2007年10月19日

イベント告知・お知らせ

・大阪府池田市の池田文庫にて「阪急100周年記念展」開催中!('07.10.19〜12.2)

近代化遺産探訪はじまりは大阪にありオフライン文献・資料:『大阪人』2004年6月号 で紹介している《起源ハ大阪ニアリ 日本初の「ターミナルデパート」─阪急百貨店梅田本店》の著者・井上理津子氏が『はじまりは大阪にあり』(ちくま文庫・¥882-・2007年9月10日発行)という文庫書籍を刊行。同文も《第6章 ハイカラ大阪「東京に負けへん都会やし」》に補筆を加え、所収されています(P.300〜)。小林一三の先進性が豊富な文献のみならず個人取材からも伺える貴重なテクストです。是非ご一読のほど!

・清水慶一著+清水襄写真『近代化遺産探訪』(エクスナレッジ・¥2,940・2007年3月20日発行)の「産業施設としての駅舎〜お客様は神様」(P.68)にて、小林一三の肖像写真と共に阪急電鉄および百貨店のことが取り上げられ、次ページには見開きカラー写真で、旧阪急梅田駅コンコースや百貨店内部の様子が紹介されています。

大阪日日新聞051207・朝日新聞でこの春から始まった「ぷらっと沿線紀行」の第一回に「小豆色の波、心躍る空間 阪急・梅田駅」として旧阪急梅田駅コンコースのことも大きく取り上げられました。尚、実際の紙面の雰囲気はゴリモンな日々「生まれ変わる梅田阪急」でご覧いただけます。('07.04.07)

・12月7日(水) 付の大阪日日新聞でこの取り組みのことが紹介されています!

・のりみさん「特設ブログ旧阪急梅田駅コンコースを残したい… について」執筆('05.12.04)
・日間 仁さん「阪急ビルディングの建築に就いて」超詳細歴史解説('05.10.18)

このエントリーについて


このエントリーでは旧阪急梅田駅コンコースにまつわる情報・イベント等々を有志メンバーの有無を問わず、随時お知らせして行きたいと考えています。このエントリーでの告知を希望される場合は事前にコメントいただくか、こちら までご連絡ください。また後日談レポートおよびコメントもこのエントリーで募集しています。但しトラックバックに関しましては、引き続き「署名的コメント&TB集」の方によろしくお願いします。別エントリーであれば同一ブログからの複数送信も歓迎です。


大阪歴史博物館でビデオ放映


2006年10月7日〜12月11日まで開催された大阪歴史博物館 特別展「煉瓦のまち タイルのまち 〜近代建築と都市の風景〜」にて阪急百貨店の貴重な映像がビデオ放映されました。また、阪急ビルに使用されたタイル4点が展示されています。


見納めオフ会


2006年7月8日、ゴリモンな日々 主催「見納めオフ会 消えゆく梅田阪急ビルを偲ぶ夕べ^^」が開催されました。


読売ウィークリーで「梅田阪急ビル」グラビア紹介


すでにバックナンバーとなってしまっているのですが、読売ウィークリー2006年3月5日号)にてコンコースのことが紹介されました。『消えゆく「ニッポンの光景」』というテーマのグラビア連載に、工事が始まって壁画がシートで覆われてからのコンコース、ドームのステンドグラス、そして阪神百貨店と結ぶ歩道橋側から撮られた外観の写真が見開きのカラーページ(P.96-97)で掲載されています。

バックナンバーのご注文はこちらから電話・FAX・メールでお問い合わせください。


NHK総合『大阪のこれから』にて '05.12.09


12月9日(金) 夜19:30 から NHK総合で『大阪のこれから』という生放送の番組が放映されます。そのサイトに【メールとFAXで大募集!「大阪をよりよい街にする提案」】というご意見募集のコーナーがあって、有志メンバーののりみさんが旧阪急梅田駅コンコース解体のことでメールを送ったところ、ぜひ番組に参加してほしいという話になりました。
自分から発言しないと取り上げてはもらえないようなので、旧阪急梅田駅コンコースの話題に必ずなるという保証はありませんが、いずれにせよ番組自体が「大阪らしさの喪失」といった問題をテーマの一つに取り上げているので、仮にコンコースに話が及ばなかったとしても非常に興味深い番組だと思います。9日の晩は皆さん、是非テレビの前に!

