするのは俺だけか?

 
女だって陰でいろいろお金をかけてるから

・「女性ってキレイになるにはなにかと出費がかさむんです。見た目にお金をかけるのは男性のためでもある。だから奢ってもらうと、そっちにお金を回せるので助かります」(30代女性/リラクゼーションサロン)

・「女は男性と違ってデートの準備に時間やお金がかかりますよね。婚活イベントやお見合いパーティーの参加費、そして結婚相談所の料金が男性より女性のほうが多少安いのも、やはり“女性だから”なんじゃないでしょうか?」(30代女性/サービス関係)

 
ここは、ちょっとそう思う。男女平等がまだ完全に達成されたわけでもなく、男女の平均賃金の差があるのは否定できないところだし、全員とは言わないが女性の方が負担感は大きいのだろなとは思う。

 
会計の金額がショボいから……

・「ネット婚活で知り合った男性と食事にいったら、まさかのファミレス!しかも、会計のとき一応『おいくらですか』って聞いたら、『1,000円ください』って言われました。『え?取るんだ……』と内心でびっくり!! 若い子ならまだしも、いい年した大人の男が……って呆れました。その程度も奢れない男性が、果たして結婚できるんでしょうかね?もちろんもう会ってません」(30代女性/販売)

 
上と連動するところもあるが、あまりに低額の割り勘はさすがにどうかなって気もする。男同士でも1円単位の割り勘ってなると「こいつ細かいな」って思う時があるしさ。

でも、婚活だったら、ファミレスでも割り勘でいいかもな。お互いに相手を求めているんだからさ。まあ、もしかしたら、上の女性とはこれっきりなのでおごる必要もないかって、思われたのかもしれないが。女性は自分から見限ったように思ってるが、男性に先に見限られたのかもしれない。

男性は、平等意識が高まっていて、セクハラやパワハラにも気を配るようになっていると思う(一部を除いて)。平等感覚の広がりにより、若い男性は女性を下に見ることがなくなったかわりに、男性におごってもらうという女性の特権も無くなったと思った方がいいんじゃないか? そう考えると、未婚率の上昇の一因は、男性に原因があるというよりも、「おごってくれない男性に幻滅するという女性の時代錯誤な感覚」にあるとすら言えるかもしれない。女性を批判すると問題になるからみんな黙っているが、それで女性から離れていく男性も増えているかもな。