2017年06月24日

心に残る、貴重な思い出づくり、、、、、。
前回に紹介のブログ記事(2階建て ハローキティバス)短時間にての探索で車窓からの見物となります、、、。 で お次は⇒浅草にて人形焼のお買い物となりました、、、。取り敢えず、昼間の行動は此れにて終了であり。後半の談笑会(親睦会)となりました。所は、北区赤羽商店街にて、メーンイベントで、盛り上がりが最高潮の一時であります、、、、、。
最高潮のお店は・・!丸健水産
東京都 北区赤羽南
さ〜て と ! お次は てことであります、、、。此のままで終わらせないのが、私の真骨頂であります。
お次の番だよ・・赤羽トロ函!
DSC_0072
人生の中で、数々の楽しい、心に残る思い出!一夜のワンシーンが心の糧・人生再生のカンフル剤となることでしょうか、、、、。有難う御座いました、、、、、。




   古材.com 芝

hannansangyo at 10:28コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月21日

総会も無事終え、、、!
いざ 東京都内探索であります、、、。
新旧の入れ替えから!いや待て、其の前に、日本の操舵室であります、、、。
操舵室・・!
東京 016

新旧の立役者登場ナリ・・!
旧)ご苦労様
東京 022

新)頑張るぞ〜
東京 028

次は、問題の築地市場(豊洲市場)
東京 027
いや〜日本の首都は広範囲に広く以外に、が多く感じました。、大阪と違って、全てに於いてのジョイント時、階段が多い様に感じる。即ち、起伏が多い土地と言えよう、、、。なぬ〜ぬかして る〜 っ て 怒られそうである   。 二三日の滞在で講釈言う もの では ないのかも、、、、ね、、、。
ま〜 良いか 誰に 迷惑 掛けていないし 許そうではないか  ?


      古材.com 芝

hannansangyo at 16:31コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月20日

先週末より忙しく飛び廻っていました、、、、。処は、日本の中心地(東京都)弊社の所属している連合会(公益社団法人 全国産業廃棄物連合会)の総会で<港区元赤坂・明治記念館>久し振りの東京は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を控え!何となく、鳴りを潜めているかのような雰囲気すら感ずるのであります。勿論、<築地市場移転問題では、東京都中央卸売市場の築地市場 (中央区)から豊洲市場 (江東区)への移転に関して発生している諸問題>様々な問題を抱え、躍動感さえ感じない都市の様に感じました。
総会会場は・・!
東京 004

親睦会会場は・・!
東京 005
ま〜!この時を逃すまいと!各政党の代議士の挨拶の多いこと。皆さん、歯切りの良い挨拶で・・ある意味元気を頂きました、、、。そんな訳で、少し 疲れ気味であります、、、、。続きは  後の日に  報告致します。


   古材.com 芝

hannansangyo at 09:48コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月10日

ノウハウを知るまで苦労の連続、、、で、、、す 。
でも 「為せば成る為さねば成らぬ何事も」の合言葉にて、自分自身に叱咤激励を送るのである 。「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」を信じ、遣るしかない のであります 。ゴールは、必ず やって来る 、、、。
で 何??の事?
005
 この分野は、言うなれば、趣味の世界、はたまた「将又」異次元の世界 何て 思う世界なんです、、、。古材にひかれ・魅せられた性でしょうか?遣っちゃいます よ 徹底的に、、、。


     古材.com 芝

hannansangyo at 16:49コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月07日

いよいよ 梅雨の前触れの様な 雨 、、、。
でも 湿気は 少ない、、、。
私に 言わせれば 一年中の中で 一番 憂鬱で 鬱陶しい 時期 、、、。
画廊写真!
006

上記の横長の絵画は、平林の貯木場の風景を写生されたものです。
現在の貯木場は、原木も浮ぶ事無く、完全に役目を終えた光景で、渡り鳥の遊び場と化しています。一世を風靡した面影も無く、震撼とした光景で物悲しく感じさせます、、、、。此れも 既に 現実で キッチリと 受け止めたいものです   。


     古材.com 芝

hannansangyo at 16:42コメント(0)トラックバック(0) 