『大阪のこれから──皆で話そや"街づくり"』
  2005年12月9日(金) NHK総合
  19:30〜20:45(第1部)、21:15〜21:58(第2部)
  ゲスト:津田和明、キダ・タロー、帯野久美子、嘉門達夫
  キャスター:NHK大阪放送局アナウンサー 小寺康雄
  ※放送は大阪を中心とする関西のおおよそ全域とのことです。


『大阪人』でコンコース特集! '05.12.04


大阪人0601号たまたま購入した雑誌『大阪人』2006年1月号(12月1日発売分)に、
なんと旧梅田駅コンコースと阪急ビルの特集が!
P.72〜P.74。オールカラー3ページ。即、買い!ですよ!これは(^0^)

・発掘 the OSAKA「阪急百貨店大阪うめだ本店」
 (大阪歴史博物館学芸員 酒井一光氏)

コンコースの歴史についてもかなり詳細な記述があります。
建築家・伊東忠太のことだけでなく、壁画を制作したステンドグラス職人別府七郎のことまで。
また、「阪急電車の快速と威力」との思いがこめられた四神の壁画の由来についても書かれています。
掲載されている写真は、コンコースのカラー写真が4点。阪急百貨店の外観1点。屋上2点。
また、最後のページには阪急の旧食堂の写真(今となっては貴重。オークションにかけられたステンドグラスも映っています。)
と階段2点、エレベーターの写真が掲載されていて、なかなか貴重な特集です。(のりみ 筆)


コンコースの描かれた作品が・・ '05.10.16


051008吹田市展有志メンバーでもあるのりみさんが旧阪急梅田駅コンコースをモチーフに描いた日本画作品『』がこの度、第51回公募吹田市美術展覧会に出品され、佳作入賞されました。コンコースでスケッチしてたときのエピソードなど、のりみさんの日本画制作日記を読むだけでも、あの場所に対する想いが強烈に伝わってきます。是非、実際の作品を見に足を運んでみてください。(m-louis 筆)

第51回公募吹田市美術展覧会 (吹田市展
◆ 会期  2005年10月8日(土)〜10月16日(日)
◆ 時間  10:00〜18:00(最終日は15:00まで)
◆ 場所  吹田市文化会館(メイシアター) 阪急千里線吹田駅下車すぐ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ブログ上で‘阪急グループの心変わり’を願ってがんばっている 「旧阪急梅田コンコースを残したい」ですが、 大阪日日新聞でこの運動のことが取り上げられたようです。 あのコンコースを残したいと思っている人数が多いんだということを 世の中の人たちに知ってもらえ...
K-Days手帖「阪急梅田コンコースのこと。」2005年12月07日 19:17

阪急百貨店梅田本店が 建て替え工事に入ってしまっている事を 知りました。 2003年・阪神が優勝した年に 大阪に旅行して 太陽の塔を見て 阪急百貨店梅田本店前を見て 写真を撮ろうとした時 電池切れで撮れなかった事を 今でも悔やんでおります。 一生悔や...
みえちの壷「阪急百貨店梅田本店」2005年12月07日 22:22

小林一三さんは、どんな気持ちで見ていらしゃるのでしょうか?・・・
心に映る由なし事 ココログ支店「さみしいきもち」2005年12月08日 04:16

小林一三氏の計画によって誕生した阪急百貨店が変わりつつあります。 現在も大阪北区周辺には、阪急と名のつくグループ企業はたくさんあります。小林一三氏が考えた娯楽施設、宝塚歌劇や今は無くなってしまった宝塚ファミリーランドやそこまで行く電鉄も阪急なので当時とし....
スティッチ日記 「阪急百貨店」2005年12月08日 07:28

アーチのトップでお星さまキラリ 以前に紹介した「旧阪急梅田コンコース」について。 当地の思い出を募っておられるブログから、 良い動向をお知らせいただきました。 関西限定ですが明日のNHKテレビで放送されます。 また、新聞の記事にもなったそうで、 なん...
◆ cinemazoo「梅田遺産のその後」2005年12月08日 14:51

今朝の「芋たこなんきん」に阪急ビルが登場…!! といってもCGで再現したもの。昭和40年代の阪急ビルが綺麗に再現されていましたヨ。南側から見たアングルで、ちょうど右の絵にある「阪急」の白い看板が映っていました
のりみ通信「芋たこなんきん」2006年11月14日 01:47

4月7日より朝日新聞夕刊誌上で「ぷらっと沿線紀行」の連載が始まりました。その第1回が「小豆色の波、心躍る空間 阪急・梅田駅」 1面には、3分割で撮られた現在の阪急梅田駅ホーム。そして、3面には今はなき旧阪急梅田駅
のりみ通信「阪急のブロンズ大時計とシャンデリア」2007年04月12日 02:46

先日、「阪急のブロンズ大時計とシャンデリア」のエントリー内で、このブロンズ大時計ができた際、引き出物として同じ図柄の置き時計が作られた、と書きました。すると、早速「持っていますよ!」とのコメントを頂戴い??
のりみ通信「阪急百貨店のブロンズ大時計(続編)」2007年04月27日 01:37

ランドスケイプさんからお知らせいただきました。現在、阪急百貨店うめだ本店で「阪急創立100周年 秋の阪急祭」が開催中です。100周年記念企画商品のひとつとして、建替え前の阪急百貨店うめだ本店のミニチュア模型が販売され
のりみ通信「阪急100周年ミニチュア模型」2007年09月24日 00:12

大阪歴史博物館の7階常設展示室で、阪急百貨店のタイルとステンドグラスが12月まで展示されています。阪急百貨店の外装タイルは、昨年の特別展「煉瓦のまちタイルのまち」(過去記事【その1】【その2】参照)で展示されたもので??e
のりみ通信「阪急百貨店大食堂のステンドグラス展示」2007年10月13日 22:18

阪急百貨店の包装紙(昭和25年〜35年)の記事に昨日いただいたコメントで知りました。 今日から阪急百貨店、阪神百貨店同時に「阪急阪神百貨??..
のりみ通信「阪急阪神百貨店誕生祭の記念タオル」2008年09月17日 19:48

11月22日(土)午前10:50〜12:00 NHK「ぐるっと関西プラス」新・大人の遠足 関西いろいろ偉人伝 で小林一三特集があるようです。
のりみ通信「小林一三特集 NHK「ぐるっと関西プラス」」2008年11月21日 00:02

ブログに寄せられたmersyさんからのコメントで知りました。 阪急オンラインショッピングで、かつて阪急百貨店のコンコースにあったブロンズ大殮.
のりみ通信「阪急ブロンズ大時計包装紙柄の風呂敷とタオル発売!」2009年10月06日 13:31

この記事へのコメント
やった!ついにメディアに取り上げられますね。大変嬉しいです。私も各ニュース番組にメールを出し続け、新聞の投書欄にも送ったりしましたが、軒並み採用されず、日本のメディアはどうなっているのか、と思っていました。私もNHK「大阪のこれから」にメール送ったんですよ。記事と放送楽しみです。
by GOKU at 2005年12月06日 20:28

GOKUさん、コメントありがとうございます。先月、私が大阪&国内不在にしていて、しばらく更新停滞しておりましたが、ここで二つの話題が重なったことで多少また動きも出てきそうです。
新聞記事の方は本当に記者さんに感謝の状態でして、次は「大阪のこれから」を見守りましょう。
by m-louis at 2005年12月08日 02:11

先日は、お知らせのTBありがとうございました。
再度、記事掲載させて頂きましたのでTBします。
今日の放送により、何らかの「良い方向」に
この運動が拡がる事を願いたいものですね。

by OYAJI at 2005年12月09日 07:30

NHK観てました。
本件について本当に番組中に紹介されて感激しました。
テレビの生放送で話すなんて緊張して大変でしょうにスゴイ。
アナウンサーや出演者の方々もフォローというか、
共感されていたように感じられました(*^_^*)
番組自体、ステレオタイプの議論に陥ることなく、
実のある内容でしたし、大阪の街を考えるという意味で、
同士が沢山集っていたのでこの活動にとっても、
よい出会いになったのではないでしょうか。
厳しい現実を知ると共に、ちょっと勇気づけられました。
by maybe5 at 2005年12月10日 02:05

先日はTB有難う御座います。
その後と言う形で、動きのことをアップした所、新しく数人より
この場についての思いのコメントを頂きました。
矢張り皆思いは同じ様です。
現在関東在住の為番組は見れませんでしたが
この運動が広がって行く事を私も願います
by GG-1 at 2005年12月10日 13:44