2017年06月03日

私にとりましては、畑違いか?異文化か?
その様な、場所にお邪魔いたしました、、、、、。
ギャラリー住吉橋のオーナー様は、以前からの大切な「お客様」であります。自宅の離れに、贅沢な程に「古材」を使った「団欒・離れ」を建てられ。 又、ゲストがお使いになるトイレも!お伽の国に紛れ込んだ様な気にさせる造りで、楽しまして頂ける建物であります。今日は、奥様が描かれた「絵」を紹介させて頂きます。画材として使われたキャンバスが「床の間に使われていた⇒桜の一枚板」であります、、、、。私共に無い発想かと、、、。
感ずる人には、如何なものか?
004
ま〜 見たまま・頭に浮んだまま⇒筆(ふで)を使って、表現する・・・至難の業であります。古材の板材が、この様な使い方が出来 発想の転換が、此処に来て、クッキリと見えた様であります。 う〜 明るい ニュース であります 。


       古材.com 芝

hannansangyo at 16:24コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月27日

本日、紹介致します案件は・・古(いにしえ)からの贈り物を身近なものに蘇えらせました。以前に一度試みましたが継続することが出来ず、心に?しこりみたいなものが残り、もう一度挑戦の時期を窺がっていた次第である、、、。
栂(柱材)<マツ科の常緑高木>名刺入れ
025

「木」とは・・肌ざわりが良い 、香りが良い (癒し効果)、室内の湿気を吸収放出し、 快適な室内環境を作ってくれる。断熱性能があり、夏涼しく、 冬暖かく保ちやすくなる。役目を終えた木製品は、 土に還り肥料となる。豊かな森は二酸化炭素を吸収し。 多くの生き物に恵みを与えてくれる。私達の環境から切り離す事の出来ないモノと言えます。上記の名刺入れの素材は、<今から411年前?〜147年前の時代が江戸時代>建築に使われた古民家の構造材(主に柱材)です。「うづくり加工」を施し、木目を際立たせクッキリと仕上げています。又、運がよければ、生活環が沁みこんだ傷・匠の技の切り込み(枘)等が随所に窺がえる事と思って、素材吟味に心を注ぎました。      如何でしょうか?


   古材.com 芝   


hannansangyo at 11:03コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月19日

杉・足場板、、、、。
高速道路、橋梁、各種プラント工事 現場にて繰り返し使用される<平均、強度の問題から 3年〜6年>、杉足場板としての使命を終える。繰り返し使用される現場も色々な業種の為、其々の異なった「顔」となり、其れが「古材足場」としての「味」となる。
今回使用された足場板は、通常サイズ(4,000×200×30〜35)を、側面の顔を利用すると言う案件で作業が進められた。近年、製材加工場が淘汰されつつある中で、高度な技術者も少なくなり困難な作業に耐える製材所も少なくなり苦労した。作業内容は、足場板の両面(側面5mm)使用との事。什器の表面に張り合わせにて使用(パッチワーク【patchwork】)利用法。最近、この様な作業方法が多くなって来た。「魅せる技法」
アン ドゥ プランツ(イオンモール広島府中店)使用例
DSC_5221
DSC_5205
写真を、拡大してみて頂くと表面の顔が見え素材の持つ味が実によく出て良さが分かる、、、。一夜にして得られる味では決してない事が伺える。 何とも言いがたい 「味」   だ 〜   、、、。

     古材.com 芝
     

hannansangyo at 09:54コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月13日

此のところ加速してoldie(古いもの)に目が向き!追い風を受けている様に感ずるのであります。と 言いますのが、大阪市内至る所に「古きもの」を大事に活かす と 言うか? 古きものを、魅せる技法(人の集う場)が多くなって来て居る様であります。表現材料として、格好の材料である⇒「古材」当分続きそうで楽しみで「やりがい」が沸くではありませんか、、、。
oldie(古いもの)!
051
例えば、ビルの谷間に、写真の様な建物が出現したとします。タイムスリップした様で異空間へ移行した感がしますよね、、、、っ  。感動しませんか?今、大阪の繁華街(人が集う場所)で上記の現象が起こりつつあるようです。 う、、楽しみ、、、、。

   古材.com 芝

hannansangyo at 09:01コメント(0)トラックバック(0) 

2017年05月10日

のどかな山里の風景に溶け込む屋根付き橋(田丸橋)河内の屋根付き橋(田丸橋)喜多郡内子町河内内子町に5つある屋根付き橋のひとつ、現在では内子町の指定有形民俗文化財に指定。当時の農村風景をとどめるものとして、ドラマ「坂の上の雲」のロケ地として選ばれました。とある!確かに、のどかで、心が洗われるようであります。
山の中にもあります・・!
048

045
旅をするとその土地の匂い、息使い、肌に触れる風、味覚、人情等など、自然に感ずるものが何とも言えなく!伝わって来るもんです。 ま〜此れが、、、、たまらん 快感か〜 、、、、、。

hannansangyo at 09:01コメント(0)トラックバック(0) 
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
最新コメント
  • ライブドアブログ