ブログがマスコミに取り上げられたとのお知らせ、
よかったですね。
これで少しずつ動きが大きくなることを願うばかりです。
残念ながら地方なので、テレビで見ることはできませんでしたが、
ブログをときどき拝見しに参ります。よろしくお願いいたします。
by konekoyan at 2005年12月10日 22:51

ゴリモンさんのサイトにもカキコしましたが、こちらでも…。
まずはご覧下さった皆様、本当にありがとうございました!なのに、コンコースの話が一発だけの打ち上げ花火になってしまって面目ないです(−−;)あの後誰かが続けてくれれば話が続いたんですが誰もコンコースの話を続けてくれなかった…。自分の言いたかったことの3分の1も喋れなかった気がします。でも一人1回の発言につき20秒くらいと決められていたのですよ。喋りすぎる人には「手短に」って書かれたプレートが出されるんです(^^;)ただ、めっちゃ緊張していた割には一応思っていることを話せてよかったです。絵もしっかり映してもらえましたし。あの絵をスタジオに持ち込めるかどうか、事前に交渉しました。あの絵はどんな言葉よりも説得力があると思いましたので…。
by のりみ at 2005年12月13日 00:40

ご覧いただければわかるようにテーマが予め決まっていて、冒頭の「大阪らしさの喪失」の部分しかコンコースは合うテーマが無いんですよね。だから、最初を逃したらもう終わりだと思って手を上げました。手を上げなかったら本当にチャンスは無かったと思います。
 
コンコースの話題が進行側によって切られてしまったのはやっぱり残念でした。決して私がコメントでトチったわけでもどもったわけでもないし、言いたいことは一応言えたのですが、なんだか不完全燃焼になってしまいました。
by のりみ at 2005年12月13日 00:42

でも、30分休憩の間に皆さんのFAXも読めました。m-loisさんとたぶんGOKUさんのコンコース関連のメール見つけましたよ。「アーチ状の天井は残すべき」のところにピンクのマーカーが引かれていてやっぱり嬉しかったです。それに番組スタッフやまわりの出演者には日日新聞のコピーしっかり配ってPRしてきましたよ。
 
あとメールを下さった(私の出演を決めてくださった)番組担当の方にもお会いしました。「私もコンコースの件本当に残念だと思っていたんですよ」という話題で盛り上がりました。「絵を持って来てくださいねって言うつもりだったので、やはり持って来てくださっていてよかったです」って。それだけでも救われた気持ちになりました。
 
なにはともあれ、見て下さった皆様に大感謝ですm(_ _)m本当にありがとうございました。
by のりみ at 2005年12月13日 00:43

「大阪のこれから」見ましたよ。キタの再開発の映像のところで、一瞬でもコンコースが映るのか思いましたが、全然触れられませんでしたね。そんな中、よく手を挙げて発言して下さいました。その瞬間は突然やってきましたね。
見ていて「おおっ!」「発言確保!」って思いました。のりみさんの一生懸命さが良く伝わりました。こちらこそ感謝いたします。スケッチはテレビ2回目の登場ですね。番組に送ったメールにたしかに「アーチ天井の部分は大阪の残すべき貴重な文化財です。」て書きましたよ。貼ってあったんですね。

この勢いでまたNHK大阪局さんに取り上げられないかなと思い、先週「大阪のこれから」放送を前に、夕方のニュース「かんさいニュース1番」にメールを出してみました。文化財のコーナーもあるようですし、良い機会だと思うのですが、どうなりますでしょうか?
by GOKU at 2005年12月13日 23:44

はじめまして。
香川県高松市に住む笠井と申します。
どうぞ、お手柔らかに。
毎年1回、今年は所用で7月と先週、9月3日に大阪へ
行きました。訪れる度、レトロな雰囲気を醸し出していた
のに、寂しさが漂いました。
さて、私は阪急100周年サイトのフォトアーカイブに
5年前のルーチフェスタを撮影したのをお送りしました。
実は、解体が始まって以来、ホームページを駆使しながら
梅田阪急ビルについて調べています。
どこに何があったのか、迷うことが多々あります。
掲載された私の画像のサイトアドレスをお送りします。
どこから撮影したものなのか、昔のコンコースなのか、
それとも駅舎なのか分からないでいます。
生意気かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。
by 笠井 隆宏 at 2007年09月10日 18:04